伊予杉無垢フローリング [木魂] 木材コンシェルジュが厳選した伊予杉無垢フローリング

ホームに戻る 商品検索 無垢フローリング 樹種一覧 無垢フローリング専門店[木魂]について お客様の声 ご利用ガイド よくいただくご質問 無垢フローリング の購入をお考えの方へ 無垢フローリングのショールーム「ゆらぎ」のご案内

伊予杉

商品一覧
床暖房対応
幅広
比較表
框
施工例
印刷

無垢フローリング 伊予杉

イメージを拡大

「木魂」の杉フローリングは、四国山脈の切り立った山々で育った60年生以上の木目が詰まっている良質な原木を厳選した伊予杉無垢フローリングです。

伊予杉フローリングは適度な柔らかさで足にも負担が
かかりにくく、肌触りは暖かく感じられます。

その表情は、流行に左右されない穏やかで誰もが1度は
見たことのあるような落ち着いたイメージの住空間を演出します。


※床暖房対応商品は低温水式床暖房システムメーカーのテストデータに基づきます。
(システムについては当社までお問い合わせください。 TEL:03-3522-4169)


ご要望に合わせてお選び下さい ※こちらの製品は、カットサンプルワイドサンプルをご用意しております。
この樹種の全タイプを見る   特徴を比較する   框
施工例を見る
この樹種の最新施工事例はこちら

無垢フローリングを採用されたお客様の声


伊予杉

空間の紹介

日本中でどこにでも見られる杉ですが、なかなかフローリング材としての良材が見つかりませんでした。

杉の三大名産地は、秋田、吉野、魚梁瀬とされてきました。 もちろんどこの材料も最高級です。古来より、秋田は天井板、吉野は造作材、魚梁瀬は酒樽にと 用途はそれぞれに得意分野がありました。

どれとも本当に素晴らしい材料ですが、フローリングとしてはまた少し違った方面から見る事も必要です。

杉フローリングを製造するには、もちろん良材の丸太は必要ですが、フローリング製造に最適な製材、乾燥、加工それぞれが整っていなければいけません。それぞれが揃って三大名産地にも引けを取らない伊予杉フローリングが出来上がります。

初めのうちは傷が付きやすい伊予杉フローリングです。傷は凹みです。ほとんどの木がそうですが、冬目と夏目と言われる部分があります。冬目は堅く、夏目は柔らかいとされています 。

夏目部分は冬目部分より凹みが激しくなります。この凹みはある程度のところまでくると止まります。木は圧縮され表面硬度が増すと言うことです。

フカフカのお布団が、圧縮袋に入れて圧縮すると硬くなります。このような現象が、伊予杉フローリングの表面で起こっていると言う事です。また、表面硬度が増すと共に艶も出てきます。

どんどん使いこんで育てていく、共に生活していくと言う考え方が自然素材を使うに当たっては必要不可欠なことです。


伊予杉について


無垢フローリング 伊予杉について

杉は全国的に分布しており国産材では最も流通している樹種と言えます。 その多くの杉材の中でも「木魂」では徳島県産材にこだわっています。四国山脈の切り立った山々で厳しく育った杉材は非常に木目が詰まった良材で、60年生以上の伊予杉は赤味も多く、良材が産出されることで名を馳せています。

他の樹種に比べ、凹みや傷はつきやすいが、その分柔らかく、暖かいという特性があります。
その特徴から、日本全国の教育施設や老健施設にも多く使われております。

日本中のどこにでもある樹種ではありますが、
杉フローリング 材の製造にあたっては、製材、乾燥、加工のそれぞれを別工場で行っているところが多く、一貫した製造工程にこだわりを持った工場は全国的にもさほど多くないというのが店主の率直な感想です。

木魂〜KODAMA〜では、60年生以上の原木からフローリングまでを一貫した製造工程にこだわりを持ち、想いのこもった 杉フローリングを全国のお施主様に提案していきたいと考えております。

 

伊予杉 無垢フローリング材 視察画像1 伊予杉 無垢フローリング画像1 伊予杉 無垢フローリング画像3
伊予杉 無垢フローリング材 視察画像2 伊予杉 無垢フローリング画像2 伊予杉 無垢フローリング画像4

↓商品写真をクリックしていただくと、詳細情報をご確認いただけます。
御見積、サンプル請求もご利用下さい。


▼無塗装 無垢フローリング 伊予杉(1枚物・節有・無塗装)
サンプル請求・見積請求はこちら


▼ウレタン 無垢フローリング 伊予杉(1枚物・節有・ウレタン)
サンプル請求・見積請求はこちら


▼自然OIL&WAX 無垢フローリング 伊予杉(1枚物・節有・自然OIL&WAX)
サンプル請求・見積請求はこちら


伊予杉 無垢フローリングの施工例


無垢の床の家 伊予杉
伊予杉
木材コンシェルジュより
お家の中は伊予杉フローリングの優しい香りに包まれていました。また、優しい足触りは杉の真骨頂です。

日本には、たくさんの杉フローリングがございますが、私が伊予杉フローリングを選ぶ理由は何点かございます。もちろん、他の商品とは違う良いところが有るからこそお勧めするのです。

タモ巾接集成のテーブル板もご購入いただきました。
1枚板のようにも見えるタモテーブル板です。

2009年03月28日

今野孝 様 今野孝様のお声

ありがとうございます。 喜んでいただいてとてもうれしく思います。 先日、伺いさせていただいた時も早速、ご家族でOILを塗装をして頂いているのを見て 本当に可愛がっていただけるご家族に使っていただけるんだなぁと思いました。
テーブル板もバッチリ合ってますね! 木目が綺麗に繋がっている物で良かったです! テーブルもOIL塗装を施していただいてうれしい限りです!
必ず、何十年か後にはメンテナンスの差が出てくるはずです。 これからも少しばかり手間を掛けていただいて、どんどん今野さま色にしてください。 この度は、ありがとうございました。

小林 様
伊予杉 無垢フローリング 施工例(IS-01)
施工例の品 IS-01
木材コンシェルジュより
3階ロフト部分に、伊予杉フローリングをご採用いただきました。 大工さんが選り分けていただいているのが直ぐにわかりました。 とても無垢フローリング施工になれている大工さんなんでしょう。

伊予杉フローリングには、小林さまご自信で蜜蝋WAXを塗布されました。

最近、引き合いが増えてきた伊予杉フローリングのよさがしみじみ分りました。 初めのうちは柔らかさが気になることもありますが、節有材は特に傷は目立ちません。

子供が走り回る幼稚園とか小学校にはもってこいですね。 公共施設となると表面にウレタン塗装が施されることもありますが、 それでは木の持つ暖かさや優しさが失われてしまいます。
光りを表面の凹凸で乱反射してくれる蜜蝋WAX塗装は大正解ですね。 なんだかこもれる場所があるっていいもんだなぁと思います。

小林さま邸は、1階に南部本栗フローリング、2階に木曽桧フローリング、 3階に伊予杉フローリングと全て国産材をお選びいただきました。

木材は、成長の過程で光合成を繰り返しCO2(二酸化炭素)を吸収し、O2(酸素)を排出し、 燃やさない限りC(炭素)を貯蔵し続けるため、地球温暖化防止に貢献する自然素材 として有効な活用が求められています。

木材製品購入・利用を通じた環境への貢献度を明確にすることにより 木材製品の利用拡大を図り、地球温暖化防止や森林の適正な管理につながればと思います。
今回ご紹介させていただきました小林さま邸のフローリングが貯蔵しているC値(炭素)は 南部本栗フローリングが588kg、 木曽桧フローリングが515kg、 伊予杉フローリングが239kg となり、床仕上げ材だけでも合計1341kgの炭素の貯蔵庫としての役割があります。 この事は、地球温暖化防止にも一役買っている事になります。 参考に、ほぼ杉を使った家(140m2)では10tもの炭素をストックしてくれるそうです。
※構造材や枠材などのその他の木材の数量や大きさが分れば計算できます。

自然素材や無垢材などが住宅環境に良い影響を及ぼすことは広がりつつあります。 これからは、木材の利用が世界環境に及ぼす影響を少しづつ広げていければと思います。 小林さまご協力頂き本当にありがとうございました。 これからもどうぞよろしくお願い致します。


上記3例 伊予杉 無垢フローリング IS-01



ご要望に合わせてお選び下さい ※こちらの製品は、カットサンプルワイドサンプルをご用意しております。
この樹種の全タイプを見る   特徴を比較する   框
施工例を見る
この樹種の最新施工事例はこちら

無垢フローリングを採用されたお客様の声


無垢フローリング ショールーム「ゆらぎ」
無垢フローリング 木魂TOPへ