木材の原料は何だと思いますか?

木材の原料は何だと思いますか?
なんだか子供にする質問みたいですがなかなか上手く答えられない事が多いようです。
実は、私も上手く答えられない人の中にいました。
私は、誰かに教えてもらったのか?どこかで聞いたのか?は分りませんが、
樹木は、根っこから土中の栄養分をたくさん吸収して大きくなる。と思っていました。
もちろん土中からも水と一緒に窒素・リン・カリなどの養分を吸収します。
そこで疑問がわいてきます。これらは全て無機物です。
木材の主成分であるセルロール・ヘミセルロース・リグニンは
全て炭素(C)を含んだ有機化合物です。
根から吸収する、水・窒素・リン・カリからはどうしても有機化合物はできません。
では、どこでどうやって炭素(C)を作るのでしょうか?
答えは、誰もがみんな一度は耳にしたことがある「光合成」によって作られます。
光合成とは、木や植物が大気中の二酸化炭素(CO2)を吸収して
酸素(O2)を放出する事を指します。
木は、酸素(O2)を作ってくれてるのか!光合成バンザイです。(^^)v
と、ここまでは誰もが何となく知っている部分ですね。
吸収した二酸化炭素(CO2)から酸素(O2)が出ていったので炭素(C)は木に残ります。
木の原料である炭素(C)は光合成により溜め込んでいる訳ですね。
この炭素(C)が木材の原料となるわけです。
木は、大気中の二酸化炭素(CO2)を吸収して酸素(O2)を放出します。
溜め込んだ炭素(O)は、燃やさない限りはずっと木の中に貯蔵しています。
また、計画的に伐採された木材をたくさん使って建てた住宅であれば、
その住宅部材である木材を燃やさない限りは
炭素(C)を長時間に渡って貯蔵している住宅という事になります。
この事が木材を使う大儀の一つでもあります。
可能な限り、計画的に植林伐採された木材を利用していただけるように
この大儀を広めていければと思います。
フローリング
無垢フローリング専門店 [木魂] 25年間で5,000件以上の実績を持つ木材コンシェルジュが世界各地の原木から厳選した無垢フローリングをご提供いたします。
東京都・新木場無垢フローリング専門店
全400種類の無垢フローリング
商品データ集をダウンロード(click!)

人気blogランキングへエントリーしております。
ブログランキングバナー
今日も清きワンクリックをポチッとお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)