唐松(カラマツ)・ラーチ無垢フローリングの解説|無垢フローリング専門店木魂

唐松(カラマツ)類の
無垢フローリング

南部唐松
無垢フローリング

南部唐松無垢フローリング
南部唐松無垢フローリング施行写真

信越地方や東北、北海道などで植林されている重厚かつ強度の高い針葉樹によるカラマツフローリングです。

樹脂成分が多く、耐水性に富んだ性質を持ち、色合いに関しても赤味の鮮やかさは黄金色と揶揄されます。 木魂~KODAMA~が取り扱う岩手県産・南部唐松は、長年培った材木の乾燥技術と養生方法による丁寧な製品造りによって作り出されます。 その綺麗で色鮮やかな節を持つ南部唐松は温かみのある豊かな住空間を演出します。

巾120mm以上の
幅広
- 名栗(なぐり)
加工対応
-
床暖房対応- 別注塗装対応
(着色、ガラス等)
マンション用
遮音等級
LL45直貼り
- 森林認証材
(FSC/PEFC/SGEC等)
-

※サウンドプルーフ2と一緒にご採用頂くことで遮音等級LL45に対応いたします。

ノーザンラーチ
無垢フローリング

ノーザンラーチ無垢フローリング
ノーザンラーチ無垢フローリング施行写真nr-10 ノーザンラーチ無垢フローリング施行写真nr-10

シベリアの厳しい寒さの中でゆっくりと育った原木から作られた無垢フローリングです

厳しい環境で育った樹木は800年もの間、ロシアの教会や家屋で残っているほど、古くより耐久性の高い建築資材として重用されています。 ノーザンラーチは狂いやねじれが生じやすく、無垢フローリングとなるまでに卓越した乾燥技術が必要です。 その癖とは裏腹にノーザンラーチが醸し出す雰囲気は温か味があり、その表情は、黄金色で美しく、高級感をも漂わせます。

巾120mm以上の
幅広
名栗(なぐり)
加工対応
-
床暖房対応 別注塗装対応
(着色、ガラス等)
マンション用
遮音等級
LL45直貼り
森林認証材
(FSC/PEFC/SGEC等)
-


●唐松(カラマツ)フローリングの塗装について

唐松(カラマツ)フローリングは無塗装品のほか、自然系塗装、ウレタン系塗装、ガラス系塗料塗装(SSG・木塗MOKUTOなど)やご希望のカラーでの塗装も承ります。
詳しくは、下記のページをご確認ください。

> 無垢フローリング材の塗装について
> 無塗装
> 自然系塗装(オスモカラー、リボス塗料など)
> ウレタン系塗装
> ガラス系塗料塗装(SSG・木塗MOKUTOなど)
> ご希望のカラーでの塗装


●唐松(カラマツ)フローリングのメンテナンス


●唐松(カラマツ)フローリングの経年変化

無垢フローリングの原料となる木材は植物細胞で構成されています。
製品では細胞は生体としての活動はしておりませんが、細胞の主成分であるセルロース・ヘミセルロース・リグニンや副生物であるさまざまな化合物(樹脂や色素など)・無機質の物理化学的性質から室内環境と時間経過に伴う変化が生じます。

経年変化の主なものは3つ挙げられます。


  1. 反り・目地の透き・突き上げ
  2. 割れ
  3. 色の変化

1.反り・目地の透き・突き上げ

木材は、空気中の水分を吸収したり放出したりする性質を持っています。
木材を内装に使用すると、この性質により室内の乾湿を緩和することができます。
木材の細胞壁は水分を吸収すると膨張し、放出すると収縮します。
このため、室内の湿度状況によっては、伸縮も大きくなり、反り・目地の透き・突上げなどがおきる場合があります。

2.割れ

フローリングが水分を含み、その後乾燥した環境にさらされると、一枚の材の内部で異常収縮が発生します。
これにより材に割れ目(クラック)が入る場合があります。
また、日光の直射をはじめとする様々な室内環境要因により、これと同様の現象が生じる場合があります。

3.色の変化

木材は、時間の経過とともに紫外線などの作用によって色が変化していきます。
細胞の主成分のうちセルロースとヘミセルロースに色はなく(白色)、リグニンや副主成分が色を決めています。
このリグニンや副成分は光りや化学反応によって変化するため、色の経年変化が生じます。
この色の経年変化は様々な室内環境要因により、大きな差が見られ、使用状況によっては、リグニン及び副成分の急激な化学変化により灰白色の「脱色状態」に移行してしまう場合があります。
このように木質フローリングにおいて、上に述べたような経年変化は自然現象として避けては通れないものであり、お客様にはその点に十分ご理解頂きますようにお願い申し上げます。
風合いと生活上支障のない経年変化をゆったり楽しむか、小さな傷を気にしすぎてケミカルな住環境に身を置くかは考え方次第ですね。


経年変化による色の違いの例

南部唐松
無垢フローリング KK-01

経年による変色例

※同品番の商品ですが、撮影現物は異なります。

南部唐松無垢フローリングの経年変化前

新品当初の色合い

南部唐松無垢フローリングの経年変化後

10年経過後の色合い



ノーザンラーチ
無垢フローリング NR-02

経年による変色例

※同品番の商品ですが、撮影現物は異なります。

ノーザンラーチ無垢フローリングの経年変化前

新品当初の色合い

ノーザンラーチ無垢フローリングの経年変化後

10年経過後の色合い


その他にも無垢フローリングの経年変化、無垢フローリングの経年変色もご案内しております。

3つの経年変化は、サクラ、ブラックチェリークルミウォールナットチークナラオーククリマツパインなどなど、
どの樹種に関しましても同じことが言えます。
ただし、その経年変化の過程については、樹種によっても違いますし、製材加工方法、使用方法、メンテナンス方法など様々な要因で変化してしまいます。
お施主様の生活スタイルに合わせたメンテナンスも考慮しながら無垢材をお選びいただければと思います。


●唐松(カラマツ)フローリングをブログで見る

唐松(カラマツ)フローリングについての様々なトピックや最新記事は、ブログでご確認いただけます。

> 唐松(カラマツ)フローリング関連のブログ記事はこちら




カラマツ・マツ科カラマツ属の木材について

カラマツと一言で言っても日本のカラマツとロシアのラーチではずいぶん木柄も性質も異なるようです。

日本のカラマツは、北海道や長野で多く植林されている。土壌の悪いところでも育つと言われている。非常に癖があり土木用やパルプに使われることが多い。

一方、ロシアのラーチは極寒のタイガ林を構成する主要な樹種です。東シベリアから極東ロシアの中部以北に掛けて分布している。永久凍土上で200年近く時間を掛けて育ったラーチは、いくら日本のカラマツが厳しい環境で育ったと言えどもレベルが違う。目の詰まりやクセの出方など全く違う物だと思ったほうが良い。

カラマツ 落葉松・唐松

  • 学名:Larix leptolepis
  • 別名:フジマツ、ニッコウマツ、ラクヨウショウ
  • 分類:マツ科カラマツ属
  • 原産・分布:北海道、東北、本州中部
  • 用途:建材、土木、パルプ

カラマツの木肌
カラマツの木肌

  • カラマツの山
  • カラマツの立木
  • カラマツの丸太1
  • カラマツの丸太2

木魂の無垢フローリング 樹種カテゴリ別ページ

無垢フローリング専門店木魂
店舗名
無垢フローリング専門店木魂
運営
株式会社五感
住所
東京都江東区新木場1-6-13 木のくに屋ビル4F
URL
https://www.muku-flooring.jp/
TEL
03-3522-4169
FAX
03-3522-4170
E-mail
kodama@muku-flooring.jp
店舗営業時間

月曜-日曜: 9:00am - 6:00pm
水曜定休

本サイトをご利用にあたって:本サイトに記載されているコンテンツの文章、写真等は著作権により保護されています。ダウンロード可能なフォーマットやレイアウトにつきましても一切の二次使用を禁止いたします。特にダウンロード可能なコンテンツにつきましてはいかなる場合においても商用の再編集は認められません。本サイトよりなんらかの形で引用が必要な場合はご一報ください。画像を無断使用された場合は、利用料を請求させていただきます。