無垢フローリングの経年変化について

無垢フローリングの原料となる木材は植物細胞で構成されています。製品では細胞は生体としての活動はしておりませんが、細胞の主成分であるセルロース・ヘミセルロース・リグニンや副生物であるさまざまな化合物(樹脂や色素など)・無機質の物理化学的性質から室内環境と時間経過に伴う変化が生じます。経年変化の主なものは3つ挙げられます。

1.反り・目地の透き・突き上げ
2.割れ
3.色の変化

 

1.反り・目地の透き・突き上げ
木材は、空気中の水分を吸収したり放出したりする性質を持っています。木材を内装に使用すると、この性質により室内の乾湿を緩和することができます。木材の細胞壁は水分を吸収すると膨張し、放出すると収縮します。このため、室内の湿度状況によっては、伸縮も大きくなり、反り・目地の透き・突上げなどがおきる場合があります。

 

2.割れ
フローリングが水分を含み、その後乾燥した環境にさらされると、一枚の材の内部で異常収縮が発生します。これにより材に割れ目(クラック)が入る場合があります。また、日光の直射をはじめとする様々な室内環境要因により、これと同様の現象が生じる場合があります。

 

3.色の変化
木材は、時間の経過とともに紫外線などの作用によって色が変化していきます。細胞の主成分のうちセルロースとヘミセルロースに色はなく(白色)、リグニンや副主成分が色を決めています。このリグニンや副成分は光りや化学反応によって変化するため、色の経年変化が生じます。この色の経年変化は様々な室内環境要因により、大きな差が見られ、使用状況によっては、リグニン及び副成分の急激な化学変化により灰白色の「脱色状態」に移行してしまう場合があります。このように木質フローリングにおいて、上に述べたような経年変化は自然現象として避けては通れないものであり、お客様にはその点に十分ご理解頂きますようにお願い申し上げます。風合いと生活上支障のない経年変化をゆったり楽しむか、小さな傷を気にしすぎてケミカルな住環境に身を置くかは考え方次第ですね。

その他にも無垢フローリングの経年変化無垢フローリングの経年変色もご案内しております。

3つの経年変化は、サクラブラックチェリークルミウォールナットチークナラオーククリマツパインなどなど、どの樹種に関しましても同じことが言えます。ただし、その経年変化の過程については、樹種によっても違いますし、製材加工方法、使用方法、メンテナンス方法など様々な要因で変化してしまいます。お施主様の生活スタイルに合わせたメンテナンスも考慮しながら無垢材をお選びいただければと思います。

 

 

無垢フローリングを樹種から選ぶ

ブラックウォールナット
サザンブラック
バーガンディーローズ
カントリーバーチ
アンバーメープル
ガルボオーク
栗アンティーク
ビルマチーク
インドネシアチーク
ブラックチェリー、チェリー
国産桜、サクラ
国産欅、ケヤキ
ヒッコリー
国産朴、白朴
シベリアンウォールナット
出羽胡桃、オニグルミ
剣栂、国産栂、地栂、ツガ
ダグラスファー、米松
ラーチ、カラマツ
南部唐松(国産唐松)
南部本栗、国産クリ
どんぐり
アジアンチェスナット
ジャギッドチェスナット
イングリッシュオーク
北海道産ナラ
栗駒楢、国産ナラ
ヨーロピアンアッシュ
北海道産タモ
栓、国産セン
伊予杉、国産スギ
因幡杉、国産スギ
木魂黒松、クロマツ
剣道場国産赤松集成材
美作赤松、アカマツ
侍浜松、アカマツ
テーダ
ノルディックパイン
百々桧、国産ひのき
阿波桧、国産ひのき
木曽桧、国産ひのき
桧柾目、国産ひのき
ザ・ストレートグレイン・ヘムロック
シルキーメープル、イタヤカエデ
国産イタヤカエデ
シベリアンバーチ、カバ
国産あさだ
みちのくぶな、国産ブナ
ロータスビーチ
ジャーマンメープル、シカモア
ウォルナットモカ
クラシカルバーチ
モザイク
なぐり
ヘリンボーン
イージーカントリー
賃貸用無垢フローリング
L45挽き板直貼りフローリング
L45木魂防音無垢フローリング
焼杉板・焼板

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)