剣道場のオイル塗装について  剣道場用オイル

剣道場のオイル塗装についての問合せがとても多くなってきました。
学校関係の剣道場からのお問合せが中心です。
オイル塗装についてお問合せいただく剣道場の床は今のところ全てが集成材の道場です。
集成材の床材は、剣道場仕様においては一部に難儀な点があります。
その難儀な部分を補う為にオイル塗装が重宝されています。
当社では、集成材の剣道場に適したオイルも販売しております。
オイルでも表面に分厚い塗膜を作る物もございますが、
当社の剣道場用オイルは浸透性で分厚い塗膜は作りません。
価格は、12mx12m=144㎡の広さでオイル代は50,000円ほどです。
割り返すとオイル代は1㎡あたりのたったの348円ほどです。
その他必要な道具としては、
コテバケ・雑巾・養生テープ諸々で10,000円は掛からないでしょう。
あと、とても重要なのが生徒さんたちのパワーです。
以前、茨城県・TKB大学剣道場でも剣道部員さんたちで作業をしました。
皆で力を合わせて磨き上げた床は、見違えるほど綺麗になりました。
現場の剣道場を確認してからになりますが、
それほどひどくない状況であれば生徒さんたちでも塗布作業は可能です。
日々のメンテナンス(雑巾がけ)は、生徒さんたちがする事になると思いますので
そんなに大げさに考える必要はございません。
1年に1回は、オイルを再塗布していただければと思います。
その際も、生徒さんパワーで行っていただくことになります。
オイル塗装は、ウレタン塗装ほどガッツリ塗膜を作りません。
できれば床表面がカサツク前に再度オイルを塗布したいところです。
業者を入れて大げさな作業をして大出費となると管理側にも迷惑です。
ぜひ、メンテナンスは生徒さんたちで行っていただければと思います。
自身の防具も大切ですが、稽古する場所がなければ防具も使えません。
自分達の剣道場に今まで以上に愛着が沸いてくることでしょう。
作業日程としては、オイルを塗るには実質1日です。
季節によって変わりますが乾燥には約24時間掛かります。
24時間経てば稽古は十分可能です。
完全乾燥には数日間見ていただければと思います。
乾燥が早いオイルもございますが、たくさん溶剤を使用しているものもございます。
素足で使う道場には、なるべく安全なものを使いたいものです。
完全乾燥後の使用感はとても好評です。
集成材特有の難儀な点も解消されています。
この「剣道場床の集成材における難儀な点」に
ついては後日ご紹介させていただきます。
集成材を無塗装でご使用の道場で「ん?」と思われた方は
ぜひお問合せください。
少しは改善のお役に立てると思います。
剣道場のオイル塗装(大掃除)事例
剣道場専用オイル 
2.5L缶  16,400円(税・送料別)
10L缶  53,600円(税・送料別)
塗布面積の目安:22㎡/L
11m角の試合コートなら121㎡
121÷22=5.5L分必要となります。
あまればメンテンンス用に保管しておきます。
ちなみに現場道場に同行したりする費用は含まれません。
kodama_468x60_120622_ani_v4

剣道場床建築工房

剣道場新築床工事の様子はこちら

フローリング
無垢フローリング専門店 [木魂] 25年間で5,000件以上の実績を持つ木材コンシェルジュが世界各地の原木から厳選した無垢フローリングをご提供いたします。
東京都・新木場無垢フローリング専門店

全500種類の無垢フローリング
商品データ集をダウンロード(click!)

無垢フローリング施工例一覧

人気blogランキングへエントリーしております。
ブログランキングバナー
今日も清きワンクリックをポチッとお願いします!

無垢フローリング施工例

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です