スラブ厚120mmでJIS規格LL40の床材ってどんな物?

マンション床の防音についてのお問い合わせをよくいただきます。
ほとんどのマンションは管理組合規定で軽量衝撃音LL:45程度の床材を指定されています。
公の機関で軽量衝撃音のテストをするとスラブ厚は150mmです。
このスラブの上に防音材などの実験体を置いてタッピングマシーンでテストをします。
そのテスト結果がLL:40やLL:45だったりする訳でこの数値は保障値ではありません。
最近、問い合わせが多い事例が…
スラブ厚120㎜の物件でLL:40等級以上の床材を使用する事。
こんな材料が存在するとは思えません。
公の場でL値データを測定するにしてもスラブ厚は150㎜です。
もう少し、現場の状況を掘り下げて聞いてみると
築20年以上で現状カーペットか絨毯という場合がほとんどです。
簡単に言うと
LL(軽量衝撃音)はスプーンなどが落ちた時の音です。
LH(重量衝撃音)は子供達がどんどんはしゃいだ時の低い音です。
カーペットや絨毯などはLLには非常に有効ですがLHではあまり効果が期待できません。
つまりスラブ厚120㎜の物件でLL:40等級以上の床材を使用する事。と言う事は
スラブが120㎜しかなく防音性能が低いのでカーペットか絨毯しか使用できません。
と言う事なのでしょう。
上手いこと?を言うもんだ…(-_-;)
マンションの防音材を調べていてその物件のスラブ厚を知った時の方が少し怖い気がします。
フローリング
無垢フローリング専門店 [木魂] 25年間で5,000件以上の実績を持つ木材コンシェルジュが世界各地の原木から厳選した無垢フローリングをご提供いたします。
東京都・新木場無垢フローリング専門店
全300種類の無垢フローリング
商品データ集をダウンロード(click!)

人気blogランキングへエントリーしております。
ブログランキングバナー
今日も清きワンクリックをポチッとお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)