無垢フローリングにクイックルワイパーの使用は適しているのか?

『無垢フローリングにクイックルワイパーの使用は適しているのか?』

とお客様やお施主様からご質問を頂きます。

答えとしては、
化学モップとムクフローリングの相性は? とっても悪いです』 と
同様に通常クイックルワイパーは使えません。

あまり難しく考える事もないのですが、
クイックルワイパーの使用説明に沿ってご使用いただければと思います。

”クイックルワイパーの使用上の注意など”に下記の記載が有ります。
使えないもの(水がしみこむ白木)
●白木やビニール床の上に長時間置いたままにしない。
床が変色することがある。

白木という言葉がイマイチ分かりにくいのですが
“白木とは、塗料をぬらない白地(しらじ)のままの木材”の事を指すようです。
蜜蝋ワックスやオイル塗装品ならどうなのだろう?とも思うのですが
白木はきっと無垢フローリングも含まれると思っておいた方がよさそうです。

化学モップにも同じような注意書きが有りますが、
着塵剤を含んだモップ等を無垢フローリングの上に
長時間置いたままにした画像がこちらです。

無垢フローリングに着塵剤入りのモップを使うと
無垢フローリングに着塵剤入りのモップを使うと
無垢フローリングに着塵剤入りのモップを使うと
無垢フローリングに着塵剤入りのモップを使うと

こちらは桧集成材フローリング無塗装品の上に
長時間化学モップを放置した例です。
集成材といえども表面は無垢材です。
時間が経つと着塵剤などの薬剤が桧材に染み込んで黒ずんでいるのが分かります。
着塵剤を無垢フローリングに塗りこんでいるという事になります。
そうなると無垢フローリングが塵や埃(ホコリ)を呼び込むことになります。
本来は綺麗にするはずのお掃除道具が逆に汚くなっています。

クイックルワイパーや化学モップには、埃(ホコリ)を吸着させる為に
着塵剤といわれる化学薬品が使用されています。
着塵剤は、流動パラフィンやイソパラフィンという薬剤が使用されます。
着塵剤を含ませたモップやシートを床面や家具などの拭き掃除に用いると、
着塵剤における親油性液体の粘着力により塵埃を吸着する事ができ、
また、その親油性液体の効果により、モップ糸等が若干の静電気を帯び、
塵埃をモップ糸等に取り込みやすくなっています。

なぜ、着塵剤が必要なのか
そもそもダスキンモップやクイックルワイパーは、
フロア面の塵(チリ)や埃(ホコリ)をふき取ってくれる
とっても手軽で便利なお掃除道具です。
これらのお掃除用具は、基本的には合板フロアーやビニール系の面材を使用した
床材製品を想定して開発されているものです。
住宅の床面では、現代そのほとんどが合板フロアーを使用しています。
合板フロアーは、表面に静電気が発生するので
塵(チリ)や埃(ホコリ)はくっつきやすいです。
これは、一部の無垢フローリングにも起こりえることで、
無垢フローリングでもウレタン塗装を施していると
表面に静電気が発生し塵(チリ)や埃(ホコリ)がくっつきやすくなります。
ウレタン塗装とは、しっかりコーティングされ
素足、裸足で歩くとペタペタする塗装ですね。
それらの床面にくっついた塵や埃を吸着する為に着塵剤が必要となるのです。

ちなみに壁もビニールクロスだと静電気が発生し
塵(チリ)や埃(ホコリ)がくっつきます。
珪藻土や漆喰は静電気を発生しませんので塵や埃はくっつきませんね。

もし、普段から無垢フローリングのお掃除にクイックルワイパーのような
ワイパー系の道具を使用したい場合は
薬剤を含んでいない不織布をご使用ください。

でも、こんなことは家を建てる計画中で
無垢フローリング採用前に悩むかもしれませんが、
オイル塗装やガラス塗装を施した無垢フローリング表面には
静電気は発生しませんので
クイックルワイパー系のお掃除道具はあまり使用しないかもそれません。
間取りにもよるかもしれませんが天気が良い日に大きく窓を開けはなって
箒(ほうき)で掃く方が気持ちいいかもしれませんよ。
そう思うと合板フロアーはピカッと輝いてるけど
本当に清潔なのかと思う今日この頃です。

無垢フローリングのお掃除については色々な方法が有ります。
汚れが気になるようであれば、まずは雑巾での乾拭きです。
それでも落ちないようでしたら
硬く絞った雑巾の水拭きで汚れを落としてみるのが良いでしょう。
さらに落ちなけれが中性洗剤を使ったり削ったり、順に方法を変えていきましょう。

凹み傷などは大丈夫!広葉樹、針葉樹問わずそこそこ簡単に治せます。
凹んだ部分に数滴水をこぼしてアイロンを掛け、乾くとある程度は戻ってきます。
その後、軽くヤスリを掛けてオイル塗布して拭き取るとそこそこ綺麗になります。
オイル塗装は、ウレタン塗装と違い自分で手軽に塗れるので便利です。

無垢フローリングといえども床材の表面仕上げによって
お手入れ方法は変わりますので以下リンクをご参照いただければと思います。
無垢フローリングのお手入れ方法について

 

 

全ての樹種から選ぶ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)