北海道釧路市の製材所に珍しい無垢フローリングを見に行ってきました。

珍しい無垢フローリング

北海道釧路市に珍しい無垢フローリングがあるという情報をいただき行ってきました。釧路市には初めて行くのでどんな木材に出会えるのかとてもワクワクしております。北海道には、杉や桧はほとんどなくマツ類がたくさん植林されているとは聞いていましたが、本当に様々なマツ類を見ることができました。

北海道唐松
北海道唐松
北海道唐松カラマツ
北海道唐松カラマツ

唐松(カラマツ)は、ねじれて育つので建築用材には不向きだと思っていたのですが、60年生以上だとかなり落ち着いた木材になるそうです。今でも、丸の内など東京の大都会の工事で地下を掘り返すと唐松(カラマツ)の丸太が綺麗に抜ける場面に出会うことがあります。唐松(カラマツ)は、よく油分が多く腐れにくいと言われています。テレピン油などともいわれていますが、私はどうも木の油という表現が今も昔も好きではありません。でも、一般的には木の油ですよね…

 

トドマツ輪生節
トドマツ輪生節
トドマツ輪生節
トドマツ輪生節

北海道で最も蓄積の多いトドマツです。東京近辺でトドマツと近似な建築材料でしたらホワイトウッドが身近な樹種になるかと思います。節に特徴があり輪生節や輪生枝と言われ同じ高さに6本くらい枝を張ります。木製パレットにもよく使われることがあります。

 

ストローブマツ
ストローブマツ
ストローブマツ
ストローブマツ

綺麗にブルーステインが入っていそうな丸太ですね… ストローブマツというそうです。初めて聞きました。建築材料としてはあまり使われることが無いので初見なのかな?ただ、勉強不足なだけでしょうかね?こちらはトドマツと同じ様な輪生節や輪生枝ですが、本数が違って5本前後ですね。エゾマツやトドマツよりも北海道で適応しているようですが、木材としてみたときにエゾマツやトドマツよりも強度性能や腐朽性能が劣ることからパレット材に使われるそうです。

 

珍しい無垢フローリング
珍しい無垢フローリング

こちらが珍しい無垢フローリングの一つです。何の木だかわかりますかね?私は、教えていただくまで分かりませんでした。見た感じからあまり丈夫なイメージの木では無いですね。ただ表情が素晴らしいです。腐朽菌が入り込んでいるようですが、意味を分かって使うのであればこれはこれで見ていて飽きない無垢フローリングだと思います。

アメリカに木材の視察と剣道場のニーズ調査に行ってきました

2022年米国
2022年米国

令和4年度木材製品輸出拡大実行戦略推進事業の一環として農林水産省と経済産業省から支援を受け、アメリカのシカゴ、ラスベガス、ロサンゼルスに木材の視察と剣道場床の普及に行ってまいりました。

今回は、木材も剣道場床も剣道関係者の方々に大変お世話になりました。

シカゴでは、現地剣友会CHOYOKAN KENDO DOJOさまで現状の剣道稽古環境調査とニーズアンケートを実施。CHOYOKAN KENDO DOJOさまでは稽古にも参加させてただき、現在の剣道場床事情を実際に体感させていただきました。その後、現地の材木屋さんと工具屋さんx2件、THE HOME DEPO(ザ・ホームデポ)を見学。大変恐縮ではございますが、こちらではシカゴ在住の先輩剣士の方に全てご案内いただきました。

ラスベガスでは、全米剣道連盟のサマーキャンプにミニチュアの剣道場床を持ち込んで感応調査アンケートを行いました。2年ほどコロナで中止となっていたこともあり、今回は300人もの参加者で大盛況でした。まだ集計が終わっていませんが、全米剣道連盟の先生方の協力を得て、半数くらいの剣士にはアンケートにお答えいただけたのではないかと思います。また、サマーキャンプ中だけでも実際に剣道場床を検討されていると相談を受けたのはおおよそ10件ありました。なんと、とある州の名誉領事さんも剣道の修行に励んでおられ「私の州に剣道場を作りに来てくれるのか?」とも相談をお受け致しました。

ロサンゼルスでは、日本総領事館、JETROに訪問し日本産木材の可能性について熱くお話しさせていただきました。領事さんが農林水産省の方でしたので今回の取り組みについてスムーズにお話しすることができました。その後、リトル東京のTerasaki Budokanを見学。現地の剣友会・Long Beach Kendo Dojoでも道場視察とアンケート調査にご協力いただきました。Long Beach Kendo Dojoでは、稽古にも参加させていただきアメリカの剣道道場床事情を実際に体感することができました。

3都市全てにおいて在米剣士の方々にご協力いただき、想定よりもはるかにスムーズな調査と普及活動となりました。全米剣道連盟の先生方には大変感謝いたします。
また、日本からも後方支援いただいたたくさんの先生方にも御礼申し上げます。どこに行っても「○○先生から聞いてるよ!」「なんでも遠慮なく言ってよ!」と駆け寄ってきていただけました。とっても心強かったです!ありがとうございました。

今後、私たちはアメリカでも日本産木材を使用した日本式の剣道場床の普及に努めます。来年、再来年はアメリカを中心に活動し、その後はヨーロッパに普及活動に行こうと思っております。世界中の剣士の皆さま、今後ともどうぞご支援いただきますようお願い申し上げます。

 

そして、今までは木材を輸入することが多かった日本ですが、政府は輸出にも力を注いでいくようです。国産木材を扱う木材業者にとっては大きなチャンスだと思います。日本国内では、国産木材関係の新しいビジネスモデルがいくつも立ち上がりますが、ふたを開けると中間流通を省いての安売り合戦だったり、いつの間にか異業種になっていたりしていることが多いのが現実です。
山に利益を還元しようとすると木材を見極め、価値を見出し、適正価格で木材を販売する。これはいつの時代でも不変だと思います。どこかに無理が掛かるような販売方法は続きません。しかし、これが非常に面倒くさくて難しいのです。

日々、あまり気にも留めていないかもしれませんが、山が荒れると川の水もどんどん汚れていきます。美味しいお水が飲めなくなります。なるべく山を更新させて綺麗な川で遊べる日々を過ごしたいものです。そのためにも自分自身で山に出向いて現状を知り、国産木材の活用がいかに日本にとって有効なのか、少しでも川下に伝える役割ができればと思っております。
だからと言って私は国産材ばかりを勧める訳ではございません。それはこの問題が世界中どこに行っても同じだからです。要は適切な植林と伐採を繰り返すことが重要なんだと思います。
木と人間とでは、時間の進み具合が少し異なります。ほとんどの場合、人間は自分達より先輩にあたる樹木を伐採し木材にして活用します。その場でじっと何十年も何百年も成長してきた樹木を使わせてもらっている方なんです。世界中どこの木でもありがたく使わせていただかなくてはいけません。そう考えると紙や木材の見方や扱いが今までと少し変わってくるかもしれませんね。

 

 

ちなみにアメリカの街中では9割以上の人がマスクを着けておりませんでした。剣道のサマーキャンプやそれぞれの稽古時には、連盟の指示に従ってマスクなどを装着していました。街中では、本当にマスクをつけていたら目立ちます。テレビでもCOVID-19の感染者数などのニュースは見ることがありませんでした。具合が悪かったら家で寝てるのかな?日本とアメリカの違いはあからさまでした。

雁行タイプフローリングの由縁

雁行タイプや雁行型など、建築用語でたまに聞いてはいました。しかし、実際に雁が飛んでいるのを見たことは無く、少しイメージし難かったのですがなるほど合点がいきました。

先日、たまたまくりこま高原駅のホームで雁行を初めて見ました。 鳥類には非常に疎く、何という鳥なのか分かりませんがきっと雁だと思います。

灰色雁ハイイロガン

くりこま高原駅近隣道路沿いの田んぼに降り立つのですが、警戒心が非常に強く近づこうとするとすぐに飛び立ってしまいます。なかなか間近で撮影させてくれることはありませんでした。雁を撮影するには、かなり望遠タイプのカメラが必要になりますね。

日本に飛来する雁の約8割が宮城県で越冬するそうです。くりこま高原駅から 伊豆沼、内沼方面に向かって飛んでいました。ものすごい数の雁の群れです。次から次へと雁の群れが雁行をなして飛ぶ姿は本当にきれいな風景でした。以下の動画は、くりこま高原駅のホームから見た雁行です。すごい鳴き声ですね。始めて見たので圧倒されました。

 

建築用語でも雁行を耳にすることがあります。雁行タイプのフローリングや雁行タイプのマンションなどです。
雁行タイプのフローリングは、施工性に優れ、フローリング同士のつなぎ目が目立ち難く、貼り上りが美しいとされています。

雁行タイプのフローリング
雁行タイプのフローリング

 

こちらの画像は、雁行型マンションの一例です。雁行型のマンションは、陽当たりや通気性に優れると言われています。

雁行型マンションの例
雁行型マンションの例

 

雁行タイプのフローリングの特徴は、幅に対して複数枚のフローリングをつなぎ合わせた形状になっているところです。複数枚がつながっていることで貼り付け作業が早く施工性が上がります。また、フローリング両端が規則的にずれていますので貼り上りのつなぎ部分が分かり難く美しく仕上がります。
雁行タイプのフローリングは、無垢フローリングではなく複合合板フローリングで製造されることがほとんどです。さらには、マンション用遮音等級L45直貼り複合合板フローリングとして販売されることが多いようです。当社では、雁行タイプのフローリングは販売しておりませんが、マンション用遮音等級L45フローリングは、L45木魂防音無垢無垢フローリングL45挽き板合板フローリングサウンドプルーフ2の3つの工法からお選びいただくことが可能です。

雁行タイプのフローリングを施工する手順としては少しコツが必要です。と言っても貼りはじめだけ気を付ければ、後は最後の1列までは同じ作業の繰り返しです。貼り始めの列の雁行フローリングの長さを決めてどんどん貼っていきます。最後の1列は、貼り終いに合わせて幅をカットします。雁行フローリングは、見た目から施工が難しそうに思いがちですが、他のフローリングと比べても施工性は悪くなく、どちらかと言うと良い方になります。

雁行タイプのフローリングを貼る手順
雁行タイプのフローリングを貼る手順

 

 

実際に雁が隊列を組んで飛ぶ姿を見て、初めて雁行タイプのフローリングや雁行型のマンションの意味が良くわかりました。まさに百聞は一見に如かずです。雁が飛ぶ姿はとても美しい光景でした。

 

南部本栗フローリングの原木

南部本栗無垢フローリングの原木です。国産の栗の原木は、今のところ潤沢にあり集材に困ることはありません。家の土台や鉄道の枕木など栗(クリ)フローリングの他にも用途はたくさんございます。当社でも国産栗フローリングは75mm巾の狭いUNIタイプから150mm巾の乱尺タイプまで様々なグレードをご用意いたしております。こちらでも巨大な丸太は名古屋城の再建築工事に持っていくとのことでした。

南部本栗フローリングの原木
南部本栗フローリングの原木

 

南部本栗フローリングの原木
南部本栗フローリングの原木

 

南部本栗フローリングの原木
南部本栗フローリングの原木

 

これにて東北視察終了です。たくさん産地の方々とお話ができてよかったです。これからもどんどん国産無垢フローリングを提案しようと思います。

大きな松丸太

大きな丸太です。松丸太と言っても赤松と黒松があります。
黒松は最近では本州ではめったに見かけることがありませんね。赤松も名古屋城の建て替え計画から、赤松の巨木は名古屋近辺に集中しています。しばらくの間は大系松丸太は用立てることが難しいかもしれませんね。一般住宅に使う程度の松丸太は今のところは潤沢にあります。

赤松の丸太
赤松の丸太

 

黒松の丸太
黒松の丸太

 

黒松の丸太
黒松の丸太

「こんなに大きな丸太どこの何に使うんだろう?」と思うような松丸太がどんどん出荷されていきます。名古屋城は、こんな大きな丸太を使って再建されていくんだと思うととても楽しみです。当初、2020年東京オリンピックまでに再建されると聞いていたような気もしますが、気長に待ちたいと思います。私が生きているうちに再建されるのかな?この手の木の樹齢は200年以上でしょうからじっくり検討し素晴らしい名古屋城を再建していただきたいものです。

 

赤松無垢フローリングの原板
赤松無垢フローリングの原板

こちらは国産赤松無垢フローリングの原板です。しっかり天然乾燥させた後に、人工乾燥機に入れてフローリング加工を施します。