木表と木裏の違い

「御社のフローリング材は、木裏と木表は分けられていないのですか?」
とのご質問を頂きました。
ここで言う“御社のフローリング”とは、メイプルとブナでした。
分けられていない旨をお伝えすると、大工さんは
「木裏は弱かったり剥がれ易かったりするのでフローリング材には不向きだ」
と言われたそうです。
針葉樹系の松や桧で木裏木表を気になさる様なお話は聞いた事はありますが、
広葉樹系でそれも散孔材で言われた事は初めてだったので少し気になります。
散孔材とは、木が持つ導管の一種です。
道管は、円筒形をした細胞で、水分が上昇する通路となります。
道管が無い単純な構造をもつ針葉樹に比べると、広葉樹は複雑に道管が配列し、
環孔材、散孔材、放射孔材などに分類されます。
○散孔材 (さんこうざい)
 道管の分布が無差別に散在している材。木目ははっきりしないが均質である。
 ブナ、ホオ、サクラ、カツラ、シナなどに見られます。
○環孔材 (かんこうざい)
 道管の分布が、年輪に沿って環状に配列しているもの。木目がはっきり表れる。
 ケヤキ、ナラ、キリ、セン、チークなどに見られます。
○放射孔材 (ほうしゃこうざい) radial porous wood
 道管の分布が、樹心を中心に放射状(半径方向)に配列しているもの。
 カシなどに見られます。
散孔材の木裏の剥離については100%大丈夫とは言えませんが、
未だに見たことも聞いたこともありません。
針葉樹の木裏の剥離でさえなかなかお目にかかれるものではないと思います。
広葉樹フローリングのほとんどの場合は、木裏木表混合で製品化していると思います。
当社での木裏木表選別の商品化は今のところ不可能です。
木裏木表選別の優位性も含めて考えてみたいと思います。
広葉樹で散孔材で木裏木表を木にせずと言うことは、
当り前と思っていましたが、現場からの声なので検討してみたいと思います。
もちろん必要なのであれば商品化も考えてみます。
フローリング
無垢フローリング専門店 [木魂] 25年間で5,000件以上の実績を持つ木材コンシェルジュが世界各地の原木から厳選した無垢フローリングをご提供いたします。
東京都・新木場無垢フローリング専門店
全400種類の無垢フローリング
商品データ集をダウンロード(click!)

人気blogランキングへエントリーしております。
ブログランキングバナー
今日も清きワンクリックをポチッとお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)