マンションでも無垢フローリングは敷く事ができます

実はほとんどのお施主さまがマンションには防音の関係から無垢フローリングは使えないと思っておられるようです。
マンションのフローアー敷き代えといえばだいたいは階下への防音を考えてL=45という防音性能を持った直貼りフロアーが一般的に使用されています。
このL=45の直貼りフロアーとは合板フロアーの裏にスポンジやゴム系の物を貼り付けて防音性能を発揮させている商品です。
しかし、無垢フローリングには今のところ直張りフロアーさえあまり無く、防音となればほぼ無いと思っていいでしょう。
そこで、無垢フローリングでも防音効果が発揮でき、さらにスラブに直張りできる下地材がちゃんとあるんですよ。
マンション下地
画像のようにスラブ又は合板の上に防音マットを敷きこみその上に無垢フローリングを貼るという方法です。
この防音マットにはL=45の直貼りフロアーと同等の防音効果があります。
これで階下への気兼ねも無く無垢フローリングで快適な住空間が出来上がります(^^)/
マンションリフォームの方もお気軽にご相談下さいね(^_^)

2015年12月追記

マンションのリノベーション、リフォーム時に無垢フローリングをご検討いただくと
必ずと言っていいほどマンションの防音管理規約が立ちはだかります。
マンションの防音規約には、「軽量衝撃音LL45に対応した床材」を使用すること
と記載されていることが多いです。
中には、ワンランク上のL40の基準を設けたマンションもございます。
今までは、マンションに無垢フローリングをご採用いただく際に
無垢フローリング用マンション防音マットや二重床を施工する必要がありました。
防音マットや二重床は、商品代も掛かりますが施工代も掛かります。
特に二重床は、ただでさえ天井高が低いと言われているマンションにとっては
非常に圧迫感が出る為にできる限り避けなくてはいけません。
木魂防音無垢フローリングは、無垢フローリングに遮音材が貼られている商品なので
最低でも防音マットや二重床では必要となる防音材の施工費や配送費は確実に削減できます。
木魂防音無垢フローリングなら、LL45の防音規定があるマンションの方にも
今までよりはお手軽に無垢フローリングをご検討いただけます。
また、木魂防音無垢フローリングの歩行感は特に好評を得ております。
LL45対応合板フロアーにありがちなフカフカした歩行感とは
まるで違いしっかりとした歩行感が感じ取れます。
無垢フローリングショールームゆらぎでは、実際の歩行感もご体感頂けます。
ご検討中のお施主様は、ぜひご予約の上ご来場ください。
無垢フローリング木魂の取扱い樹種
阿波桧フローリング
アンバーメイプルフローリング
アジアンチェスナットフローリング
因幡杉
イングリッシュオークフローリング
インドネシアチークフローリング
伊予杉フローリング
ウォルナットモカフローリング
カントリーバーチフローリング
ガルボオークフローリング
木曽桧フローリング
クリアンティークフローリング
栗駒楢フローリング
クラシカルバーチフローリング
ザ・ストレートグレインフローリング
サザンブラックフローリング
侍浜松フローリング
シベリアンウォルナットフローリング
シベリアンバーチフローリング
シルキーメイプルフローリング
ジャーマンメイプルフローリングシカモア
ダグラスファーフローリング
テーダフローリング
どんぐりフローリング
ノルディックパインフローリング
白朴フローリングはくほお
ブラックウォールナットフローリング
ブラックチェリーフローリング
南部本栗フローリング
陸奥本桜フローリング
モザイクフローリング
百々桧フローリング
ヨーロピアンアッシュフローリング

「マンションでも無垢フローリングは敷く事ができます」への1件のフィードバック

  1. へー知らなかったです。マンションもこれからは、木層リフォームだという
    人の話を聞いたことがあります。RCは体が冷えるからなんですって。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)