国産桧柾目フローリングの特徴

TEL:03-3522-4169

受付時間 9:00-18:00[水曜定休]

桧柾目フローリングは、木目が真っ直ぐでインテリアに伸びを感じる事が出来ます。高齢樹、大径木の丸太からしか製材することができない全国的にもとても希少な無垢桧フローリングです。
和室には柾目と言われていますが、和のインテリアには最適です。

日本最大の半島である紀伊半島の山奥で約1世紀の時間を掛けて自然の恵みをたくさん育んだ桧(ヒノキ)の森。
この桧の森から更に厳選した高齢樹、大径木の丸太でしか檜(ヒノキ)柾目フローリングを製材加工することはできません。
日本中に国産桧フローリングを加工する工場は数知れずありますが、桧柾目の節無しでフローリングや羽目板をお届けできる工場は極々僅かだと思います。
柾目の落ち着いた表情は、和室のみに関わらず直線を基調とした近代的な住宅インテリアにも最適です。


1.桧柾目について

国産柾目桧フローリングの施工

最近では、和室が少なくなったせいか、杉も桧もなかなか柾目の良さを際立たせてくれる箇所が見当たらなくなってきました。

柾目は、木材の良さを最大限に引き出す木目だと言えます。

柾目とは、木材を製材した時の木目の種類を言います。木目には大まかに板目と柾目と言う種類があります。
板目とは、丸太の中心からずれて製材していくと、木の断面に山形や筍形の模様が現れます。
それに対して柾目は、丸太の中心に向けて製材した時に現れる線状の木目の事を差します。
柾目は、板目よりも寸法安定性が高く反りや狂いが出にくい特徴がありますが、高齢樹の大径木からしか製材できません。

綺麗な柾目を求めると、どんな樹種でもかなりの樹齢の高い丸太が必要になってきます。
日本全国を見ても、杉や檜の60年生丸太はあっても100年以上の大径木となるとなかなか手に入りません。
そんな樹齢の高い丸太も需要が無ければ悲しいばかりですが、販売する方としてももっともっと木材の良さを引き出し、使い勝手を含めたご提案をし、木材の良さや価値を一般のお施主様に伝えていかなくてはいけません。

和室は、柾目の文化だと言われておりました。長押、廻り縁、障子、竿縁、天井板、床板など柾目材が多用されていました。
見た目にも落ち着きのある柾目は、日本の和室文化には欠かせない良材だったと言えます。

日本の人工の三大美林は、吉野スギ、天竜スギ、尾鷲ヒノキだと言われ、こちらでは木目の通った素直な針葉樹木材が搬出さえる事で有名です。
しかし、桧柾目フローリングは以上のどこの産地にも属しておりません。紀伊半島の山奥で静かに育った高齢樹です。
檜柾目フローリングには、特一等、小節、上小は存在しません。節の無い無節のみです。もちろん板目の様な木表や木裏も存在しません。
桧柾目フローリングには、赤みと白太が入る源平柾と赤みのみの赤柾がございます。
源平柾の板幅は105mm巾(3.5寸)、赤柾は84mm巾(2.8寸)となります。長さは1820mm(6尺)のみとなります。
もし、柾目で節有一等材の板を製材しようとすると生節でも節(枝)が大きく斜めに入り折れてしまいます。
この様な事から檜柾目の板を製材するには、大径木で節の出ない良材が必要という事になります。

表面の塗装仕上げは、基本的にはカンナ仕上げの無塗装です。受注生産でサンダー加工を施し自然オスモオイル&ワックス、液体ガラス塗料にも対応可能です。
壁や天井材に使用できる桧柾目の羽目板は受注生産が可能です。もちろん廻縁、長押、敷居、鴨井、竿縁などの造作材も受注生産が可能です。桧柾目の羽目板と床板で落ち着いたインテリアに仕上げてみてください。

和室が少なくなったとはいえ、近代住宅には直線・ラインを基調とした住宅を設計される設計士さんもたくさんいらっしゃいます。

希少な柾目桧フローリングをぜひ使いこなしてみてください。

直線的な木目の桧柾目フローリングは、そんな近代建築にも落ち着いた表情で溶け込んでくれることでしょう。

桧柾目フローリングは、超仕上げ(カンナ)で仕上げていますので、通常のフローリングと比べて足触りも一味異なります。

足に吸い付くようなピタッとした感触が桧柾目フローリングの特徴の一つでもあります。

『桧や国産材はどうも和風っぽくなりやすい』と思い込んでる設計士さんもお施主様も、ぜひ無垢フローリングショールームゆらぎにて桧柾目フローリングをご自身の足で体感していただければと思います。


受注生産とはなりますが、桧(ヒノキ)フローリングの森林認証材SGEC/PEFCとしての出材も可能です。
公共工事など国産の森林認証材をお探しの方は、ぜひ一度お問い合わせください。

東京新木場ショールームでは、桧柾目フローリングを常設展示しておりますので塗装や経年変色での色合いや節の確認、裸足での足触りをご確認いただけます。
カットサンプルでは、到底分かりえない木目の伸びや巾による視覚作用、自然オイル塗装、蜜蝋ワックス、ガラス塗料、ウレタン塗装など表面塗装による違い、木肌を裸足で直接踏んだ際の硬さや柔らかさなども無垢フローリングショールームではご確認いただく事が可能です。
もし、今まで突き板合板フロア、クッションフロア、挽き板合板フローリングのUV塗装などで生活されていたのであれば、無垢フローリングの香り、肌触り、優しい光の跳ね返りなどその快適さに驚かされることでしょう。

杉材と同様に木肌が柔らかい木材としてよく知られる檜(ひのき)ですが、やはり鋭利な物を落としたりすることですぐに凹みます。
凹みやすいですが、無塗装、オイル塗装、蜜蝋ワックス塗装、ガラス塗料などウレタン塗装の様な造膜型でなければ比較的簡単に補修できます。
まず、凹んだ箇所に水滴を落とします。少し染み込むのを待ちます。その後当て布や雑巾を当ててアイロンで水蒸気を木の中に送り込んでふやかしてあげます。
オイル塗装、蜜蝋ワックス、ガラス塗料だと水をはじくので水分が染み込まないのかと考えてしまいますが、水蒸気になって分子が小さくなることで水分は木の中に入っていきます。
水分が床板の傷や凹みを押し上げます。その後、サンドペーパーや電動サンディングマシン(サンダー)で表面を整えて元との塗装を施してください。

施工現場への小口配送時は無塗装、自然オイル塗装ともにパレット積での配送となります。
長尺資材は運賃送料が高く、マンションなど現場が階上荷揚げの場合は非常に困難を生じますのでご発注の際にはお施主様の方でも十分にご注意ください。
ヒノキフローリングのメンテナンスに関しては、“無垢フローリングのお手入れ方法”をご参照ください。

桧柾目フローリングのラインナップ

サイズ・入数
長さ:1820mm(6尺) x105mm巾(3.5寸)x15mm厚(5分)・18枚入/3.44平米入/ケース 約1坪入
長さ:1920mm(6尺) x 84mm巾(2.7寸)x15mm厚(5分)・22枚入/3.36平米入/ケース 約1坪入

等級グレード
柾目節無:節の無い床材です。
赤柾節無:ほぼ白太が入らない赤柾で節の無い最上級グレードの床材です。

標準塗装仕上げ
無塗装(カンナ仕上げ)または自然オイルワックス塗装仕上げ
※ガラス塗料仕上げは受注生産で納期が掛かります。

価格
36,216円/平米・112,200円/坪(税込)から

国産針葉樹の柾目檜フローリングについて

国産針葉樹の柾目桧フローリング

特徴を
比較する

スペックのみ一覧でご覧になれます。さらに床暖房対応
幅12cm以上の幅広タイプ、塗装、タイプで絞り込んで比較していただけます。

(玄関材)
を見る

玄関の顔となる重要な部材です。框に加工した際の樹種をご覧になれます。

※こちらの製品は、カットサンプルをご用意しております。


木魂の無垢フローリング 樹種カテゴリ別ページ

©株式会社五感 All Rights Reserved.

運営
株式会社 五感
住所
東京都江東区新木場1-6-13 木のくに屋ビル4F
TEL
03-3522-4169
FAX
03-3522-4170
E-mail
kodama@muku-flooring.jp
定休日
毎週水曜
受付時間
9時~18時※ショールームゆらぎでのお客様面談時間はこの限りではございません。
無垢フローリングのお問合せ

関連サイト

木材表示推進協議会

木材表示推進協議会

木質炭素見える化プロジェクト炭素の蔵

木質炭素見える化プロジェクト炭素の蔵

剣道場床

剣道場 床建築工房(英語版はコチラ)

国産材,無垢フローリング,ショールーム

国産材フローリングバーチャルショールーム(英語版はコチラ)

無垢フローリング施工例専門サイト

無垢フローリング施工例専門サイト

木魂YouTubeページ

木魂 YouTubeページ

ブラックウォールナットやオニグルミなどクルミ科の広葉樹について ブラックチェリーやヤマザクラなどバラ科サクラ属の広葉樹について メープルなどカエデ科カエデ属の広葉樹について パインやダグラスファーなどマツ科マツ属の針葉樹について 栂(ツガ・トガ)やヘムロックなどの針葉樹について 赤松(アカマツ)や黒松(クロマツ)などマツ科マツ属の針葉樹について ヒノキ科ヒノキ属(桧・檜)などの針葉樹について スギ科スギ属(杉)などの針葉樹について 樺(カバ)、バーチなどのカバノキ科カバノキ属(樺)広葉樹について 橅(ブナ)などのブナ科コナラ属の広葉樹について 栗、どんぐり、椎(シイ)などのブナ科クリ属の広葉樹について タモなどのモクセイ科トリネコ属の広葉樹について カラマツ、唐松、落葉松などのマツ科カラマツ属の針葉樹について