チークフローリングの全国販売|無垢フローリング木魂

TEL:03-3522-4169

受付時間 9:00-18:00[水曜定休]

チークフローリング

チークフローリングの解説
チーク樹種説明
チークフローリング施工事例
チークフローリングの印刷

インドネシアチークフローリングについて

使い込むうちにワックスを塗ったような自然な光沢を放ち、
一層インテリアを引き立たててくれる魅力的な銘木無垢フローリングです。

チークの木目は非常に美しく、その耐久性、耐朽性、耐水性ともに極めて優れる材木のため、ブラックチェリー、ブラックウォールナット、マホガニーなどと並ぶ高級木材で銘木とされています。その木質から豪華客船や高級クルーザーの内装材や甲板材(デッキ)、高級家具等に使用されています。家具となったチーク材は、時間の経過と共に木肌は飴色になり素晴らしい艶が出ます。

現在、インドネシア政府ではチーク材を適切な管理下のもとに植林、伐採、製材、乾燥、加工まで国内で行い合法木材として日本に輸出されています。
インドネシアチークフローリングは、長さ1820mmの1枚物から150mm巾の幅広や乱尺、厚みも12mm~15mm、グレードは節無しや色むらの少ない木理から白太や色むらが入るナチュラルグレードまでお施主様のご希望に沿えるようにラインナップを取り揃えております。

床暖房に対応する幅広150mmのインドネシアチークフローリングや今ではなかなか採用されることが少なくなりましたが寄木のパーケットフローリングのインドネシアチークでご用意が可能です。
木魂ではチークフローリングにオイル塗装、蜜蝋ワックス塗装(オスモ・リボス)、ガラス塗装、ウレタン塗装など様々な塗料も承ります。 インドネシアチークと同材の玄関框(上がり框、付框)、階段、羽目板、パネリング(壁・天井)、モールディングなどの内装部材もオーダー可能です。

インドネシアチークフローリングの詳細へ


ビルマチークフローリングについて

ビルマ(ミャンマー)チークは、本チークと言われ、
植林チークと区別されるアジアが世界に誇る天然銘木です。

ビルマ(ミャンマー)チーク -本チーク- は耐久性・耐湿性が高く、抗菌、防虫性にも優れている材木です。 油分が多く水に強いとされる木質から船舶の甲板(デッキ)に使用されることも多く、戦艦大和や海洋実習船の海王丸の甲板にもチークが使われてきました。デッキなのでもちろん土足で使用されてきました。 船舶の内装材にもチーク材は多用され、デッキに使用されたチークはシルバーグレーに変色しますが、内装材に使用されたチークは経年の変色によりどんどん飴色になり素晴らしい艶が出てきます。

木魂のビルマ(ミャンマー)チークフローリングは、長さ1820mmの1枚物や乱尺、200mm巾の幅広、厚みも12mm~15mm、グレードは節無しで色むらの少ない木理など、お施主様のご希望に沿えるようにラインナップを取り揃えております。
床暖房に対応する幅広180mmで1820mmの長さを持つビルマ(ミャンマー)チークフローリングはどんな建築様式においても圧巻の存在感です。また、チークフローリングにオイル塗装、蜜蝋ワックス塗装(オスモ・リボス)、ガラス塗装、ウレタン塗装など様々な塗料も承ります。
ビルマ(ミャンマー)チークと同材の玄関框(上がり框、付框)、階段、羽目板、パネリング(壁・天井)、モールディングなどの内装部材もオーダー可能です。

ビルマチークフローリングの詳細へ



木魂の無垢フローリング 樹種カテゴリ別ページ

©株式会社五感 All Rights Reserved.