パインフローリングの全国販売|無垢フローリング木魂

TEL:03-3522-4169

受付時間 9:00-18:00[水曜定休]

パインフローリング

パインフローリングの解説
パイン樹種説明
パインフローリング施工事例
パインフローリング印刷

ノルディックパインフローリングについて

ヨーロッパ北欧の国スウェーデンで燦々と太陽の光を浴びて育ったレッドパイン(赤松)材
レッドパインの中でも目詰りが良く非常に耐久性の高い無垢フローリングです。

丁寧な乾燥工程と品質管理で生産されたノルディックパインフローリングは幅が広くとも床暖房に対応可能という応用性の高い輸入フローリングです。 パイン(赤松)材が持つ「時代に左右されない普遍性」は、ノスタルジックなインテリアであろうと、近代的な内装や家具であろうと、いかなるイメージにもスタイリッシュに対応してくれます。

はじめは白っぽい色のパイン材ですが使い込むうちに味わい深いあめ色になる特性を持ちます。ヨーロッパではライやリボス、オスモ、watcoなどのホワイトいうる使用する事で経年の黄変色を抑える事も多いようです。
ショールームやサンプルで無塗装や自然オイル塗装の色合いを確認して頂いても、数年後に全く異った飴色に変色します。 針葉樹の中でも特に柔らかい木材になりますので傷つきますしへこむの欠点ですが、素足での木肌の肌触りは温もりを感じます。 やんちゃなお子様がいらっしゃるご家庭でも節がたくさんあることで傷やへこみ(凹む)はかなり目立ちにくいと言うメリットもございます。

同じように白くて明るい木材では、広葉樹のバーチ、メープル、シカモアなどもございますが、素材としての表面硬度の高さは全く異なります。 木魂のパインフローリングは、長さ3920mmの長尺1枚物や135mm巾の幅広までございます。厚みも12mm~24mmと厚いものまでございます。グレードは節が有るグレード等級です。 レッドパインフローリングの節には軽微な節穴、節欠け、流れ節、抜け節、死節、割れがあり、国産の杉や桧の様にパテ埋めや埋め木等の節補修を施しておりません。 生産国は土足歩行資材として製造しております。節などの欠点につきましてはDIYでの補修も可能です。 床暖房に対応する幅広135mmで3940mmのサイズの持つパインフローリングは木目が伸びる事からお部屋に奥行き感が現れます。

また、パインフローリングに自然オイル塗装、蜜蝋ワックス塗装(オスモ・リボス)、ガラス塗装、UVウレタン塗装など様々な塗料も承ります。 パインと同材の玄関框(上がり框、付框)、階段、羽目板、パネリング(壁・天井)、モールディングなどさまざまな形状の造作内装建材もオーダー可能です。
平米㎡価格が特価の様に安くて一見お買い得感が高いように思えますが、塗装して無垢フローリングとして使える様に仕上げると杉や桧よりも割高になる場合があります。

東京新木場ショールームでは、ノルディックパインフローリングを常設展示しておりますので塗装や節の確認、裸足での足触りをご確認いただけます。 施工現場への小口配送時はケース梱包ではなく無塗装はシュリンク梱包、自然オイル塗装は巻ダンボール梱包またはパレット積みとなります。 長尺資材は運賃送料が高く、マンションなど現場が階上荷揚げの場合は非常に困難を生じますのでご発注の際にはお施主様の方でも十分にご注意ください。

ノルディックパインフローリングの詳細へ


テーダフローリングについて

テーダフローリングの幅広&1枚物は、迫力のある杢目と伸びのある木目により
お部屋の奥行きを深く感じさせます。

テーダパインフローリングは、ブラジルで育つ苗木から、ヨーロッパ欧州南仏で育成、伐採、フローリング加工から仕上げまで一貫して1メーカーの工場で行います。 この企業努力により、FSC森林認証やPEFC森林認証制度の針葉樹林にも認定され、長期に渡って安定的な木材の供給が可能となりました。 この森林認証林から素材となるテーダパインを伐採・乾燥・加工を施しテーダパインフローリングとして輸出し日本の皆さまの住宅へお届けいたします。

表面ブラッシング(浮造り)仕上げは、ナチュラルな風合いは出ますが、木肌が土足用仕上げで粗いため素足で生活する際には注意が必要です。欠点として傷や割れ、節欠けなどがあるのでストッキングは必ず破れます。
針葉樹の中では硬い木材になりますがやはりへこむし傷はつきます。素足歩行時には木肌の肌触りは温もりを感じます。 やんちゃなお子様がいらっしゃるご家庭でも節がたくさんあることで傷やへこみ(凹む)はかなり目立ちにくいと言うメリットもございます。 生産国は土足歩行資材として製造しております。節などの欠点につきましてはDIYでの補修も可能です。

はじめは白っぽい色のテーダパインですが、使い込むうちに味わい深い飴色になる特性を持ちます。ヨーロッパではライやオスモ、リボス、watcoなどのホワイトオイルを使用する事で経年の黄変色を抑える事も多いようです。
ショールームやサンプルで無塗装や自然オイル塗装の色合いを確認して頂いても、数年後に全く異った飴色に変色します。

木魂のテーダパインフローリングのサイズは、長さ2000mmの1枚物や200mm巾の幅広です。厚みは22mmと一般的な15mmのフローリングよりも厚いです。四方実(サネ)のエンドマッチ加工仕様です。 テーダパインフローリングの節には節穴、節欠け、流れ節、抜け節、死節、割れがあり、国産の杉や桧の様にパテ埋めや埋め木等、節の補修処理を施しておりません。 床暖房には対応しませんが、テーダパインフローリングが持つ美しい木目は伸び感がありお部屋に奥行き感が現れます。

また、テーダパインフローリングに自然オイル塗装、蜜蝋ワックス塗装(オスモ・リボス)、ガラス塗装、UVウレタン塗装など様々な塗料も承ります。 テーダパインと同材の玄関框(上がり框、付框)、階段、羽目板、パネリング(壁・天井)、モールディングなどさまざまな形状の造作内装建材もオーダー可能です。 パイン類の中でも表面硬度が高いのでなぐり加工などの表面加工にも対応します。

東京新木場ショールームでは、テーダパインフローリングを常設展示しておりまので塗装や節の状況、裸足での足触りをご確認いただけます。

平米㎡価格が安価で一見お買い得感が高いように思えますが、塗装して無垢フローリングとして使える様に仕上げると杉や桧よりも割高になる場合があります。 施工現場への小口配送時はケース梱包ではなく無塗装はシュリンク梱包、自然オイル塗装は巻ダンボール梱包またはパレット積みとなります。

テーダフローリングの詳細へ


ダグラスファー(オレゴンパイン)フローリングについて

木魂取り扱い商品の中で最大幅のダグラスファーフローリングは
その300mmもの幅から現れる伸びのある木目で見るものを圧倒させます。

北米産ダグラスファーフローリング(オレゴンパイン)は、針葉樹、広葉樹に限らず圧倒的な幅広300mmの無垢フローリング材です。 とても貴重な天然林樹齢80年以上のダグラスファーの大径木材を利用して無垢フローリングに仕立てます。 幅は300mmもの大きさで、長さも3000mmあるのでお部屋をゆったりとしつつも風格あるインテリアを演出します。

使い込むうちに味わい深い飴色になる特性を持つダグラスファーフローリングですが、ヨーロッパでは土足で生活し砂が上がる事も想定し、床表面に灰汁を主成分としたライやリボス、オスモ、watcoなどのホワイトオイルを使用する事で経年の黄変色を抑える事も多いようです。

構造材にも使われることがあるダグラスファーですが針葉樹の中ではやや柔らかい木材になります。木肌表面は傷つきへこみ(凹む)ますが素足での肌触りは温もりを感じます。

木魂のダグラスファーフローリングのサイズは、長さ3000mmの長尺1枚物で300mm巾の超幅広です。厚みも20mm~28mmと一般的な15mmのフローリングよりも厚いです。、グレードは節が有るグレード等級を在庫しております。 フローリング表面は土足仕様ではなく、素足で歩行が可能なように節穴にはパテ埋めや埋木が施されています。下地が整っていますので自然オイル塗布で仕上げてみてはいかがでしょうか?

床暖房に対応する幅広300mmで2424mmの長さを持つダグラスファーフローリングは、大らかで美しい杢目と伸びる木目でお部屋に奥行き感を出させます。
また、ダグラスファーフローリングに自然オイル塗装、蜜蝋ワックス塗装(オスモ・リボス)、ガラス塗装、UVウレタン塗装など様々な塗料も承ります。

ダグラスファーと同材の玄関框(上がり框、付框)、階段、羽目板、パネリング(壁・天井)、モールディングなどさまざまな形状の造作内装建材もオーダー可能です。 なぐり加工などの表面加工にも対応します。東京新木場ショールームでは、ダグラスファーフローリングを常設展示しておりまので木目や塗装の確認、裸足での足触りをご確認いただけます。 長尺資材は運賃送料が高く、マンションなど現場が階上荷揚げの場合は非常に困難を生じますのでご発注の際にはお施主様の方でも十分にご注意ください。

施工現場への小口配送時はケース梱包ではなくパレット積みでのお届けとなります。

ダグラスファー(オレゴンパイン)の詳細へ



木魂の無垢フローリング 樹種カテゴリ別ページ

©株式会社五感 All Rights Reserved.