北海道産ナラ無垢フローリング DN-34 施工例

北海道産ナラ無垢フローリング DN-34をご採用頂きました。

北海道産ナラ無垢フローリング DN-34
北海道産ナラ無垢フローリング DN-34

 

北海道産ナラ無垢フローリングDN-34
北海道産ナラ無垢フローリング DN-34

 

北海道産ナラ無垢フローリングDN-34
北海道産ナラ無垢フローリング DN-34

 

北海道産ナラ無垢フローリングDN-34
北海道産ナラ無垢フローリング DN-34

 

北海道産ナラ無垢フローリングDN-34
北海道産ナラ無垢フローリング DN-34

 

北海道産ナラ無垢フローリングDN-34
北海道産ナラ無垢フローリング DN-34

 

北海道産ナラ無垢フローリングDN-34
北海道産ナラ無垢フローリング DN-34

 

北海道産ナラ無垢フローリングDN-34
北海道産ナラ無垢フローリング DN-34

 

北海道産ナラ無垢フローリングDN-34
北海道産ナラ無垢フローリング DN-34

 

北海道産ナラ無垢フローリングDN-34

 

設計:株式会社 神成建築計画事務所

・・・・・・・・・・・・・・・・
北海道産ナラフローリング
品番:DN-34
サイズ:1820x120x15mm
節の量:節あり
タイプ:1枚もの
塗装:自然OIL&WAX塗装
価格:お問い合わせください。
・・・・・・・・・・・・・・・
北海道産ナラフローリングDN-34は、
無垢フローリングショールームゆらぎで常設展示しております。

ナラフローリング
北海道産ナラフローリング
北海道産ナラフローリング施工例
北海道産ナラフローリング種類

 

無垢フローリングを樹種から選ぶ

ブラックウォールナット
サザンブラック
バーガンディーローズ
カントリーバーチ
アンバーメープル
ガルボオーク
栗アンティーク
ビルマチーク
インドネシアチーク
ブラックチェリー、チェリー
国産桜、サクラ
国産欅、ケヤキ
ヒッコリー
国産朴、白朴
シベリアンウォールナット
出羽胡桃、オニグルミ
剣栂、国産栂、地栂、ツガ
ダグラスファー、米松
ラーチ、カラマツ
南部唐松(国産唐松)
南部本栗、国産クリ
どんぐり
アジアンチェスナット
ジャギッドチェスナット
イングリッシュオーク
北海道産ナラ
栗駒楢、国産ナラ
ヨーロピアンアッシュ
北海道産タモ
栓、国産セン
伊予杉、国産スギ
因幡杉、国産スギ
木魂黒松、クロマツ
剣道場国産赤松集成材
美作赤松、アカマツ
侍浜松、アカマツ
テーダ
ノルディックパイン
百々桧、国産ひのき
阿波桧、国産ひのき
木曽桧、国産ひのき
桧柾目、国産ひのき
ザ・ストレートグレイン・ヘムロック
シルキーメープル、イタヤカエデ
国産イタヤカエデ
シベリアンバーチ、カバ
国産あさだ
みちのくぶな、国産ブナ
ロータスビーチ
ジャーマンメープル、シカモア
ウォルナットモカ
クラシカルバーチ
モザイク
なぐり
ヘリンボーン
イージーカントリー
賃貸用無垢フローリング
L45挽き板直貼りフローリング
L45木魂防音無垢フローリング
焼杉板・焼板

ナラ(オーク)無垢フローリングの手入れメンテナンス方法

世界中の無垢フローリングで一番多く使われている樹種はナラ(オーク)です。お手入れ方法やメンテナンス方法について説明します。

ナラ(オーク)無垢フローリングは、表面硬度が高く世界中で考えたときに人間が住む近くの森にも生えていることから床材として採用されることが多いです。しかし、そのほとんどの人が靴を履いて生活されるので素足で生活する日本においては、世界で一番人気の無垢フローリングだからナラ(オーク)を選んでおくと間違い無し!と一概にはいかないような気もします。

とは言え、日本においても合板フロアーでも無垢フローリングでもナラ(オーク)材が広葉樹では一番多く作られています。無垢フローリングのお手入れやメンテナンスについて外すことができないナラ無垢フローリングです。

日本に輸入されているナラ(オーク)材は、ホワイトオーク、レッドオーク、ヨーロピアンオーク、イングリッシュオークなどが有名ですね。日本国内でも北海道産ナラ栗駒楢(クリコマナラ)など北海道や東北地方で産出される丸太を使用してフローリングに加工されます。

沢山のお施主様が使用されているナラ無垢フローリングですが、メンテナンスやお手入れに関してはあまりよく知られていないと思います。もちろん土足で使用する海外と素足で使用する日本とではメンテナンス方法も異なります。海外で土足でナラ無垢フローリングを使用する場合は、ライと言って灰汁を塗布して若干白みがかった色にすることが多いようです。日本では、クリアオイルを塗装して経年御変色で飴色になったことを喜ぶ方は多いと思いますが、欧米ではそれほど好まれていないようです。靴についた土が住居内に上がると乾いて白くなるので、クリアオイルだと逆に汚れが目立つからなのかもしれませんね。

さて、日本国内でのナラ無垢フローリングのメンテナンスやお手入れ方法についてです。きっと雑巾での乾拭き、硬く絞った雑巾で拭きあげ、化学モップ、フロアー用のお掃除シートなどが良く使われていると思います。さて、現状のなナラ無垢フローリングのお手入れやメンテナンスに適しているのでしょうか?
いくら表面硬度が高くて凹みや傷が付きにくいと言ってもそこはやはり無垢材です。普通に凹みや傷は付いちゃいますので、水分を含ませて膨らませてからサンドペーパーで研磨して現状と同じ塗装を施すことをお勧めいたします。ただし、造膜型塗料のウレタン塗装の場合は、塗膜をお施主様ご自身で再塗装するのは難しいです。ウレタン塗装の場合は、専門の塗装屋さんにお願いすることにしましょう。

最近、ナラ無垢フローリングの表面仕上げは、無塗装、オイル塗装、ウレタン塗装、ガラス塗装くらいだと思います。ウレタン塗装は、ほぼ合板複合フロアーと同じ仕上げになってしまうのでせっかくの無垢のよさが激減します。当社でも販売総量の5%以下です。そうすると無塗装かオイル塗装かガラス塗装のいずれかになりますので、それぞれのメンテナンスお手入れ方法を説明いたします。

 

無塗装のナラ無垢フローリングのお手入れ、メンテナンス方法
基本的に、室内でナラ無垢フローリングを無塗装で使用することはございませんがたまにあるようです。ほとんどの無塗装のナラ無垢フローリングの表面はサンドペーパーでの表面加工、紙ヤスリのはずです。サンドペーパーの表面加工は、表面を毛羽立たせオイル塗料やウレタン塗料やガラス塗料を絡めるために施す塗装下地になります。塗装下地のまま、人間が生活すると足裏の汚れ、皮脂汚れ、液体をこぼした際にはしっかりと染み込んでしまいます。そもそも液体を染み込む様にサンドペーパーで表面加工をする訳なので汚れも付きやすいですよね。無塗装の色合いが好きなのでしばらく無塗装で過ごされる方もいらっしゃいますが、玄関やキッチン前など人が立つ位置が決まっている箇所は足跡が付きやすいですね。こうなると全面をサンドペーパーで表面加工して何かの塗料を塗布することになりますので厄介です。ナラ無垢フローリングで無塗装の色合いが好みでしたら、最初にホワイトオイルやライトグレーオイルの塗布をご検討いただければと思います。着色なのでまるきり無塗装と同じとはいきませんが、ホワイトオイルとライトグレーオイルはクリアオイルだと際立つ木目を優しく抑えてくれる役割を果たします。お部屋全体が優しい雰囲気に仕上がりますので是非ご検討ください。

参考:無塗装の無垢フローリングのお手入れ、メンテナンス、掃除

 

オイル塗装のナラ無垢フローリングのお手入れ、メンテナンス方法
現状ではナラ無垢フローリングにおいて一番人気の浸透性の塗装仕上げです。汚れが着いたらまずは雑巾で乾拭き。それでもし落ちなければ硬く絞った雑巾で拭いてみる。それでもだめなら#180位のサンドペーパーで表面加工(紙やすり)で削り落としてオイルかワックスを再塗布する。ここでメラミンスポンジは使用しない方が無難です。メラミンスポンジが導管に詰まって更に汚れが増す場合もあるからです。
自然オイルは、浸透性の塗料なので直接木材に触れるので肌触りが良く温かみも感じます。自然系オイル塗装のメンテナンスは蜜蝋ワックスの塗布になります。自然系オイルで下地を整えて蜜蝋ワックスで防水防汚効果を高めていきます。自然系オイルは液体で蜜蝋ワックスはマーガリン上です。人間の化粧で例えると化粧水で下地を整えて乳液で仕上げる感じです。オイルとワックスは名前が違いますので用途も異なります。オイルメーカーはオイルだけで十分。ワックスメーカーはワックスだけで十分と言われますが、よくよく説明書を読んでどの様なお手入れメンテナンス方法が最適なのか検討しましょう。これだけは先にお伝えしておくと、ワックスはマーガリン上なので最初に塗るにはオイルと比べて伸びも悪くムラになりやすい印象を受けます。時間をたくさんかけて作業すればいいのかもしれませんがなかなか難しいと思います。お勧めのメンテナンスお手入れ方法としては、初回はオイル、その後はずっと蜜蝋ワックスのみです。蜜蝋ワックスは、洗面所やキッチンなど水回りは、半年に1回塗布位、その他は2~3年に1度再塗布になります。家具などを避けて塗布する必要はありません。色の差は出ますが、蜜蝋ワックスを塗っても塗らなくても家具の下は明るくなってしまいます。

YouTubeチャンネル 無垢フローリング専門店木魂-KODAMA-では、蜜蝋ワックスでのメンテナンス方法を解説しております。

 蜜蝋ワックスのかんたんな塗り方・無垢フローリング編

蜜蝋ワックス
蜜蝋ワックス

参考・オイル塗装の無垢フローリングのお手入れ、メンテナンス、掃除

 

ウレタン塗装のナラ無垢フローリングのお手入れ、メンテナンス方法
ウレタン塗装を施したナラ無垢フローリングのメンテナンスやお手入れ方法は、化学モップやフロア用のお掃除シートになります。乾拭きでも硬く絞った雑巾でもお掃除が可能です。無垢でも手軽に思えるかもしれません。ウレタン塗装は、一番最初はピカッとしてツルっとして綺麗ですよね。でも、これ一番最初だけなんですよ…ウレタン塗装は日々表面が擦れて曇ってきます。その後、何か鋭利なものを落として傷が付くとそこから剥がれが広がっていきます。使えば使うほど味が出ると思っていた無垢フローリングが、どんどん見すぼらしい感じになって行くのは嫌ですよね。表面のウレタン塗装を施して今度はオイル塗装にしようと思ってもなかなかそうはいきません。住宅用の無垢フローリングのほとんどは、面取り加工が施されています。面取り加工はササクレの防止や隙間が目立たない様につけています。体育館で使用する無垢フローリングは面取りされていません。数年後の研磨を想定して面取りは初めから付けておらず、現場でのウレタン塗装4回塗りを想定しています。研磨しても面取り加工は関係なく現場で再度ウレタン塗装を4回塗ります。住宅用の面取りが着いているナラ無垢フローリングは、研磨を施すと面取りが無くなり隙間が目立ちます。そのようなササクレが起きかねない危険な状態でオイル塗装はできません。再度当初より分厚いウレタン塗装を施すことになります。ウレタン塗装の夏はペタペタ、冬にヒヤッとする感じは想像していた無垢フローリングの生活とかけ離れていると思います。せっかくのナラ無垢フローリングをご検討いただくのであれば塗装からご検討いただければと思います。フロア用のお掃除シートも着塵剤などの薬剤が入っていないものでしたら使用可能です。

無垢フローリングウレタン塗装剥がれ
無垢フローリングウレタン塗装剥がれ 樹種:ブナ

参考・UVウレタン・ウレタン塗装の無垢フローリングのお手入れ、メンテナンス、掃除

 

ガラス塗装のナラ無垢フローリングのお手入れ、メンテナンス方法

オイル塗装と同じ浸透性のガラス塗料のメンテナンスは簡単です。汚れたら雑巾で乾拭き。それでも落ちなければ硬く絞った雑巾で拭きあげる。それでもだめなら中性洗剤が使えます。それでもだめならご自身でサンドペーパーで表面加工してガラス塗装を再塗布できます。ガラス塗装は、名前からしてピカピカと冷たい感じがするかもしれませんが全くそんな感じはしません。触った感じや肌触りはほとんどオイル塗装と同じです。夏はサラッと冬は冷たくはありません。見た目は、若干クリアオイルよりも明るい感じになります。その原因は、クリアオイルが若干黄色いからです。ガラス塗装は無色透明です。ナラ無垢フローリングはあまり違いは出ませんが、シルキーメープルメープルやジャーマンメープル、シベリアンバーチなど明るい樹種ではかなりの色の差が出てきます。オイル塗装とガラス塗装の一番の差は耐久性です。オイル塗装は、基本的には1年に1度蜜蝋ワックスを塗布することを推奨していますが、ガラス塗装は5年毎にガラス塗装の再塗布です。共働きや年配になってお手入れメンテナンスまで手が回らないという方におすすめの塗装になります。

SSGガラス塗料について

無垢フローリングにガラス塗料でメンテナンスを楽に

参考・ガラス系塗料塗装(SSG・木塗MOKUTOなど)の無垢フローリングのお手入れ、メンテナンス、掃除

 

いかがでしたでしょうか?ナラ無垢フローリングのお手入れやメンテナンスと言っても、表面の状況によってそれぞれ対処方法が異なります。ぜひ、現状をしっかりと把握して適したお手入れメンテナンスを心がけていただければと思います。

参考・無垢フローリングのメンテナンスお手入れ方法

 

北海道産ナラ無垢フローリングと同材の框材(カマチ)

北海道産ナラフローリング・品番:DN-40をご採用いただいたお宅に
同材で北海道産ナラの框(カマチ)材をご採用いただきました。

北海道産ナラ上り框かまち
北海道産ナラ上り框かまち
北海道産ナラ上り框かまち
北海道産ナラ上り框かまち

別注の玄関框材の作成を承ります。

マンション用 遮音等級L45対応(ΔLL(Ⅰ)-4 )挽き板直貼りフローリング・オーク

オーク150㎜・塗装品

オークは、適度に硬く重さもあって耐久性の高い良材です。

年輪の境に沿って大きな導管が環状に並んでいるため、
年輪が非常にはっきりとしています。
国産の化粧単板の使用量は過去20年ずっと1位を守り続けています。

立ち木は地中、深くまで根を張り、丈夫でずんぐりとした幹と
すらりとした枝や広大な梢(こずえ)のおかげで
威厳に満ちあふれた姿を示してくれます。

樹齢は500年を軽々と超え、1000年を越すものも存在します。
この様なことから「森のキング」と呼ばれています。

日本でも昔から床材としてはなじみのある樹種なので
フローリングにも家具にも目にすることも多いと思います。

オーク150㎜L45マンション用

L45対応挽き板フローリング:ナラ・オーク150㎜・塗装品
オーク150㎜・塗装品
L45対応挽き板フローリング:ナラ150㎜・無塗装
オーク150㎜・無塗装

 

L45マンション用挽き板防音フローリング
樹種:オーク
サイズ:909x75・90・150x12mm(10mm+2mm)

品番・価格
75㎜巾・梱包入数:44枚(3.00㎡)
無塗装:  BHEO-01・26,900円/ケース(8,961円/㎡)
UV塗装:   BHEO-02・28,400円/ケース(9,480円/㎡)
オイル塗装:BHEO-03・34,700円/ケース(11,556円/㎡)
ガラス塗装:BHEO-04・40,400円/ケース(13,459円/㎡)

90㎜巾・梱包入数:19枚(1.55㎡)
無塗装:  BHEO-05・14,500円/ケース(9,323円/㎡)
UV塗装:  BHEO-06・15,300円/ケース(9,842円/㎡)
オイル塗装:BHEO-07・18,500円/ケース(11,918円/㎡)
ガラス塗装:BHEO-08・21,400円/ケース(13,821円/㎡)

150㎜巾・梱包入数:22枚(3.00㎡)
無塗装:  BHEO-09・32,000円/ケース(10,674円/㎡)
UV塗装:   BHEO-10・33,600円/ケース(11,193円/㎡)
オイル塗装:BHEO-11・39,800円/ケース(13,269円/㎡)
ガラス塗装:BHEO-12・45,500円/ケース(15,172円/㎡)

※上記価格は、税込・送料別になります。
※価格は予告無く変更する場合がございます。

L45マンション用挽き板防音フローリングは、
東京都新木場の無垢フローリングショールームゆらぎ
に常設展示がございます。

 

L45対応のマンション用無垢フローリングをお探しのお客様へ

・踏み心地が良くフカフカしない本物の無垢フローリングなら
木魂防音無垢フローリング

・厚さ12㎜でリフォームにも最適。床暖房対応で無垢床に限りなく近い
挽き板防音フローリング

・実物件データでLL40等級を実現。22㎜のマンション用防音遮音マット
サウンドプルーフ2