杉無垢フローリングの解説|無垢フローリング専門店木魂

(スギ)類の
無垢フローリング

伊予杉
無垢フローリング

伊予杉無垢フローリング
伊予杉無垢フローリング施行写真llis-09 伊予杉無垢フローリング施行写真llis-150

「木魂」の杉フローリングは、四国山脈の切り立った山々で育った60年生以上の木目が詰まっている良質な原木を厳選した伊予杉無垢フローリングです

伊予杉フローリングは適度な柔らかさで足にも負担がかかりにくく、肌触りは暖かく感じられます。 その表情は、流行に左右されない穏やかで誰もが1度は見たことのあるような落ち着いたイメージの住空間を演出します。杉は全国的に分布しており国産材では最も流通している樹種と言えます。 四国山脈の切り立った山々で厳しく育った杉材は非常に木目が詰まった良材で、60年生以上の伊予杉は赤味も多く、良材が産出されることで名を馳せています。

巾120mm以上の
幅広
名栗(なぐり)
加工対応
-
床暖房対応 別注塗装対応
(着色、ガラス等)
マンション用
遮音等級
LL45直貼り
森林認証材
(FSC/PEFC/SGEC等)

因幡杉
無垢フローリング

因幡杉無垢フローリング
因幡杉無垢フローリング施行写真bs-05 因幡杉無垢フローリング 1枚物・節無・自然OIL&WAX・板目・源平・浮造り

江戸時代に「鳥取藩」として栄えた因幡国で人工植林され大切に育てられた杉材です。 手入れが行き届いている為に節の少ない材が多いのが特徴です。

人工林で間伐など手入れが行き届いている為に節が少ない良材がとれます。 地域的にも冬場が長い為に冬目が分厚く、柾目で見るととてもはっきりと現れます。 特に柾目材は、高樹齢丸太から木取りして、樹木の芯を外しているので強度もあり、割れやひびが出にくいといった特徴があります。 節の無い良材の因幡杉のフローリングは、日本的な落ち着きのある空間を演出してくれます。

巾120mm以上の
幅広
- 名栗(なぐり)
加工対応
-
床暖房対応- 別注塗装対応
(着色、ガラス等)
マンション用
遮音等級
LL45直貼り
- 森林認証材
(FSC/PEFC/SGEC等)
-

※サウンドプルーフ2と一緒にご採用頂くことで遮音等級LL45に対応いたします。



スギ、杉について|スギ科スギ属の木材について

スギは、日本で一番の森林面積と材積を誇る樹木です。それだけたくさん植林されたのにはもちろん訳があります。
幹がまっすぐに伸びやすく柱材が製材しやすい、それほど枝が大きく張らないので高い密度で植林できる。成長が速いと言った多くの利点を持ち合わせています。

日本中に植林されている杉ですが、ヒノキと同様に天然林と植林ではかなり目の詰まり方、色、艶、香りが異なります。

スギの天然林として有名な産地は北山、秋田、魚梁瀬、屋久島といったところでしょうか。


秋田杉の立木
秋田杉の立木

秋田杉の丸太
秋田杉の丸太

人工林として有名な産地は、吉野、天竜、智頭、熊野などが挙げられます。

熊野杉
熊野杉

熊野杉の丸太
熊野杉の丸太

スギは、ヒノキやヒバなどと同様に特有の香りがあるために、 日本酒を杉で作った樽に貯蔵する事で香りづけを行う事もあります。

下の画像は、樽(タル)と桶(おけ)を乾燥させているのですがどちらが樽でどちらが桶なのか分かりますか?
材料は、どちらも同じ杉材です。

樽

桶

違いは、板が柾目を利用しているか、板目を利用しているかの違いです。
正解は、上の画像が樽で下の画像が桶です。

樽は、板目板で作られます。
水分を含むと膨張し、水分が染み出したり、蒸発しにくい特徴があります。主にお酒や醤油の貯蔵樽など常に水分がある箇所に使われます。
杉材を酒樽に使用するのは、スギの香り付け効果もあってのことです。

桶は、柾目板で作られます。
風呂桶、手桶、すし桶などに使われます。水分を適度に吸い込み、水分の出いりが頻繁な箇所に使用します。
柾目は、水分に対する寸法安定性は板目よりも高いからです。

桶と樽、板目よ柾目共に理由があって使われているんですね。

また、最近では住宅部材に使用する際に「スギ花粉症だから嫌だ」とおっしゃる方もいらっしゃるようですが、木材から花粉は出てきませんので安心してご採用ください。逆にスギ花粉を減らすためにもたくさんスギ材を使っていただければと思います。

スギ(杉)

  • 学名:Cryptomeria Japonica
  • 別名:
  • 分類:スギ科スギ属
  • 原産・分布:北海道南部以南の日本全土
  • 用途:建築構造材、内装材、樽、桶、工芸品

木魂の無垢フローリング 樹種カテゴリ別ページ

無垢フローリング専門店木魂
店舗名
無垢フローリング専門店木魂
運営
株式会社五感
住所
東京都江東区新木場1-6-13 木のくに屋ビル4F
URL
https://www.muku-flooring.jp/
TEL
03-3522-4169
FAX
03-3522-4170
E-mail
kodama@muku-flooring.jp
店舗営業時間

月曜-日曜: 9:00am - 6:00pm
水曜定休

本サイトをご利用にあたって:本サイトに記載されているコンテンツの文章、写真等は著作権により保護されています。ダウンロード可能なフォーマットやレイアウトにつきましても一切の二次使用を禁止いたします。特にダウンロード可能なコンテンツにつきましてはいかなる場合においても商用の再編集は認められません。本サイトよりなんらかの形で引用が必要な場合はご一報ください。画像を無断使用された場合は、利用料を請求させていただきます。