国産材の無垢フローリングと輸入材の無垢フローリング どっちを選ぶ??

国産材の無垢フローリングと輸入材の無垢フローリング どっちを選ぶ??

国産材の無垢フローリングと輸入材の無垢フローリングの
どちらを選ぶかで迷われるお施主様もたくさんいらっしゃいます。

その理由も様々ですが、よくご質問頂くのは以下の4点です。
・価格
・樹種
・硬さ(傷つきやすさ)
・環境配慮
他にもあると思うのですが、この4点について考えてみます。

・価格
誰もがこのように考えているとは言えませんが、
輸入材の無垢フローリングの方が安価だと思われている
お施主様の方が多いような気がします。
実際に無垢フローリング専門店木魂でも、
ある条件で無垢フローリングを検索すると
輸入材の無垢フローリングの方が安価です。
その代表樹種がパインフローリングです。
激安!パインフローリング!!は本当に激安なのか??」を
ご一読いただくと、一概に輸入材が安価だとは限らい事が分ると思います。

・樹種
これが非常にややこしい。
何故かと言いますと、日本の呼び名、海外の呼び名、学術名と
同じ木でも様々な呼び名が有るからです。

よく耳にする樹種だと
タモ=アッシュ
ナラ=オーク
さくら=チェリー
クルミ=ウォールナット
カバ=バーチ
と言われています。
間違えてはいないと思うのですが
これまた少し掘り下げていくと、オークはナラではなくカシではないの?とかとか

他にも
米杉が杉でなかったり
カナダツガは栂でなかったり
米松も松でなかったり

樹種名に関しては、一般的な総称としてくらいに
考えていた方が気が楽になるかもしれません。
たくさん樹種名を覚えようと頑張るお施主様もいらっしゃいますが
全ての樹種名を覚える必要もないし
自分で気に入った樹種だけ覚える事にしましょう。

・硬さについて
一般的には、広葉樹が重くて硬い、針葉樹が軽くて柔らかいと言われています。
桐、朴、唐松などこれに当てはらないかもしれない樹種もあるのでざっくりです。
軽くて柔らかい木という事は、スカスカしていて凹みができやすいという事です。
でも、触れた時には温かいという特徴も持ち合わせています。

フローリングとして世界で多く採用されている樹種はオークだと思います。
オーク材は、表面硬度が高く傷が付き難いと言われています。
そういう事から、フローリングにオーク材が最適である!とは
一概にいう事はできません。
何故か?世界中でフローリングを使っているほとんどの人は
靴を履いて生活している方だからです。
しかし、日本は特別です。素足で生活しています。
そうすると杉や桧やパインなど柔らかい樹種の方が
軟らかく足あたりがよいとも考えられます。

軟らかいと傷や凹みが付きやすいのでは?と考えてしまいがちです。
実際に、その通りだと思います。
では、その傷や凹みを付ける犯人は誰でしょう?
ほとんどのお施主様の答えが『子供たち』です。
物を落としたり、椅子を引きずったり容易に想像ができます。
たぶん、そのほとんどが子供部屋という事になるかと思います。

そんな時には、杉でも桧でも節有材のご採用を提案いたします。
樹種その物の香りや温かさは節が有っても無くても変わりません。
節が有る分傷や凹みは目立ちにくいので
節無し材と比べると圧倒的に気楽に生活ができます。
デザインが気に入らないとなると別ですが…
それに価格が安い!
オイル塗装を施しても4,000円/㎡台からご用意があります。
合板フロアーが2,500円/㎡くらいだったとしても
無垢フローリングは温かみが有り、その何倍もの期間使用できます。

傷や凹みが気になるようでしたら、
傷をつけないように細心の注意を払っての窮屈な生活よりも
傷が付いても気楽に生活できる無垢フローリングが
どれに当たるのかでご検討いただければと思います。

それぞれの木の硬さや性質については
木材性質一覧表をご参照ください。

・環境配慮
国産材の方が地球環境にとって優しい
なぜ?
木は光合成しますので大気中の二酸化炭素(CO2)を吸収して
炭素(C)を木の幹に固定化し、酸素(O2)を放出します。
木が腐らなかったり、燃えたりしないうちは二酸化炭素を溜め込んでいます。
木をたくさん植えて、たくさん長く使って二酸化炭素を固定化しましょう。
との事ですが、日本だけが取り組んだところで世界的に見たらどうなんだろう?
と思う今日この頃です。

でも、せっかく固定化された炭素の塊りである木を
たくさんの化石燃料を使って海外から持ってくるのは
自然環境には優しくないなぁとは思います。
その程度です。
輸入自動車なんかと比べるとまだましと思うのか、
輸出している日本車はどうなんだろうか?

北海道の木を東京に持ってくるにも
かなりの二酸化炭素が排出されるだろうし、
どこまでどうなんだか…

なるべく近隣の木を上手に使うのが最良なのかもしれません。