無垢フローリング専門店 木魂の無垢材・木材・床材・専門用語集

TEL:03-3522-4169

受付時間 9:00-18:00[水曜定休]

用語集

広葉樹(こうようじゅ)クリ、栗(ブナ科)

北海道南部、本州、四国、九州に分布します。福島県、宮城県、岩手県、島根県などに蓄積が多いとされています。食用にするクリを採取するために植栽されています。甘栗は中国原産で、シナグリ(C.mollissima)から採取されたもので す。クリの名前から食用になるクリの果実のみを想像するかもしれませんが、木材も忘れてはなりません。今でもクリの多く生育している地方で、ほとんどの柱がクリでできている建物をみることがあります。このようなものは建築材料とし ての優秀性を示すよい例です。
木材
年輪の内側の部分(早材部)に大きな道管が帯状に配列して、環状になっている(環孔材)ので、年輪界がはっきりと しています。クリの道管は日本の広葉樹のなかではもっとも大きい部類に入ります。 このため、肌目の粗い木材となっています。心材は褐色、辺材はやや褐色を帯びた灰白色で、両者の差ははっきりとし ています。気乾比重は0.44~0.60(平均値)~0.78で重硬な木材といえます。心材の保存性は極めて高く、日本産材中で は最高といえるでしょう。したがってよく水湿に耐えます。上述のように重硬で、強く、しかも保存性が高いことから、建築に用いると非常に丈夫なものが出来ることになります。このことは昔からよく知られており、家を建てる際には最小限でも、建物の土台にはクリが用いられてきました。最近では、このような例は少なくなりました。切削などの加工が難しく、表面の仕上がりは中庸です。

クリ・ブナ科クリ属について

木魂の無垢フローリング 樹種カテゴリ別ページ

©株式会社五感 All Rights Reserved.

無垢フローリング専門店木魂
運営
株式会社 五感
住所
東京都江東区新木場1-6-13 木のくに屋ビル4F
TEL
03-3522-4169
FAX
03-3522-4170
E-mail
kodama@muku-flooring.jp
定休日
毎週水曜
受付時間
9時~18時※ショールームゆらぎでのお客様面談時間はこの限りではございません。
無垢フローリングのお問合せ
無垢フローリングショールームゆらぎ詳細・ご予約

本サイトをご利用にあたって:本サイトに記載されているコンテンツの文章、写真等は著作権により保護されています。ダウンロード可能なフォーマットやレイアウトにつきましても一切の二次使用を禁止いたします。特にダウンロード可能なコンテンツにつきましてはいかなる場合においても商用の再編集は認められません。本サイトよりなんらかの形で引用が必要な場合はご一報ください。画像を無断使用された場合は、利用料を請求させていただきます。