松フローリングの全国販売|無垢フローリング木魂

TEL:03-3522-4169

受付時間 9:00-18:00[水曜定休]

国産松(まつ)フローリング

国産 針葉樹 銘木 松フローリングの詳細
国産 針葉樹 銘木 松樹種説明
国産 針葉樹 銘木 松フローリング 施工事例
国産 針葉樹 銘木 松フローリングの印刷

侍浜松(地松・赤松)フローリングについて

侍浜松は、古くから日本の代表的な銘木として知られる岩手県産の赤松フローリングです。

国産の赤松(アカマツ)木材は美しいだけでなく耐久性、耐水性も兼ね備えており、強度を要する構造材に使用されるほど頑強です。 国産針葉樹でやわらかい材質の木材になりますので傷つきますしへこむの欠点ですが、素足での木肌の肌触りは温もりを感じます。 やんちゃなお子様がいらっしゃるご家庭では、節無し材だと傷やへこみ(凹む)が少し目立つかもしれません。ぜひ、節が有る等級と上手に組み合わせてお使いください。

国産針葉樹の中では最も木目がはっきりしていて、樹脂成分も多く、使い込むうちに非常に艶が出るのが赤松フローリングです。侍浜松が持つ重厚かつダイナミックな木目は、日本の歴史的な住空間を見事に演出します。 木肌が赤くなる木材は、広葉樹の花梨(カリン)、ピンカド、ブラックチェリー、山桜(サクラ)などが有名ですが、松(マツ)は、国産サクラやブラックチェリーと同じくらいの色合いでしょうか。

国産針葉樹の中では、栂に次いで際立つ赤と言えます。 針葉樹の中でも経年変化でかなり味わい深い風合いが出てくる木材です。赤松は雌松、黒松は雄松と言われます。どちらかと言うと赤松は山間部、黒松は沿岸部に生育している事が多いです。 赤松と黒松の見分け方としては、幹の鱗が赤くなっているのが赤松です。また、松の葉を手のひらでさわってみて柔らかければ赤松、葉の芯を感じ取れるようなチクチクとした硬さだと黒松の可能性が高いです。

木魂の侍浜松フローリングは、長さ1820mmの1枚物やダイナミックな杢目の板目材、落ち着いた雰囲気の柾目材で厚み15mmと分厚い無垢フローリングを取り揃えております。グレード等級は節が有るグレードと板目・節無しと柾目・節無しがございます。 国産赤松フローリングの節が有るグレードにはパテ埋めや埋め木等の節補修を施しております。ヤニツボは、パテ埋めしておりますが全てではございませんので節が有る材はご注意ください。 また、国産赤松フローリングに自然オイル塗装、蜜蝋ワックス塗装(オスモ・リボス)、ガラス塗装、UVウレタン塗装など様々な塗料も承ります。

国産赤松(アカマツ)と同材の玄関框(上がり框、付框)、階段、羽目板、パネリング(壁・天井)、モールディングなどさまざまな形状の造作内装建材もオーダー可能です。

東京新木場ショールームでは、侍浜松無垢フローリングを常設展示しておりますので塗装や経年変色での色合いや節の確認、裸足での足触りをご確認いただけます。 施工現場への小口配送時は無塗装、自然オイル塗装ともにパレット積での配送となります。 長尺資材は運賃送料が高く、マンションなど現場が階上荷揚げの場合は非常に困難を生じますのでご発注の際にはお施主様の方でも十分にご注意ください。

無垢フローリングのメンテナンスに関しては、“無垢フローリングのお手入れ方法”をご参照ください。

侍浜松(地松・国産赤松)フローリングの詳細へ


木魂黒松フローリングについて

抜群の艶と力強い杢目が特徴的です。
現代においては希少性の高い国産針葉樹の黒松フローリングです。

国産黒松フローリングの持つ艶を最大限に発揮できるように原木選定、伐採、製材、乾燥、加工、仕上りにも拘ります。 このフローリングの木肌は陽に当たると紅緋となり、どんどん艶が増していきます。 黒松フローリングの表面仕上げは、鉋(カンナ)仕上げです。鉋仕上げの表面は究極に平滑で最近主流であるサンディングとは色艶がまるで違い足触りの質感は吸付くようなイメージです。 もう、間もなく枯渇するであろう森林資源を大切に活用し、できる限り長く使って頂ける様に1枚1枚心を込めて素晴らしい艶をお届けさせて頂きます。

国産針葉樹の黒松は、材木としてほとんど国内では見かけないようになりました。一部離島などで見かけられますが本州で見つけるのは至難の業です。
もちろん園芸用の庭木などで黒松を見かける事はありますが、材木にできるような太くて真っ直ぐした幹の黒松はなかなか見つかりません。公園や城址で運よく見つけても伐採禁止の保護樹林だったりすることが多いです。

木魂の国産黒松ローリングは、長さ1950mmの1枚物の105mm~110mm巾、厚みも15mmから25mmと分厚い無垢フローリングまでございます。グレード等級は板目のみで節が有るグレードと節無しがございます。 黒松フローリングの節が有るグレードにはパテ埋めや埋め木等の節補修を施しております。

また、国産黒松フローリングに自然オイル塗装、蜜蝋ワックス塗装(オスモ・リボス)、ガラス塗装、UVウレタン塗装など様々な塗料も承ります。 国産黒松と同材の玄関框(上がり框、付框)、階段、羽目板、パネリング(壁・天井)、モールディングなどさまざまな形状の造作内装建材もオーダー可能です。

東京新木場ショールームでは、国産黒松フローリングを常設展示しておりますので塗装や経年変色での色合いや節の確認、裸足での足触りをご確認いただけます。 施工現場への小口配送時はケース梱包です。無塗装、自然オイル塗装ともにダンボール梱包配送となります。 長尺資材は運賃送料が高く、マンションなど現場が階上荷揚げの場合は非常に困難を生じますのでご発注の際にはお施主様の方でも十分にご注意ください。

無垢フローリングのメンテナンスに関しては、“無垢フローリングのお手入れ方法”をご参照ください。

木魂黒松フローリングの詳細へ


美作赤松(ミマサカアカマツ)フローリングについて

マツクイムシの影響から年々減少する山陰地方の赤松(アカマツ)針葉樹林
厳選した節の少ない希少木材から美作赤松フローリングが作り上げられます。

古来から山陰地方針葉樹林の赤松は全国に銘木として名を馳せていました。特に中国地方では梁にはもちろんのこと柱の材料にも使用されてきました。 輸入木材のパイン材の仲間でもあり、ポンデロッサパイン、マリティムパイン、ウエスタンイエローパイン、サザンイエローパインカリフォルニアホワイトパインなどとも比較されます。 国産針葉樹の美作赤松ローリングは、長さ1900mmの1枚物や105mm巾~150mm巾の幅広タイプ、厚み15mmの無垢フローリングです。グレード等級は少し節が入る上小と節無しがございます。 和室周りの廊下などにも無垢フローリングとしてよく採用されてきました。

美作赤松は、年月が経つと赤みが増すと共に身が締まり素晴しい艶も出てきます。 国産針葉樹の中でもやわらかい材質の木材になりますので傷つきますしへこむの欠点ですが、素足での木肌の肌触りは温もりを感じます。 美作赤松ローリングの節が有るグレードにはパテ埋めや埋め木等の節補修を施しております。国産のパイン材をお探しのお施主様にはおすすめのフローリングです。

また、美作赤松フローリングに自然オイル塗装、蜜蝋ワックス塗装(オスモ・リボス)、ガラス塗装、UVウレタン塗装など様々な塗料も承ります。 国産赤松(アカマツ)と同材の玄関框(上がり框、付框)、階段、羽目板、パネリング(壁・天井)、モールディングなどさまざまな形状の造作内装建材もオーダー可能です。

東京新木場ショールームでは、美作赤松無垢フローリングを常設展示しておりますので塗装や経年変色での色合いや節の確認、裸足での足触りをご確認いただけます。 施工現場への小口配送時はケース梱包です。無塗装、自然オイル塗装ともにダンボール梱包配送となります。 長尺資材は運賃送料が高く、マンションなど現場が階上荷揚げの場合は非常に困難を生じますのでご発注の際にはお施主様の方でも十分にご注意ください。

無垢フローリングのメンテナンスに関しては、“無垢フローリングのお手入れ方法”をご参照ください。

美作赤松(ミマサカアカマツ)フローリングの詳細へ


剣道場用国産赤松集成材フローリングについて

武道場や剣道場の専用フローリングです。FJL集成材なので寸法安定性は高く、材質は国産赤松を使用した環境にも配慮した剣道場用フローリングです。

古来から武道場や剣道場のフローリングには、温かみのある杉・桧・松などの国産針葉樹を加工した床材が用いられてきました。 杉や桧は、資源として潤沢ですが、近年では松は松喰い虫などの影響から資源が乏しくなってきています。

n

以前は、霧島松・日向松・南部松・津島松など全国に銘木と言われる松も存在しました。 昨今では、松資源を有効に活用するべく小さな部材でもFJL集成材などとして活用します。

剣道場用赤松フローリングは、FJL集成材にすることで巾膨張し難くく寸法安定性に優れた床材と言えます。 剣道場フローリングは、割れの原因となるサネ加工無しでも対応可能です。 SGEC/PEFC森林認証材の国産赤松を使用し環境保全にも配慮した剣道場用フローリングです。

剣道場用国産赤松集成材フローリングの詳細へ



木魂の無垢フローリング 樹種カテゴリ別ページ

©株式会社五感 All Rights Reserved.