五感の小宇宙

なごみ
愛媛のおばあちゃんから参考にと本が届いた。
茶のあるくらし「なごみ」2009年3月号
表紙には「茶事というもの 五感の小宇宙」とされている。
非常に興味深い表紙である。
早速、拝見です。
ほとんど趣味の世界です。
閑話休題
五感を通して、人は繋がる
そもそも五感とは
視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚を合わせて、五感という。
人間には感覚が五つあり、この五感が感覚のすべてである。
どのような認知、認識も、この五感のどれかを経なければ伝わらない。
話し言葉は聴覚から入り、書き言葉は視覚から入る。
その後に言葉として認識対象となるのである。
茶碗を見る。茶碗はまず視覚で見る。
茶碗を取り込む。茶碗の釉肌や、重さ、手取りは触覚で認識する。
傾けて茶を喫する。味覚と嗅覚に茶の味と香りが捉えられる。
茶碗の手取りが軽いか重いかはこのときの茶の味わいに微妙だが確かな影響を与える。
吸い口を指で拭うとき、紬肌がとくに印象強く残り、後味の一部となる。 
茶の味わいが、茶液の味覚と嗅覚だけで成り立つのなら、
ホーロー食器で喫しても同じ味だということになろう。
フランス料理の味が、食べ物の味覚と嗅覚と触覚(食感)だけで成り立つなら
プラスティックの食器、怒声飛び交う室内で食しても同じ味だということになろう。
喫する物、食する物に応じた器や場所、静寂を選ぶのは、人間の旧い既知の営みである。
茶事はその究極の姿である。
茶事をしばしば「御茶一服」という。茶事の中核は、濃茶である。
一碗の濃茶を喫する心境を作るために、懐石を調え、茶事という空間を調える。
露地・茶室の風情、床荘り、炭手前、懐石、中立などの周辺要素は、
その一期一会に向けて調和されるのである。
以上、一部抜粋です。
ただ単に仕事=労働などと安易に考えてはいけませんね。
仕事をすると言う事は…
何をするにしても全てに共通する大切な事があるような気がします。
それに気が付くには感覚を研ぎ澄まして生活しなくてはいけないのでしょうね。
フローリング
無垢フローリング専門店 [木魂] 25年間で5,000件以上の実績を持つ木材コンシェルジュが世界各地の原木から厳選した無垢フローリングをご提供いたします。
東京都・新木場無垢フローリング専門店
全300種類の無垢フローリング
商品データ集をダウンロード(click!)

人気blogランキングへエントリーしております。
ブログランキングバナー
今日も清きワンクリックをポチッとお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)