波打つ挽き板フローリング

『御社で購入したオーク挽き板フローリングが波打っているので
現場まで見に来てくれませんか?』
とお問合せを頂きました。

挽き板フローリングの基材は合板なので、非常に寸法安定性に優れています。
ほとんど収縮することなどないのですが、お送り頂いた画像を見てビックリしました。
お部屋全体のフローリングが本当に波打っています。

画像をお送りいただければほとんどの原因が解明できるので
最近では現場に行く事はほぼ無いのですが、
ここまで波打っているのは初めて見たので現場に行ってみる事にしました。

波打つL45オーク挽き板フローリング
波打つL45オーク挽き板フローリング

 

梅雨時期の高温多湿状態がこの様にしたのかとも思いましたが
ここまでなると他に原因が有るとしか考えられません。

波打つL45オーク挽き板フローリング
波打つL45オーク挽き板フローリング

 

木質フローリングが施工後に反る要因としては
水分を急激に吸ったとしか考えられません。

ただ、バケツの水をこぼしてしまい、すぐに拭取ったとしても
ここまでなる様なこともありません。

波打つL45オーク挽き板フローリング
波打つL45オーク挽き板フローリング

 

その原因は何なのか???

取り合えずオーク挽き板フローリングの含水率を計測してみると14%でした。
少し高めですが通常範囲内の含水率でした。

そこでお施主様の許可を得て、床材を1枚剥がさせて頂きました。
そこに含水率計を当ててみると…

L45オーク挽き板フローリング
L45オーク挽き板フローリング

 

通常、下地合板の含水率は10 〜 14% 程度ですが、
こちらの現場では33.5%と表示されました。

L45オーク挽き板フローリング
L45オーク挽き板フローリング

床下にはガス温水式の床暖房が設置されていますので
そこからの漏水が原因ではないかと推測されますが、
床全面を剥がし、全面が乾いてからでないと原因は掴めないでしょう。

このフローリングは、釘打ち工法では無く直貼り工法なので
釘を間違えて打って温水パイプに穴を空けるようなこともないと思います。

現場では思いもよらない事が起こるものなんですね。
とても勉強になりました。

マンションには無垢フローリングは使えないの?

最近、よくあるお問い合わせに
「マンションでも無垢フローリングは使えますか?」という質問をいただきます。

マンションには“軽量床衝撃音LL-45をクリアーする床材を使用しないといけない”
という管理組合の決まりがほとんど付いて回ります。

マンションリフォームで使用する床材で1番多いのは直貼りフロアーでしょうか。
直貼りフロアーは裏面にラバー等が付いておりそのものズバリを施工することで
軽量床衝撃音LL-45をクリアーすることができます。
でも無垢フローリングはそのもの自体で軽量床衝撃音LL-45をクリアーする
商品がなかなかございません。
せっかくこだわりのリフォームをお考えの方には残念ですよね(>_<)

マンション用 LL45無垢フローリング専用遮音材
マンション用 LL45無垢フローリング専用遮音材

 

 

サウンドプルーフマンションLL45管理組合規定
マンション用無垢フローリング遮音材

 

 

 

サウンドプルーフマンション無垢フローリング
LL45マンション用無垢フローリング遮音材

 

無垢フローリングを敷きたいけど、「マンションだから無理」と言われたことのあるあなた・・・
もうその時代は終わりました!!
自然素材(無垢フローリング)のマンションリフォームをあきらめていた方に朗報です。
今までマンションの管理組合規定で定められていた防音性能を、
無垢フローリングを使用しても確保できることが証明されました。
床衝撃音レベル簡易試験報告書をご用意しておりますので、必要な方は、ご請求ください。
FAXにて送付いたします。
必ずマンションの管理者にこの報告書を提出し、施工の了承を得てください。
【マンション用L-45防音マット】サウンドプルーフは・・・
マンションでも無垢フローリングを使用して
快適な住空間をご提案させていただく事が可能です。
当【マンション用L-45防音マット】サウンドプルーフは日本総合建築試験場で
無垢フローリングを使用して試験をした結果、JIS(日本工業規格)のL値で
LL:45の性能を証明しました。
マンションに無垢フローリングを採用するにあたり、
各マンション管理組合で定められた防音規定(通常LL:45)を
クリアする事が悩みの種でした。
無垢フローリング自体の遮音はレベルが低く、
単体で各マンション管理組合が定める防音規定をクリアする事は至難の業でした。
マンションの床材は通常階上からの音を低減させるために
合板の防音フロアーを採用する事が多く見られます。
しかし、合板の防音フロアーは歩行感が非常に不自然だと思われている方も
少なくは無いでしょう。
更に今まではマンションだけお施主さんのこだわった
フローリング選びがなかなか難しい状況が続きました。

これからは【マンション用L-45防音マット】サウンドプルーフを使用してマンションでも
お施主様の本当に気に入った無垢フローリングを採用し、
快適な住空間でお過ごしいただけます。

無垢フローリング専門ショールーム「ゆらぎ」には全面下地材に採用しております。
是非、ご来場いただき歩行感をお試しください。

特徴
1. 施工手間の削減・・・レベルの出たスラブ面上に当防音材を敷き詰めるだけ(他の発注業務、運搬業務、それに伴う施工手間は不要)
2. 材料費の削減・・・置き床式なのでボンド不要、下地材も一体化、
3. 施工時間短縮・・・置き床式なので並べて置いてラップ部分をタッカーで止めるだけ。(他の発注業務、運搬業務、それに伴う無駄な時間を削減)
4. 非常に簡単な施工・・・特別な職人さんも必要とすることなくただ敷き詰めるだけ。
5. 公機関のデータ・・・(財)日本総合建築試験場で無垢フローリングを使用して試験をした結果、JIS(日本工業規格)のL値でLL:45の性能を証明しました。
(財)日本総合建築試験場のHP→http://www.gbrc.or.jp/

【マンション用L-45防音マット】サウンドプルーフ
サイズ:915×455×43mm
価 格:3,150円/枚(税込・送料別)
*配送につきましてはマンション1階軒先渡しのみとなります。
L値は推定値。保証値ではありません。
L値は、JIS(日本工業規格)にもとづく方法で実験室で測定したデータから実際の現場での遮音性能を推定したものです。
しかも現場の状態として、標準的な施工が行われた梁区画面積10~15m2のRC版(コンクリート版厚み150mm)を想定しています。
したがって、長大スパンの床版、貫通部をもつ床版あるいは柱、梁、壁などを通じて伝播する音の大きい建物など、条件によってバラツキが大きくなることが考えられます。
「日本防音床材工業会(JAFMA)ホームページ」より抜粋

 

マンションに無垢フローリングが採用できるのか???

マンション用木魂防音無垢フローリング

マンション用直貼り挽き板フローリング

東京,無垢フローリング

全500種類の無垢フローリング
商品データ集をダウンロード(click!)


無垢フローリング施工例一覧(木魂-kodama-)

無垢フローリング施工例専門サイト

無垢フローリング施工例一覧(ブログ)

 

 

全ての樹種から選ぶ