LL45 ブラックチェリー挽き板防音フローリング BHBC-05 ガラス塗装

マンション用LL45対応挽き板直貼り
ブラックチェリーフローリング
※SSG液体ガラス塗装をご採用いただきました。

マンションの管理規約にある遮音等級LL45以上に対応する
L45挽き板直貼りブラックチェリーフローリングです。

挽き板フローリングとは、
床板表面材を厚み2㎜の挽き板を使用した商品になります。

通常、一般的な合板フロアーはプリントした紙や
0.3~0.6mmの突き板を使用しますが、
表面はウレタン同等の塗装を施すことがほとんどで
冬は冷たく夏はベタベタします。

表面板厚が2mmもある挽き板フローリングは、
オイル塗装や液体ガラス塗装にも対応しますので
限りなく無垢材に近い足触りです。

L45挽き板直貼りフローリングは、
一般的なL45合板フロアーと比べ
踏み心地においてもご好評を頂いております。

LL45 ブラックチェリー挽き板防音フローリング BHBC-05 ガラス塗装
LL45 ブラックチェリー挽き板防音フローリング BHBC-05 ガラス塗装
LL45 ブラックチェリー挽き板防音フローリング BHBC-05 ガラス塗装
LL45 ブラックチェリー挽き板防音フローリング BHBC-05 ガラス塗装
ブラックチェリーLL45挽き板防音フローリングBHBC-05ガラス塗装 (3)
LL45 ブラックチェリー挽き板防音フローリング BHBC-05 ガラス塗装
LL45 ブラックチェリー挽き板防音フローリング BHBC-05 ガラス塗装
LL45 ブラックチェリー挽き板防音フローリング BHBC-05 ガラス塗装
LL45 ブラックチェリー挽き板防音フローリング BHBC-05 ガラス塗装
LL45 ブラックチェリー挽き板防音フローリング BHBC-05 ガラス塗装
LL45 ブラックチェリー挽き板防音フローリング BHBC-05 ガラス塗装
LL45 ブラックチェリー挽き板防音フローリング BHBC-05 ガラス塗装
LL45 ブラックチェリー挽き板防音フローリング BHBC-05 ガラス塗装
LL45 ブラックチェリー挽き板防音フローリング BHBC-05 ガラス塗装
LL45 ブラックチェリー挽き板防音フローリング BHBC-05 ガラス塗装
LL45 ブラックチェリー挽き板防音フローリング BHBC-05 ガラス塗装
LL45 ブラックチェリー挽き板防音フローリング BHBC-05 ガラス塗装
LL45 ブラックチェリー挽き板防音フローリング BHBC-05 ガラス塗装
LL45 ブラックチェリー挽き板防音フローリング BHBC-05 ガラス塗装
LL45 ブラックチェリー挽き板防音フローリング BHBC-05 ガラス塗装
LL45 ブラックチェリー挽き板防音フローリング BHBC-05 ガラス塗装
LL45 ブラックチェリー挽き板防音フローリング BHBC-05 ガラス塗装
LL45 ブラックチェリー挽き板防音フローリング BHBC-05 ガラス塗装
LL45 ブラックチェリー挽き板防音フローリング BHBC-05 ガラス塗装
LL45 ブラックチェリー挽き板防音フローリング BHBC-05 ガラス塗装
LL45 ブラックチェリー挽き板防音フローリング BHBC-05 ガラス塗装

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
挽き板直貼りブラックチェリーフローリング
品 番:BHBW-05  ※別注ガラス塗装
サイズ:909x150x12mm
節の量:スムース
タイプ:定尺
塗 装:別注ガラス塗装
価 格:13,761円/平米(税込・送料・ガラス塗装別)

※上記価格には、配送費は含まれておりません。
※価格は予告無く変更する場合がございます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

挽き板直貼りブラックチェリーフローリングは、
無垢フローリングショールームゆらぎで常設展示しております。

 

 

全ての樹種から選ぶ

 

 

どんぐりフローリング・DO-01 をご採用頂きました

 

どんぐりフローリングDO-01 をご採用頂きました。

どんぐりフローリングは、
皆さまよくご存知のどんぐりの実がなる
山陰地方産の椎(しい)の木から
作られる無垢フローリングです。

山陰地方の山奥で時間を掛けてゆっくり育ったどんぐりの木。
非常に硬く重たい性質で、木目はナラに、色あいはクリに似ています。
炭やチップを作るために伐採することが多いのですが、
大径木で木筋の良い物だけはどんぐり無垢フローリングとなります。
国産材の広葉樹では、
数少ない長め(910~1820mm)の無垢フローリング材です。

どんぐりフローリングDO-01
どんぐりフローリング 品番:DO-01
どんぐりフローリング 品番:DO-01
どんぐりフローリング 品番:DO-01
どんぐりフローリング 品番:DO-01
どんぐりフローリング 品番:DO-01
どんぐりフローリング 品番:DO-01

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
どんぐりフローリング
品番:DO-01
サイズ:乱尺x100x15mm
節の量:小節
タイプ:乱尺(910~1820mm)
塗装:自然OIL&WAX
価格:14,048円/平米(税込・送料別)

※上記価格には、配送費は含まれておりません。
※価格は予告無く変更する場合がございます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どんぐりフローリングDO-01は、
無垢フローリングショールームゆらぎで常設展示しております。

 

全ての樹種から選ぶ

 

“むくっ”と無垢フローリングがアイロンで戻ってくる様子

無垢フローリングの凹みは、少しの水とアイロンで修復します。
俯瞰での動画は多いですが、
断面で木材の凹みが戻る様子を写した動画はあまり見ません。

木材の性質もよくわかる動画です。
ぜひ、一度ご覧ください。

 

無垢フローリングにスチームクリーナーは汚れ落としに使えるの?

『無垢フローリングの掃除や汚れ落としに
スチームクリーナーは使えるのでしょうか?』
というご質問をいただきました。

答えとしては
「無垢フローリングの掃除や汚れ落としに
スチームクリーナーは使えます。」
という事になります。

スチームクリーナーは、洗剤は使用せずに高温のスチーム(蒸気)で
しつこい黒ずみや油汚れを浮かび上げ、汚れを落とすことができる
便利な水拭き掃除ツールです。
高温のスチームで頑固な汚れを浮かび上がらせて水拭き掃除します。
最近では、ハンディタイプ、モップタイプ、ワイパータイプなど
さまざまな方式の製品を見かけるようになりました。

以下の画像は、杉集成材フローリングの汚れを
ケルヒャーのスチームクリーナーでお掃除した場面です。

雑巾掛けやモップ掛けだけでは落ちなかった汚れが、
泥の様になって浮かび上がるのがよく分かります。

汚れがある無垢フローリング
無垢フローリングをスチームクリーナーで水拭き洗浄
無垢フローリングをスチームクリーナーで水拭き洗浄
無垢フローリングをスチームクリーナーで水拭き洗浄
無垢フローリングをスチームクリーナーで水拭き洗浄

 

無垢フローリングをスチームクリーナーで水拭き洗浄
無垢フローリングをスチームクリーナーで水拭き洗浄

 

しかし、無垢フローリングにスチームクリーナーを
使用するには色々と条件があります。

基本的に無垢材に水分は大敵です。
木材が水分を吸って膨張したり
湿気を吐いたりすることで無垢材に動きが出て
反りやひび割れなどを起こし、ささくれたりするからです。

さらに濡れた箇所が直射日光にさらされることで
無垢フローリングに急激な動きが出て
反ったり割れたりして床鳴りがすることがあります。

このようなことから水拭きは避けるように指示されている
ことが多いですが実際の生活を考えると、
子供が食べ物や飲み物をこぼして、乾拭きから水拭きするなどは
容易に想像ができますので
水拭きをしない生活というのははなかなか難しいところがあります。

無垢フローリングにスチームクリーナーを
使用するにあたりいくつか注意点を上げてみます。

 

樹種によっては使える?使えない?
頂いたご質問には、
「無垢フローリングの樹種によって
スチームクリーナーが使用できる樹種と
使用できない樹種や材質があるんですよね?」
ともご質問を受けますが、これは間違えだと思います。
よくよく聞いてみると
「広葉樹は使用できて、針葉樹には使用できない?」
という事でした。
もう少し詳しく聞いてみると、
「硬い木にはスチームクリーナーが使えて
柔らかい木には使えない」と考えられているようです。

確かに広葉樹には、
オーク、タモ、メイプル、チーク、アッシュ、サクラなど
硬い木が多く
針葉樹は、杉、桧(ヒノキ)、パイン、カラマツ、アカマツなど
柔らかい木が多いです。

ただ、何と比べて硬い柔らかいを判断しているのか不明瞭です。
例えば、広葉樹でも朴や桐は
針葉樹であるラーチよりも軽くて柔らかいです。
硬い軟らかいがどのように影響しているのかわかりませんね。

また、硬いから水を吸わないという訳ではなく
導管に水を垂らすとポタポタと水が落ちていくのが
はっきりとわかるほど水を通します。

硬い、柔らかいで
無垢フローリングにスチームクリーナーが
使えるかどうかは判断できません。

木材の収縮については
木材性質一覧表を参考にしていただければと思います。

 

無垢フローリングの表面仕上げを調べる
無垢フローリングの表面仕上げのほとんどが
紙やすりで研磨したサンディング
または
鉋(カンナ)で仕上げたカンナ仕上げのいずれかです。

サンディングは、塗料を絡めるために
無垢フローリング表面を毛羽立たせて
その毛羽立ちに塗料を絡めて仕上げます。
サンディングは、あくまでも塗装下地という考えです。

鉋仕上げは、その名の通り刃物の鉋で仕上げます。
木材の表面は、究極の平滑です。
毛羽立ちは無く、水も弾くほど平滑な仕上がりです。
お寺の廊下などは、水拭きが基本となります。

サンディング表面に水を垂らして乾燥すると
当然のごとく毛羽立ちが起きザラつきます。

鉋仕上げの場合は、そもそもあまり汚れ着くことは無く
濡れ雑巾を使用して水拭きして磨き上げると光沢が出てきます。

サンディングの無垢材に
スチームクリーナーを掛けた場合は、
毛羽立ちが起きるという事を事前に理解しておきましょう。

鉋仕上げの場合は、スチームクリーナーを掛けても
毛羽立つことは無いですし
日々の雑巾がけでかなり汚れは落ちます。
そもそもスチームクリーナーを使う場面は少ないでしょう。
硬く絞った雑巾で水拭きするのが最適だと思います。

 

無垢フローリングの塗装を調べる
無垢フローリングにスチームクリーナーを使う際には
現状の塗装にも気を付けなければいけません。
無垢フローリングに施される塗装は大きく分けると以下となります。

無塗装
これはその名の通り何も塗装していない状態ですね。
基本的に鉋仕上げ以外で無塗装の状態で使用することはあまりありません。

自然系塗装
一般的に自然オイル塗装や蜜蝋ワックス塗装と言われています。
水性ではなく油性を使うようにしましょう。
オスモ社、リボス社、クランプ社などが代表的なメーカーです。
木の風合いを生かし、導管を閉じない状態なので
素足だと夏はサラサラ、冬は冷たく感じることはございません。
表面は、静電気が発生しにくく埃(ホコリ)は吸着しませんので
窓を開けるだけでもある程度の埃(ホコリ)は飛んでいきます。
塗装も簡単なので補修もしやすいです。

ウレタン塗装
無垢フローリング表面に造膜(コーティング)する塗装です。
塗膜が平滑でピカッと輝きます。
素足だと夏はペタペタ、冬はヒヤッと感じます。
静電気が発生しやすく埃(ホコリ)が吸着しやすいという特徴があります。
塗膜が傷まなければ汚れも付きにくく、メンテナンスが楽です。
しかし、この塗膜は10年ほどすると劣化して剥がれ、
みすぼらしい感じが否めません。部分的な補修がしにくいです。

フローリング表面が無塗装、自然系塗装(オイル、ワックス)
ウレタン塗装のどれでもスチームクリーナーは使用できます。
スチームクリーナーを掛けた結果、
どの様になるのかで対処方法を考えなくてはいけません。

無塗装や自然系塗料は、スチームクリーナーを掛けた後に
オスモ社やリボス社などのオイルとワックスでお手入れできます。
しかし、ウレタン塗装は剥離箇所があれば
高温のスチームクリーナーを掛けることで
さらにウレタン塗装を剥離する可能性が高くなります。
また、ウレタン塗装によってはスチームクリーナーから出る
高温の水温で溶けてしまう可能性もあるので注意が必要です。

 

無垢フローリングにスチームクリーナーを使う際のポイント
・スチームクリーナーは素早く移動しながら使用する。
ピンポイントで木材に当てない。

・浮き上がった汚れを水ですすぎながら素早く掃除機などで吸水する。

・掃除機で吸いきれなかった水分を
清潔なモップやマイクロファイバーウエスなどで吸水し乾拭きする。

・さらに清潔なモップやマイクロファイバーウエスなどで拭き上げ乾拭きする。

・床面に水分が残らない様に乾拭きになるまでしっかりと拭き上げる。

・極端に快晴の日は避ける。
直射日光が当たると木材が急激に乾燥し反りや割れ、隙間の原因となります。
極端に湿度の高い日も避けましょう。

・スチームクリーナーを使用後は、
毛羽立ちを適切な番手でサンディング(サンドペーパー)し、
表面を整えてからフローリング用オイル(オスモ社、リボス社)などを
塗布してフローリング表面を仕上げる。

※スチームクリーナーを無垢フローリングに汚れ落としとして使用する際の
1番の注意点は、長時間水分を無垢フローリングに残さないことです。

これは雑巾を使用しての水拭きも同様です。
基本的には必ず硬く絞った雑巾を使用して水拭きしましょう。
水が滴るほどの水分を含んだ雑巾での水拭きは
特定の場所で使う事はありますが、
基本的に住宅内での水拭きは硬く絞った雑巾をお勧めいたします。

2020年8月・樹種別無垢フローリング人気ランキング

無垢フローリング専門店木魂における
2020年8月・無垢フローリング人気ランキングです。

無垢フローリングの出荷量、お問い合わせ件数、サンプル請求数など
様々な条件を基にランキングしています。

1位:LL45挽き板直貼りフローリング

LL45挽き板フローリング
LL45挽き板フローリング

遮音等級L45対応(ΔLL(Ⅰ)-4 )で、マンションのリノベーションやリフォームでも
表情豊かな無垢床材を使って床暖房にも対応します。
厚さ12mm(挽き板2mm)の挽き板直貼りフローリングです。
挽き板(ヒキ板)とは、スライスではなく、電動鋸(のこ)刃で製材した板です。
のこくずが出る分、歩留まりの関係上コストアップになりますが、
スライスでは難しい厚みのある材を生産することが出来ます。
2mmの厚みを持たせることで、
無垢フローリングと同等の味のある質感を出しています。
また、無垢材と比べた場合、基材が合板であるため、
無垢材よりも木のソリ・収縮などの変形が極めて少ないと言えます。

2位:どんぐりフローリング

どんぐりフローリング,椎,シイ,広葉樹,森林認証材,どんぐり,ドングリ
どんぐりフローリング

可愛いネーミングだけでも人気があるどんぐりフローリングですが、
もちろん他にも人気の訳はございます。
どんぐりフローリングの特徴は、
乱尺でありながら1820mmの長尺なフローリングがたくさん含まれるところです。
また、原木がかなり大径木なために木目が大らかで落ち着いた表情となっています。木材の性質的には、表面硬度が非常に高く硬くて丈夫です。
広葉樹の仲間ではめずらしく西日本で産出されます。
ほとんどの広葉樹フローリングが東北以北で伐採される中、
西日本産はとても希少です。西日本ご出身のお施主様にもご好評を得ております。
田舎や地元の木材を住宅に使用したいと願うお施主様も少なくはありません。
田舎や地元の国産無垢フローリングお探しの方は
都道府県産地別国産無垢フローリングと羽目板」を
ご参照いただければと思います。
どんぐりフローリングの風合いは、楢(ナラ)でもなく栗(クリ)でもなく
タモでもなくどんぐり独特です。
木目は、原木がかなり大きい為か木目がおおらかではっきりしていません。
また、どんぐりフローリングは長尺の物が多いので木目に伸びも出てきます。
お部屋に奥行き感を感じる事が出来ると思います。
カットサンプルではなかなか分かりませんので
ぜひ東京新木場の無垢フローリングショールームでご確認ください。

 

3位:ブラックウォールナットフローリング

ブラックウォールナットフローリング,床暖房,ウォールナット,ウォルナット,幅広,広葉樹,L45,森林認証材,落葉樹
ブラックウォールナットフローリング

色が濃いフローリングで一番人気は、ブラックウォールナットフローリングですね。ブラックウォールナットに関しては、木肌が黒く節も黒いのが一つの特徴で、
節有りの表情が好まれることが多いようです。
桧やパインなどのように白地に赤の節ではないのでそれほど目立たなく、
無垢っぽさを際立たせる要因の一つです。
古来の様式建築から近代的なモダン建築まで
重厚感をお求めのお施主様にはおすすめです。
節が少なく重厚なイメージのカームグレードや
節と色むらが入るナチュラルなラフグレードまでラインアップしております。
最大幅200mmで長さ1820mmの1枚ものの
日本最大級のブラックウォールナット無垢フローリングもございます。
ぜひ、節の入り具合などは無垢フローリングショールームで
ご確認いただければと思います。
60mm~200mm巾までございますが基本的には、幅広は板目が多く、
幅が狭い物は柾目が多くなります。

 

 

4位:シベリアンウォールナットフローリング

シベリアンウォールナットフローリング,広葉樹,銘木,1820mm,150mm,15mm
シベリアンウォールナットフローリング

広葉樹で木質が堅いと思われがちなウォールナット(クルミ)ですが
果実が硬いだけで木はあまり堅いとは言えずやわらかいです。
木質は軟らかく足あたり、肌触りが良いのと、オーク(楢)の様に黄変しない
ピンクとグレーが混じった独特な優しい色合いがシベリアンウォールナットの
人気のポイントの一つでしょう。
木材として耐久性や強度が低いと言う訳では無く、
弾力性を活かして銃床や農機具の柄などにも利用されます。
無垢フローリングの価格についても
1820mm・1枚物のラフグレード(節有・色むら有)は
150mm・130mm・90mmともに買い得感が高く人気の無垢フローリングです。

 

5位:アメリカンブラックチェリーフローリング

アメリカンブラックチェリーフローリング,広葉樹,銘木,1820mm,150mm,15mm
ブラックチェリーフローリング

優しい木目で経年変色で赤くなっていくブラックチェリーフローリングです。
あまり濃すぎず上品な風合いで人気を博しています。
肌触りもとても滑らかで気持ちよく人気なのが分かります。
同じ広葉樹のバーチ(カバ)とも木柄は似ていますが、
経年変化での色合いが全く違います。
挽き板材のブラックチェリーも比較対象となる事もしばしばありますが、
そもそもこの辺りのプレミアムウッドをご検討されるお施主様は、
好んで挽き板フローリングにされることはございません。
探しきれなかったか案内されなかったか。
挽き板とは違う本物の無垢フローリングをあなたに。
ブラックチェリーフローリングには、リフォーム、
リノベーションに最適な12mm厚やヘリンボーン張りの取り扱いもございます。

 

※どの樹種の無垢フローリングの塗装に関しましても、
表面には天然の蜜蝋ワックス、自然オイル塗料、造膜型のウレタン塗料、
メンテナンスが楽なガラス塗料など様々な塗料に対応いたします。
ぜひお問い合わせください。
また、無垢フローリングのメンテナンスについては、
樹種ではなくそれぞれの表面仕上げによって異なりますので
無垢フローリングのメンテナンス」をご参照ください。

 

全ての樹種から選ぶ