ブラックウォールナットフローリング・BW-34 施工事例

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブラックウォールナットフローリング
品番:BW-34
サイズ:乱尺(610-1210㎜)x130x15mm (長さ1820㎜に対して必ず2ピースです)
塗装:自然OIL&WAX
スタイル:ラフ
価格:14,191円/平米(税込)

※上記価格には、配送費は含まれておりません。
※価格は予告無く変更する場合がございます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブラックウォールナットフローリング は、
無垢フローリングショールームゆらぎで常設展示しております。

 

全ての樹種から選ぶ

 

2018年7月・樹種別無垢フローリング人気ランキング

無垢フローリング専門店木魂における
2018年7月・無垢フローリング人気ランキングです。

無垢フローリングの出荷量、お問い合わせ件数、サンプル請求数など
様々な条件を基にランキングしています。

 

1位:木魂防音無垢フローリング

木魂防音無垢フローリング
木魂防音無垢フローリング

LL45(ΔLL(Ⅱ)-3・ΔLL(Ⅰ)-4 相当)の防音規定があるマンションのリノベーションやリフォームでも「木魂防音無垢フローリング」ならコンクリートスラブ直貼り無垢フローリングが使用できます。マンション防音規定 LL45対応、厚さ26mm(無垢フローリング15mm + 防音材11mm)の直貼り無垢フローリングです。
マンションの防音規定LL45に対応した『木魂防音無垢フローリング』は、フローリング総厚26mmで コンクリートスラブ 直貼り施工が可能。床衝撃音レベル測定結果としては、⊿LL(Ⅱ)-3=LL-45(ΔLL(Ⅰ)-4 相当)をクリアした直貼り無垢フローリングになります。木魂のマンション用防音無垢フローリングは、総厚26mmで直貼り施工ができる無垢フローリングになります。床衝撃音レベル測定結果としては、⊿LL(Ⅱ)-3・ΔLL(Ⅰ)-4 相当=LL-45をクリアしております。床衝撃音レベル推定値(計算値)は、(財)建材試験センターの算出法に準拠したもので、床衝撃音レベル低減量試験結果をもとに、現場コンクリート床厚に試料を施工した場合の床衝撃音レベルを推定した物です。(第三者機関の財団法人の試験場にて計測実施)

 

2位:LL45挽き板直貼りフローリング

LL45挽き板フローリング
LL45挽き板フローリング

遮音等級L45対応(ΔLL(Ⅰ)-4 )で、マンションのリノベーションやリフォームでも表情豊かな無垢床材を使って床暖房にも対応します。厚さ12mm(挽き板2mm)の挽き板直貼りフローリングです。挽き板(ヒキ板)とは、スライスではなく、電動鋸(のこ)刃で製材した板です。
のこくずが出る分、歩留まりの関係上コストアップになりますが、スライスでは難しい厚みのある材を生産することが出来ます。2mmの厚みを持たせることで、無垢フローリングと同等の味のある質感を出しています。また、無垢材と比べた場合、基材が合板であるため、無垢材よりも木のソリ・収縮などの変形が極めて少ないと言えます。

 

3位:イングリッシュオークフローリング

オーク,フローリング,楢,ナラ,オーク,樫,カシ,コナラ,広葉樹,森林認証材,l45,樽
イングリッシュオークフローリング

無垢フローリングのザ・スタンダードとも言うべきオークフローリングです。言わずと知れた世界で一番床材、フローリング材として使われている広葉樹の木材です。オークの色合いが木材の中間色とされていることも多いようです。世界で一番使われているオークフローリング材は、木質は非常に硬く傷つき難く、木目も誰もが木材の木肌を思い浮かべたときに真っ先に思い浮かべる木目だと思います。しかし、世界中で一番使われているからと言って日本人の生活に必ず合致するのかというとそうでない場合もあるかもしれません。世界中のフローリングの上で生活されている方のほとんどが靴やスリッパを履いて生活する方です。日本人は家の中では素足、裸足で生活しています。日本だけで見ると、古来から床材は桧ヒノキや杉スギと言った温かみがありやわらかい針葉樹が好まれてきました。とは言え、日本でも楢、ナラ、オーク、樫、カシなどのフローリングはよくご採用いただきます。カットサンプルでは、足触りは非常に確認し難いので、ぜひお施主様には無垢フローリングのショールームでたくさんの樹種のフローリングに触れてお選びいただければと思います。

 

4位:サザンブラックフローリング

サザンブラックフローリング,広葉樹,L45,堅い,,落葉樹
サザンブラックフローリング

木魂で扱う無垢フローリングの中でも非常に硬い広葉樹のフローリングになります。ブラックウォールナットよりも色濃く堅い人気の無垢フローリングになります。この木肌の黒さは、着色加工ではなく木材そのものの色になります。
その表面硬度の高さからピンヒールを履いて来店するお客様が多いような店舗などにも採用率が高いです。あくまでも無垢フローリングなのでピンヒールで踏んでも凹(へこむ)まないと言う訳では無く、凹みが浅いくらいで傷つくものだと思ってください。重い家具を置かれるお施主様にもご検討いただいております。真っ黒な無垢フローリングが醸し出す大人なインテリアをご検討中のお施主様におすすめの無垢フローリングです。もちろん店舗だけではなく住宅での素足、裸足での使用も可能ですので色濃く堅い質感の無垢フローリングをお探しの方はぜひご検討ください。
1820mmの1枚物から乱尺タイプ、UNIタイプ、ヘリンボーンのご用意があります。ヘリンボーンは60mm巾、フローリングは90mm巾から120mm巾までご用意がございます。

 

5位:ブラックウォールナットフローリング

ブラックウォールナットフローリング,床暖房,ウォールナット,ウォルナット,幅広,広葉樹,L45,森林認証材,落葉樹
ブラックウォールナットフローリング

色が濃いフローリングで一番人気は、ブラックウォールナットフローリングですね。ブラックウォールナットに関しては、木肌が黒く節も黒いのが一つの特徴で、節有りの表情が好まれることが多いようです。桧やパインなどのように白地に赤の節ではないのでそれほど目立たなく、無垢っぽさを際立たせる要因の一つです。
古来の様式建築から近代的なモダン建築まで重厚感をお求めのお施主様にはおすすめです。節が少なく重厚なイメージのカームグレードや節と色むらが入るナチュラルなラフグレードまでラインアップしております。最大幅200mmで長さ1820mmの1枚ものの日本最大級のブラックウォールナット無垢フローリングもございます。ぜひ、節の入り具合などは無垢フローリングショールームでご確認いただければと思います。60mm~200mm巾までございますが基本的には、幅広は板目が多く、幅が狭い物は柾目が多くなります。

 

※どの樹種の無垢フローリングの塗装に関しましても、表面には天然の蜜蝋ワックス、自然オイル塗料、造膜型のウレタン塗料、メンテナンスが楽なガラス塗料など様々な塗料に対応いたします。ぜひお問い合わせください。
また、無垢フローリングのメンテナンスについては、樹種ではなくそれぞれの表面仕上げによって異なりますので「無垢フローリングのメンテナンス」をご参照ください。

 

全ての樹種から選ぶ