無垢フローリング専門店 木魂の無垢材・木材・床材・専門用語集

TEL:03-3522-4169

受付時間 9:00-18:00[水曜定休]

用語集

針葉樹杉 スギ(スギ科)

ヒノキと並んで、日本の代表的な樹木です。その木材も幅広い人気があり、最も多く使われているものの一つです。スギとヒノキを比べると、スギは大衆的であると同時に銘木も多く、それだけに一般の人々によく知られ、親しまれてきました。

登呂(静岡県)の遺跡には田の畦道に、大きなスギの板が無数に使われています。
道具も十分にない時代には、このような板は丸太を縦に割ってつくられました。

スギ材は木理が通直なため、割りやすい木の代表です。
この割りやすい性質があるために、昔から生活に必要ないろいろな器具や道具が、スギでつくられてきました。

天然のスギは、かつては青森県南部から本州一円、さらに四国、九州の屋久島まで分布していました。
少なくはなりましたが、今でも秋田、立山(富山県)、芦聾(京都府)、愛鷹山(静岡県)、魚梁瀬(高知県)、屋久島などが天然分布の地域として知られています。

他方、造林のスギは北海道南部以南の各地にあります。
少し都会を離れるとスギ林はどこででも見られます。
木材は、軽軟ないしやや軽軟、平均気乾比重は0.38です。

このことが加工する際の大きな利点です。心材(赤色~赤褐色)と辺材(白色)の色ははっきりと違っていて、年輪も明瞭で、肌日は粗です。
スギには、一般住宅の建築、家具、桶、樽、電柱、割り箸(板などを取った残り)、折り箱、建具などの材料として広い用途があります。近年は合板や集成材としての利用も拡大しています。高級家具、天井板など装飾用に使われる高齢の天然スギはたいへん高価です。また樹皮を剥いだ丸太を砂で磨いた磨き丸太は床柱に使われます。

スギ(杉)について

木魂の無垢フローリング 樹種カテゴリ別ページ

©株式会社五感 All Rights Reserved.

無垢フローリング専門店木魂
運営
株式会社 五感
住所
東京都江東区新木場1-6-13 木のくに屋ビル4F
TEL
03-3522-4169
FAX
03-3522-4170
E-mail
kodama@muku-flooring.jp
定休日
毎週水曜
受付時間
9時~18時※ショールームゆらぎでのお客様面談時間はこの限りではございません。
無垢フローリングのお問合せ
無垢フローリングショールームゆらぎ詳細・ご予約

本サイトをご利用にあたって:本サイトに記載されているコンテンツの文章、写真等は著作権により保護されています。ダウンロード可能なフォーマットやレイアウトにつきましても一切の二次使用を禁止いたします。特にダウンロード可能なコンテンツにつきましてはいかなる場合においても商用の再編集は認められません。本サイトよりなんらかの形で引用が必要な場合はご一報ください。画像を無断使用された場合は、利用料を請求させていただきます。