無垢フローリングの価格設定方法・お施主様が見るべきポイント

無垢フローリングを検討する際に何を見て比べるべきか?
当然のことながら一番には、
『自分たちが気にいったイメージの無垢フローリング』を選ぶ
という事が最優先として有ります。

やはりその次に気になるのは、価格だと思います。
工務店さんや設計士さんから
おおよその予算を伝えられることでしょう。

例えば、工務店さんや設計士さんから10,000円/㎡以内で
床材を選んで来て下さいと指示されたとします。

そうすると、お施主様は単品で10,000円/㎡以下のものを
探そうとすることが多いのですが、コレ間違えです。

まずは、自分の好みで選ばなくてはいけません。
例えば、いくつもの無垢フローリングの中から
“コレだ!”と思う物を見つけたとします。
その無垢フローリングの価格が15,000円/㎡だったとします。
あぁ予算オーバーかぁ…と諦めそうになりますが
ここはまだ諦めるところではありません。

自分なりに間取り図で格付けします。
格上な場所には一番気に入った無垢フローリングを
格下の場所にはなるべく単価を抑えた無垢フローリングを
採用する事で床材を予算内に収めれる事も多いのです。

例えば、リビングと玄関は一番気に入った物を
寝室やクローゼットには単価を抑えた物を
という感じで選びながら予算内に収める感じです。

この様にお部屋ごとに検討していこうとした場合は、
無垢フローリングの価格がどの様に設定されていくのかを
理解していた方がスムーズな商品選びに役立ちます。

この後に記載する「無垢フローリングの価格設定について」を
ご参照いただきながらご検討いただければと思います。

 

「無垢フローリングの価格設定について」

無垢フローリングは、おおよそどこのメーカーも
5つの条件から価格を設定しています。
①幅の広さ
②節や色むらの有無
③塗装
④UNIまたは1枚物
⑤樹種と産地

それぞれの条件を見ていきましょう。

①幅の広さ:
幅が広い板が必要となると大きな丸太が必要となります。
大きな丸太は樹齢が高く、丸太自体の価格も高価です。
以下の様な製材はほぼしませんがあくまでも一例です…

 

②節や色むらの有無:
節は、木の枝の付け根になります。
木には必ず枝が生えています。
枝の無いところ、節の無いところや
色むらの無いところを選ぶと
希少価値が高くなり高価になります。

当社では、3グレードに分ける事が多いです。
カーム:節や色むらがほぼ入らない
スムース:小さな節や若干の色むらがある
ラフ:節や色むらが入る自然な風ない

例)イングリッシュオークフローリング

カームグレード:節や色むらがほぼ入らない

スムースグレード:小さな節や若干の色むらがある

ラフグレード:節や色むらが入る自然な風ない

 

 

③塗装
無垢フローリングには
自然OIL&WAXや無塗装やウレタン塗装などがございます。
基本的に無塗装でのご利用はお勧めしておりません。
最近では、ガラス塗料SSGの採用も増えてまいりました。
それぞれの塗装でメンテナンス方法が異なるのでご確認ください。

樹種例)シベリアンウォールナットフローリング

・自然OIL&WAX:表面に膜を作らない自然な風合いの仕上り。
ツルツルペタペタせずに足触りもやさしい。

・無塗装:塗装下地とお考えください。

・ウレタン塗装:表面に膜を作る塗装。ピカピカでツルツルしている。
       塗料が剥がれだすと素人では補修ができない。

 

 

④UNIまたは1枚物
長手方向(1820㎜など)にかまぼこ板の様な
短い板を繋ぎ合わせた物をUNIタイプと呼びます。
長手方向につなぎ合わせが無く1枚の板で作った物を1枚物と呼びます。
針葉樹のほとんどが1枚物なのに対し
広葉樹の1枚物は全体の10%以下でしか製造できません。
その理由の一つとして
針葉樹は、人工林がほとんどなので人が木を真っ直ぐ育てています。
広葉樹は、自然更新がほとんどなので木が好きなように育ちます。
真っ直ぐ育った木でないと1枚物は取りにくいということです。

 

 

⑤樹種と産地
最後に樹種名と産地となります。
同じ樹種でもブランド化している地域もあります。
そのような場合は、少し割高になるかもしれません。

 

ウォールナット
ウォールナット

 

 

 

 

カラマツ ラーチ
カラマツ ラーチ

 

 

 

 

メープル
メープル

 

 

 

 

チーク
チーク

 

 

 

 

椈 ブナ
椈 ブナ

 

 

 

 

パイン
パイン

 

 

 

 

栂 ツガ
栂 ツガ

 

 

 

 

松 マツ
松 マツ

 

 

 

 

桧 ヒノキ
桧 ヒノキ

 

 

 

 

杉 スギ
杉 スギ

 

 

 

 

樺 バーチ
樺 バーチ

 

 

 

 

楢 ナラ
楢 ナラ

 

 

 

 

栗 クリ
栗 クリ

 

 

 

 

タモ アッシュ
タモ アッシュ

 

 

 

 

カラマツ ラーチ
カラマツ ラーチ

 

 

 

 

 

以上、5つの条件から無垢フローリングの価格は決まっていきます。
上記の事から●●●(樹種名)は高いや安いだのは絶対に言えません。

ちなみに無垢フローリング専門店木魂で扱う無垢フローリングで
一番価格差がある樹種はヒノキフローリングになります。
㎡価格にすると3,000円台~60,000円台まで
桧フローリングの中でも20倍もの価格差があるというのが現実です。

価格とは他に、木材の性質からご検討いただく場合は
木材性質一覧表をご活用ください。

その他、様々な条件から無垢フローリングを検索する事も可能です。
無垢フローリング・絞り込み条件検索

 

無垢フローリング価格を検索

無垢フローリングを価格別に並べ替えて閲覧する事が可能です。

 

 

全ての樹種から選ぶ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)