無垢フローリング専門店 木魂の無垢材・木材・床材・専門用語集

用語集

針葉樹 オウシュウトウヒ(マツ科)

近年、フィンランド、スウェーデン、オーストリア、ドイツなどからホワイトウッドと称されて大量に集成材、製材、製材用原木の形で輸入されるようになりました。 2000年の輸入量は米材を抜いて一位です。ホワイトウッド=オウシユウトウヒ(Picea abies)とするのは日本に限られたことのようです。

英語圏でWhitewoodと呼ばれている木は20種近くありますが、オウシュウトウヒは見当たりません。
逆にオウシュウアカマツ(Pinus sylvestris)がその一つです。Whitewoodでもっともポピュラーなのはユリノキ (Yellow-poplar、Liriodendrontulipifera)です。

ホワイトウッドは商業名で、一般名はオウシュウトウヒです。 これらの製材や構造用集成材(グルーラム)は1993年の北米製材市況の高騰をきっかけに 北欧ならびにオーストリア、ドイツから輸入されるようになりました。スウェーデン、フィンランドにおける1998年の製材生産量はあわせて2600万?余で、
日本への輸出量は75万?余でした。このうちの2割強が構造用集成材です。

オウシュウトウヒはヨーロッパ中部から北部の森林の主要樹種で、植栽もされています。
有名なクレモナの古ヴァイオリン名器はルーマニア産のオウシュウトウヒで作られました。

古ヴァイオリン名器は希少価値もあって、1台数億円の高値で取引されています。
その古ヴァイオリン名器の価値はわずか数10グラムの表板にあるといわれています。

他方では集成材の柱となって、1?数万円で輸入され、スギの製材を圧迫しています。
しかし、耐朽性が5段階評価で最低なので、湿気のある場所で使うことは厳禁です。

木魂の無垢フローリング 樹種カテゴリ別ページ

©株式会社五感 All Rights Reserved.

無垢フローリング専門店木魂
運営
株式会社 五感
住所
東京都江東区新木場1-6-13 木のくに屋ビル4F
TEL
03-3522-4169
FAX
03-3522-4170
E-mail
kodama@muku-flooring.jp
定休日
毎週水曜
受付時間
9時~18時※ショールームゆらぎでのお客様面談時間はこの限りではございません。
無垢フローリングのお問合せ
無垢フローリングショールームゆらぎ詳細・ご予約

本サイトをご利用にあたって:本サイトに記載されているコンテンツの文章、写真等は著作権により保護されています。ダウンロード可能なフォーマットやレイアウトにつきましても一切の二次使用を禁止いたします。特にダウンロード可能なコンテンツにつきましてはいかなる場合においても商用の再編集は認められません。本サイトよりなんらかの形で引用が必要な場合はご一報ください。画像を無断使用された場合は、利用料を請求させていただきます。