唐松フローリングの全国販売|無垢フローリング木魂|カラマツフローリングの通販

TEL:03-3522-4169

受付時間 9:00-18:00[水曜定休]

唐松(カラマツ)フローリング

カラマツフローリングの詳細
カラマツフローリングと框の樹種説明
カラマツフローリングと框の施工事例
カラマツフローリングと框の印刷

南部唐松フローリングについて

南部唐松は、信越地方や東北、北海道などで植林されている、重厚かつ強度の高い針葉樹による唐松フローリングです。

国産の針葉樹で樹脂成分が多く、耐水性に富んだ性質を持ち、色合いに関しても赤味の鮮やかさは黄金色と揶揄されます。 日本語では、唐松(カラマツ)で英語読みではラーチ(larch)となります。 カラマツは、杉や桧の次に日本の主要な林業樹種であり、東北地方や北海道に広く植林されている針葉樹です。 ロシア産シベリア地方から輸入されるラーチ材(カラマツ)は、高樹齢でテンカラ(天然唐松)と言われ銘木としても扱われます。

木魂~KODAMA~が取り扱う岩手県産 唐松フローリングは、長年培った材木の乾燥技術と養生方法による丁寧な製品造りによって作り出される唐松(カラマツ)フローリングです。 綺麗で色鮮やかな節を持つ南部唐松フローリングは温かみのある豊かな住空間を演出します。

以前は、唐松(カラマツ)といえば、クセが強く暴れが大きいために土木用の杭丸太や土止め板、矢板などに使用されることが多い樹木でした。 最近では、構造用合板や構造用集成材やLVLの原料などに使用されています。また最近ではバイオマス原料としても非常に注目されている国産針葉樹木です。 唐松集成材の需要は、2000年に施工された「住宅の品質確保の促進に関する法律」により、狂いの少ない材木を選定し、クレームの無い住宅造りを建築会社がすすめる必要に迫られ、住宅建築に置いて無垢材から集成材の利用が進んでいる事に一因があるようです。

唐松(カラマツ)は狂いが出やすく暴れやすいという事から土木用木材に利用されたり集成材に加工して構造用木材、カツラむきにしてラーチ針葉樹合板に利用されたりします。 国内で製造される合板は、杉、桧、唐松(ラーチ)などを原料とした針葉樹合板が代表的で構造用合板などとして国産木材の利用拡大に大きく貢献しています。 2002年までは、ラーチ構造用合板が国産で一番供給量が多かったのですが、2003年からはスギ構造用合板が追い抜きました。 合板用素材としての供給量はラーチもスギも年々増加傾向にあります。 割合としては少ないのですが国産広葉樹の合板も存在します。 国産広葉樹の科(シナ)や白樺(シラカバ)やイタヤカエデ(ハードメープル)などを原料にカツラむきにして節などの欠点を取り除いた後にプレスして合板を製造します。 国産広葉樹合板は、色合いが白く節が無くとても綺麗なので銘木合板として家具の仕上げ材や木製玩具の原料として活躍しています。 もちろんカツラむきにした際に残る芯もチップやバイオマス燃料として最後まで活用できます。

カラマツは無垢材としては必ずしもおとなしい木材という事はできません。暴れん坊の原因はその木理にあるようです。 木理とは、木材の縦断面に現れる組織、年輪の配列の状態を木理といいます。カラマツは、繊維が左上り(S旋回)に傾斜して配列するらせん木理です。 らせん木理の大小を繊維傾斜度で検討すると、繊維傾斜度が大きいほどねじれは大きく、乾燥の際に狂いを起こしやすくなります。 カラマツは繊維傾斜度が高く、繊維から見てもねじれている木材だという事が言えます。成長しながらねじれていきます。

また、唐松は国産針葉樹の中でも非常に脂(ヤニ)が出やすい事でも知られています。 南部唐松フローリングの原板は、製材乾燥後、細かいピッチで桟積みされ重しを載せて養生されます。 屋外で風雨にさらし濡れながら脂が出ていくのをじっと待ちます。 数カ月後、ヤニも応力も少なくなった原板だけが唐松フローリングとして加工され商品化されます。

南部唐松フローリングは、長さ1820mmの1枚物OPCのソリッドタイプ、100㎜巾~120mm巾の幅広、厚みはリフォームに最適な12mm厚~15mm厚を揃えお施主様のご希望に沿えるように取り揃えております。 自然オイルワックス塗装を施し長年使い込んでいくと黄金色ではっきりとした伸びのある杢目が際立ってきます。 ラスティック調の節有材なので節にはパテ埋めや埋木等の節補修を施しています。

南部唐松フローリングに、植物性自然オイル塗料(オスモ塗料・リボス塗料)、蜜蝋ワックス塗料、ガラス塗料、UVウレタン塗料など様々な塗料も承ります。 特に120mmの幅広タイプは、塗装を施すことで南部唐松フローリング特有のはっきりとした伸びのある杢目が際立ってきます。 植物性自然オイル塗料(オスモ・リボス)、蜜蝋ワックス塗料、ガラス塗料を塗布する事で木の本来の優しさや温かみを感じる事が出来ます。生活スタイルに合わせて表面塗料をご検討ください。

南部唐松の突き板貼り集成材の框、カマチ(玄関上がり框、付け框)、集成材やfjl積層階材の段板(段板、側板)、羽目板・パネリング(壁板・天井板)、手すり材、モールディング材などの内装用部材も組み合わせることが可能です。 東京新木場ショールームでは、南部唐松フローリングを常設展示しておりますので塗装や経年変色での色合いや節の確認、裸足での足触りをご確認いただけます。 カットサンプルでは、到底分かりえない木目の伸びや巾による視覚作用、自然オイルワックス塗料、蜜蝋ワックス、ガラス塗料、UVウレタン塗装など表面塗装による違い、木肌を裸足で直接踏んだ際の硬さや柔らかさなども無垢フローリングショールームでは実物でご確認いただく事が可能です。

施工現場への小口配送時は無塗装、自然オイル塗装ともにダンボール梱包をパレット積での配送となります。 長尺資材は運賃送料が高く、マンションなど現場が階上荷揚げの場合は非常に困難を生じますのでご発注の際にはお施主様の方でも十分にご注意ください。 施工方法に関しましては、必ず施工前に“無垢フローリング施工要領”をご確認ください。 羽目板、パネリング(壁板・天井板)と無垢フローリングの施工方法は異なりますのでご注意ください。 南部唐松フローリングのメンテナンスに関しては、“無垢フローリングのお手入れ方法”をご参照ください。 無垢フローリングの施工実例をご覧になりたいお施主様は、ぜひ“無垢フローリング施工例専門サイト”をご確認ください。

南部唐松フローリングのラインアップ
サイズ:長さ1820mmx120mm巾x15mm厚  3.276平米入 / ケース / 15枚入 約1坪 / 約2畳
サイズ:長さ1820mmx100mm巾x12mm厚  3.276平米入 / ケース / 12枚入 約1坪 / 約2畳
サイズ:長さ1820mmx115mm巾x15mm厚  3.348平米入 / ケース / 16枚入 約1坪 / 約2畳

等級グレード
節有:節が入るグレードです。節には埋め木処理やパテ埋めが施されています。

タイプ
1枚物(OPC):継ぎ目の無い1枚板のフローリング。

標準塗装
無塗装または自然オイルワックス塗装

価格
4,984円/平米単価・16,700円/坪単価(税込)から

※マンション用LL45対応の木魂防音無垢フローリングにもラーチ(larch)、唐松(カラマツ)フローリングの設定あり

南部唐松フローリングの詳細へ


ノーザンラーチについて

ノーザンラーチは、シベリアの厳しい寒さの中でゆっくりと育った針葉樹の原木を使用したカラマツフローリングです。

日本語では、針葉樹の唐松(カラマツ)と呼びますが、英語での呼び名はラーチ(larch)です。 最近では、ラーチの針葉樹構造用合板や構造用集成材などの木材として活用されます。

一般的に楢(ナラ)やタモ(ホワイトアッシュ)などの広葉樹より柔らかいと思われがちな針葉樹ですが、唐松は比較的硬い針葉樹になります。 ラーチの表面硬度は、広葉樹のウォールナット(ブラックウォールナットではなくオニクルミ)やアメリカンブラックチェリー(サクラ)よりも硬いとされているほどです。 また、ノーザンラーチは植林の針葉樹では無く天然の唐松材になります。昔から木材業界ではテンカラと呼ばれる事もあります。 ノーザンラーチは、国産の植林唐松と見た目も性質も少し違います。国産唐松の伐採適齢期は30年と若いうちから伐採されますが、ノーザンラーチの原木は樹齢がおおよそ200年ほどです。 国産唐松と比べておおよそ7倍も樹齢に差があります。その差は如実に木材に加工された際の木肌表面に現れます。 ノーザンラーチフローリングの木目は、まさに針葉樹フローリングのお手本と言えるような緻密ではっきりとした木目が際立ちます。 以前は、クセが強く暴れが多いので土木用木材にしか使えないなどと言われていた唐松ですが、現在では合板や構造材の原料として国産唐松もノーザンラーチもどちらも無くてはならない針葉樹木材となりました。 長いあいだ人間の製材、加工、乾燥技術が追いつけず、手が付けられずに残ったことが現在の豊富なカラマツ林の要因とも言えるのかもしれません。

厳しい環境で育った針葉樹のラーチ(カラマツ)は800年もの間、ロシアの教会や家屋で木材として使われたと言われます。 古くより耐久性の高い木材として重用されるノーザンラーチ唐松フローリングです。 ラーチ木材は狂いやねじれが生じやすく、無垢フローリングとなるまでに卓越した乾燥技術や加工技術が必要です。 時間は掛かりますが、クセとヤニの両方を抑えるには時間が掛かります。じっくりとそれぞれの工程に時間を掛けて仕立てていきます。 そんなに人間にとって扱いにくいとされるカラマツ材をどうして無垢フローリングに加工するのか? それは、その癖とは裏腹にラーチが醸し出す素晴らしい木目と素晴らしい黄金色がインテリアを一層際立たせてくれるからです。

ラーチのフローリングにおいては、長さのある1枚物で135mmの幅広タイプをおすすめいたします。 幅広タイプは、ラーチフローリングの最大の特徴である奥行きを感じ取れる長い木目が際立つからです。

ラーチフローリングは、長さ1820mmの1枚物OPCのソリッドタイプ、縦ぎのあるUNIタイプ、90㎜巾~135mm巾の幅広、厚みはリフォームにも最適な12mm~15mm厚を揃えお施主様のご希望に沿えるように取り揃えております。 床暖房にも対応するラーチフローリングもございますので、リビングやダイニングなどメインのお部屋にもご採用いただけます。 マンションリノベーションやマンションリフォームに最適なマンション用遮音規定LL45に対応する木魂防音無垢フローリングにも幅広のラーチフローリングの設定がございます。

ラーチフローリングは、自然オイルワックス塗装を施し長年使い込んでいくと均一で伸びの木目が際立ってきます。 節が有るラスティックなラフグレードにはパテ埋めや埋木等の節補修を施しています。小さな節と色むらが入るスムースグレード、ほぼ節が入らないカームグレードもございます。

また、ノーザンラーチフローリングに、植物性自然オイル塗料(オスモ塗料・リボス塗料)、蜜蝋ワックス塗料、ガラス塗料、UVウレタン塗料など様々な塗料も承ります。 塗装を施すことでラーチ材特有の均一で伸びがある美しい木目が現れます。 植物性自然オイル塗料(オスモ・リボス)、蜜蝋ワックス塗料、ガラス塗料を塗布する事で木の本来の優しさや温かみを感じる事が出来ます。

生活スタイルに合わせて表面塗料をご検討ください。

ラーチ(カラマツ)の突き板貼り集成材の框・カマチ(玄関上がり框、付け框)、集成材やfjl積層階材の段板(段板、側板)、羽目板・パネリング(壁板・天井板)、手すり材、モールディング材などの内装用部材も組み合わせることが可能です。 東京新木場ショールームでは、ノーザンラーチフローリングを常設展示しておりますので塗装や経年変色での色合いや節の確認、裸足での足触りをご確認いただけます。 カットサンプルでは、到底分かりえない木目の伸びや巾による視覚作用、自然オイルワックス塗料、蜜蝋ワックス、ガラス塗料、UVウレタン塗装など表面塗装による違い、木肌を裸足で直接踏んだ際の硬さや柔らかさなども無垢フローリングショールームでは実物でご確認いただく事が可能です。

施工現場への小口配送時は無塗装、自然オイル塗装ともにダンボール梱包をパレット積での配送となります。 長尺資材は運賃送料が高く、マンションなど現場が階上荷揚げの場合は非常に困難を生じますのでご発注の際にはお施主様の方でも十分にご注意ください。 施工方法に関しましては、必ず施工前に“無垢フローリング施工要領”をご確認ください。 羽目板、パネリング(壁板・天井板)と無垢フローリングの施工方法は異なりますのでご注意ください。 ノーザンラーチフローリングのメンテナンスに関しては、“無垢フローリングのお手入れ方法”をご参照ください。 無垢フローリングの施工実例をご覧になりたいお施主様は、ぜひ“無垢フローリング施工例専門サイト”をご確認ください。

ノーザンラーチフローリングのラインナップ
サイズ:長さ1820mmx135mm巾x15mm厚 1.72平米入 / ケース / 7枚入 約半坪 / 約1畳 サイズ:長さ1820mmx90mm巾x15mm厚  1.638平米入 / ケース / 10枚入 約半坪 / 約1畳

等級グレード
カーム:1ピース中での色むらが無い厳選されたハイグレード商品です。 スムース:自然な風合いで若干の色むらと小節が入ります。 ラフ:節や色むらが入りナチュラル感に溢れます。

タイプ
1枚物(OPC):継ぎ目の無い1枚板のフローリング。 UNIタイプ:フィンガージョイントで縦につないだフローリング

標準塗装
無塗装または自然オイルワックス塗装またはウレタン塗装

価格
6,100円/平米単価・20,200円/坪単価(税込)から

※マンション用LL45対応の木魂防音無垢フローリングにもラーチ(larch)、唐松(カラマツ)フローリングの設定あり

ノーザンラーチ・唐松フローリングの詳細へ



木魂の無垢フローリング 樹種カテゴリ別ページ

©株式会社五感 All Rights Reserved.

無垢フローリング専門店木魂
運営
株式会社 五感
住所
東京都江東区新木場1-6-13 木のくに屋ビル4F
TEL
03-3522-4169
FAX
03-3522-4170
E-mail
kodama@muku-flooring.jp
定休日
毎週水曜
受付時間
9時~18時※ショールームゆらぎでのお客様面談時間はこの限りではございません。
無垢フローリングのお問合せ
無垢フローリングショールームゆらぎ詳細・ご予約

本サイトをご利用にあたって:本サイトに記載されているコンテンツの文章、写真等は著作権により保護されています。ダウンロード可能なフォーマットやレイアウトにつきましても一切の二次使用を禁止いたします。特にダウンロード可能なコンテンツにつきましてはいかなる場合においても商用の再編集は認められません。本サイトよりなんらかの形で引用が必要な場合はご一報ください。画像を無断使用された場合は、利用料を請求させていただきます。