剣道場用国産赤松集成材フローリング

剣道場用国産赤松集成材フローリングに新しい商品が追加されました。
今までと何が違うのか?  つなぎ目が異なります。

フローリング表面のフィンガージョイント連結部分にギザギザが見えています。
これだとよくあるFJLフローリングのフィンガージョイント連結方向とは真逆ですね。
一見不細工にも見えます… が色々とこれにも訳がありまして。

この連結方法だとフィンガージョイントの端はしの一番薄い部分が表面に出ません。
この部分からササクレが出るのではないかと?考えられているようです。

FJLつなぎ目

FJLつなぎ目フィンガージョイントの向きを変更するだけなので少しの違いの様ですが、
これを作るとなるとなかなか大変な工程変更になります。
でも、これを求めておられる剣士の方がいらっしゃるのであれば挑戦です。

 

剣道場用国産赤松集成材フローリング・無塗装
剣道場用国産赤松集成材フローリング・無塗装

 

剣道場用国産赤松集成材フローリング・オイル塗装
剣道場用国産赤松集成材フローリング・オイル塗装

 

剣道場床工事が完了しました

茨城県・鹿島学園高等学校の剣道場床工事が完了しました。

今回は少し珍しい設置方法で、巨大な体育館の中に剣道場床を
すのこの様に置いていくような感じで施工しました。

こちらの剣道場床面積は約14mx14mですが、
巨大な体育館の床面積の1/5位でしかありません。

雨風さえ防ぐ事ができれば、当社の剣道場床を設置して
剣道の道場として使用することが可能です。

空き教室などを利用して剣道場に改修する事も可能だと考えます。
学校の教室の天井高は建築基準法で3m以上と決められていますので
床を設置して床高が上がっても竹刀が天井に当たる事は
めったにない無いと思います。

学校で剣道場をなかなか作ってもらえない先生や
今現在使用していない倉庫や納屋などが有ると言った剣士にとっては
なかなか良い方法だと思いませんか?

剣道場床工事に関しましては、どんどんご質問をお待ちしております。

剣道場床工事の事なら剣道場床建築工房

 

摩利支天を参拝に

摩利支天は、簡単に言うと名だたる武士が信仰した必勝の神様です。
日本三大摩利支天と言われるのが、京都、金沢、上野に存在します。
今年、亥年というこで去年に香川県高松市の八栗寺で摩利支天象が
見つかったと話題になりました。
楽しみにしていましたが、御開帳されていませんでした。
今後も、御開帳の予定は今のところないそうです。残念。

ケーブルカーで登りましたが、
車で山頂まで行けるそうです。(失敗)

 

剣道場床の現場は順調に進んでおります。

 

剣道場専用オイル(ミネラルスピリット不使用)

当社の剣道場専用オイルはミネラルスピリット不使用のオイルステインです。
剣士や学生の安全を考慮し、ミネラルスピリットは配合しておりません。
ミネラルスピリットとは、石油系溶剤(シンナーなど)になります。

しっかりと安全が確保されない無い限り、
学生や素人が自分で塗布する事はあまりお勧めできません。

当社の剣道場床専用オイルはミネラルスピリットを使用しておりません。
ぜひ、ご自身の鼻でオイルの臭いを嗅いでみてください。
当社の剣道場床オイルがどれほど安全なのか判断できるかと思います。

※注意
集成材や表面サンディング加工された剣道場床専用です。
剣道場床建築工房の標準仕様で施工した剣道場床には不要です。

剣道場床工事が始まりました

剣道場床工事が始まりました。
大変ありがたいことで、ここ5年ほど夏休みは剣道場床工事が続いております。
今年は、大型体育館の1/4程度を14mx14mの剣道場床に改修します。

日刊木材新聞で国産無垢フローリングショールームが紹介されました。

国産無垢フローリングショールームの記事 日刊木材新聞より
国産無垢フローリングショールームの記事 日刊木材新聞より

 

国産材専門の無垢フローリングショールーム完成

剣道床仕様で剣道場としても使用可能    五感

ムクフローリングショールーム「ゆらぎ」、ムクフローリング専門サイト「木魂」を運営する五感(東京都、前田英樹社長)は、21日に木のくに屋ビル内に、国産材ムクフローリングに特化したショールームを完成させた。同ショールームの広さは約60㎡。

同ショールームは、杉、桧、栂、松、ナラ、タモ、セン、クルミ、桜、朴、欅、どんぐり、タブ、栗、カエデなど国産材50種類を使用。これをパネルにして、壁面に常設展示し、一目で違いが判るようにしている。床がイメージされたパネルであるため、ヘリンボーンで作られたパネルも用意されている。

前田社長は「このショールームによって、国産材ムクフローリングの良さを、触れるなどし、知ってもらいたい。そのため、壁面展示パネルは取り外しが可能で、床面において素足で確認できるようにもしている。」と語る。

また同ショールームは、床全面に剣道場床専用の弾性剣道場床が施工されている。この弾性剣道場床は、同社が開発したもの。剣道の稽古時の踏み込みに掛かる700~1000kgの荷重に対応するため、自社開発の剣道場用ゴムクッションを使用。剣道場床に、最適な弾力性を保つ床を完成させた。同剣道場の床は、杉赤み・上小節を床表面仕上げ材に使用している。同社が提供する弾性剣道場床は、海外を含め問い合わせが多く、見学の依頼があるたびに、過去の施工箇所に依頼し見学してもらっていたが、今回実物が完成できたことでより手軽に体感してもらえるようになった。

このショールームが剣道場としても利用してもらえることについて前田社長は「東京オリンピックの開催で、近隣地域の小学校の体育館や武道場が休憩所や控室に使われ、これまで通り稽古場として使用できず、剣道の練習場が少なくなると聞いている。同ビル所有者の㈱木のくに屋のご厚意も賜り、地域の小学生剣士や剣道の稽古に励みたい人に対し、同ショールームで一緒に稽古する事も可能にした。」と語る。

 

剣道場専用オイルを塗布しました

学生さんと力を合わせて剣道場専用オイルを再塗布しました。
年に1度の剣道場床メンテナンスです。
割れやササクレの補修を塗布前に終わらせてからの作業です。

 

弊社の剣道場専用オイルは、
表面に造膜しませんので下記画像の様に剥離し難いです。
下記画像のように床表面に造膜するオイルは、
次回塗布時に全て塗膜を剥離して再度オイルを塗布する必要が有ります。
剥がれている塗装の上に塗料を乗せても
下地が剥がれるのですぐに塗装が剥がれます。

剣道場床専用オイルは、
次回メンテナンス時に清掃後そのまま塗り重ねが可能です。