今日は大掃除です!

今日は大掃除でした。
今年1年たくさんの方に支えて頂きました事を本当に感謝いたします。
京都の材木屋さんには可能性とフロンティアスピリッツを教えていただき。
愛知の商社の方には中国貿易のイロハを教えていただき。
世界一の自動車会社の開発の方には勝者のあり方を教えていただき。
茨木の不動産屋さんには心の大きさを教えていただき。
剣道の師匠には引き際の大切さを教えていただき。
地場建材問屋の方には誠実さを教えていただき。
花園の小料理屋の方には思いやりの大切さを教えていただき。
交野の工務店の監督さんには諦めない心を教えていただき。
川西の工務店の社長に勉強の大切さを教えていただき。
ボクシングの世界チャンピオンには謙虚さを見せ付けられ。
この他にもたくさんたくさん教えていただきました。
このような愛情をたくさん受けて1年間様々なイベントや仕組み造りを進める事ができました。
やはり大切なのは「心」でしょうか。
何も解らず教えて頂かなければホントなーんにもできない私です。
日々、アンテナを張り巡らして謙虚な姿勢で教えていただく。
後は行動に移すかは本人次第ですものね。
今年1年間は405名の方と名刺を交換させていただきました。
昨年と比較して約半分の数字です。
営業をサボっているのが丸見えです(@_@)
来年度の意気込みは年が明けてから発表したいと思います。
本当に皆さま今年1年間たくさんの愛情をありがとうございました。
よいお年をお迎え下さい。

国内木材生産量15年ぶり増加(^O^)/

国内木材生産量15年ぶり増加(^O^)/
神戸新聞より
長年下落してきた国産木材の消費に、回復の兆しが見えてきた。国内生産量は二〇〇三年から十五年ぶりに増加へ転じ、兵庫でも一年前から製材生産量が前年同月を上回る状況が続いている。背景には、世界的な森林資源の減少に加え、住環境の自然志向の高まりや、手入れが行き届かない森林が台風などの災害に弱くなっていることへの危機意識などがある。地域の木を使う家を増やすことで林業を再興し、森林環境を改善させる取り組みも広がっている。(経済部 辻本一好)
小さなことからコツコツと…
しっかり内需拡大に貢献しなきゃ(^^♪

T社のク○ウンの開発者

先日、世界を代表するT自動車を定年退職された方と面談させていただきました。
この方は“いつかはク○ウン”と言う名文句で売り出している
高級車の開発に携わっておられた方です。
無垢フローリングの話は早々に決まってその後に非常に興味のある話をして下さいました。
T社がどうして業績がいいのかお話をしてくれました。
一般的には製造工程の管理が密に行われているのが1番重要だと思われがちだそうだ。
もう一つ奥の事を言うとT社の新製品開発は非常に厳しく単純明快だそうだ。
現行販売されているパーツよりも性能が良くなおかつ価格が安くてはならない。
この2つが揃って初めて新商品となるそうです。
うーむ… 確かにそうですよね。
当たり前と言えば当たり前ですね。
私達の業界ではメーカーが少~しだけ仕様を変更して
新商品を販売する場合平気で定価を値上げしてきます。
以前もホルムアルデビドの放散量の性能区分を示す為に
新たに表示する義務が発表された時にも便乗値上げ!ってなかんじです。
建築業界はメーカーから末端まで意識が低いのが目に見えますね(@_@)
どうにかならないものだろうか?
もう一つ掘り下げた話をお聞きしました。
T社の本当の強みを聞いたような気がしました。
お聞きしたことを実行すれば必ずその会社は発展する事でしょう。
私達も実は先日から少しずつ実行しています。
よく考えてみると勝ち組とされている企業はどことも実行されているかもしれません。
これも単純明快なことです。
たくさん教えていただいたお客様に感謝です。
良いお話をしてくれる方の共通点は「謙虚な姿勢」です。
私もこんな風に思われるように水鳥の如く日々精進です^_^;
ありがとうございました。

桧(ひのき)床暖房対応無垢フローリングが発売開始です!

床暖房対応桧(ひのき)フローリング蜜蝋(蜜蝋)WAX仕上げ
桧(ひのき)節有 床暖房対応フローリング
桧(ひのき)小節 床暖房対応フローリング
桧(ひのき)無節 床暖房対応フローリング
ついに販売開始となります。
床暖房対応桧(ひのき)フローリング蜜蝋(蜜蝋)WAX仕上げ(^^)/
1818㍉の1枚物で自然塗装の蜜蝋WAXを両面に塗り込んであります。
等級も節有・小節・節無と3グレードをご用意しています。
ウレタン塗装が嫌いなお客様にはこちらの商品がお勧めです。
日頃のメンテナンスも蜜蝋WAXでお手入れが可能です。
こちらの商品は東京ガスの数々の厳しい検査をクリアーしたお墨付きの商品です。
床暖房非対応の同材のフロアーもご用意させていただいておりますので床暖房システムを貼らない箇所にも同じ表情のフローリングを貼ることが出来ます。
これによりコストを低減する事も可能となりました。
ぜひ、桧(ひのき)の素材感あふれる感覚を味わってみて下さい。
桧(ひのき)床暖房対応フローリング 蜜蝋WAX仕上
■1818x80x15㍉
■エンドマッチ加工・四方実付き
■蜜蝋WAX仕上げ
■木曽産
■価格についてはお問い合わせください。

竹も床暖房に対応しています(^_^)v

竹各職

 

 

 

今日は久々に商品紹介をさせて頂きます(^^)/
竹フローリングです。もちろん床暖房対応商品有りです(^_^)v
竹のフローリングは通常よく見る無垢フローリングのように木目が出ていません。
竹を細く竹ひごの様に割いて集成加工しているので均一な線状が表面に出てきます。
ちょっと変わったフローリングをお求めの方には超お勧めです。

竹ミディアム竹クリアー竹ダーク

 

 

 

色目はミディアム・クリアー・ダークの3色から選んでいただけます。

竹横断面竹縦断面

 

竹のフローリングには縦貼と横貼をご用意させていただいております。
竹ひごを縦に貼り付けていくか横に貼り付けていくかで表面の表情が全く異なります。
縦貼は細い線状に見え、横張りは竹本来の表情がよく現れています。
縦貼は竹だと言われなければ気付かれる方は少ないのではないでしょうか。

 

竹ミディアム竹クリアー竹ダーク

 

 

こちらの竹フローリングは着色は一切行っておりません。
乾留加工による天然彩色の風合を出しています。
もちろんF☆☆☆☆規格同等品ですので安心してお使いいただけます。

木は狂うの?

木が割れる、反る、縮む。
これらは木が乾燥している度合いによって生じる現象なのです。
木は一つの塊のように見えますが、実は細かな細胞によって形成されています。
木は年輪に沿って繊維方向、接線方向、年輪の方向の3方向に分けたとき、
それぞれにおいて木の収縮する度合いが異なります。

続きを読む 木は狂うの?

本日実験中

ウッドロングエコという商品をご存知ですか?
この商品特徴は
①1度塗りで60年も材木がもつらしい。
②200円~300円/㎡程度のコストで経済的です。
③粉末状の製品を水に溶き、塗るか浸すだけです。素人の方でも簡単に使用できます。
等々自然素材でこれだけの効果が得られる商品は珍しいですよね。

ニューヨーク・スタインウェイって知ってます?(+_+)

知り合いの方に招待されて桧フローリングを貼ったお宅へお邪魔しました。
2年目と言う事もあってかなり良い艶が出てきていました。
飴色に変わり始めたフローリングはとてもよい味を醸し出していました。
よくある質問で無垢のフローリングは透いたりしませんか?
と聞かれることがあります。
もちろん100%透くのですがどの程度かと言うと難しいので
下の画像を参考にしていただければと思います。

TI.CO芦屋の家

 

 

 

これからもっと艶が出て味の在るフローリングになって行くのでしょうね(^^♪
(画像が暗くてスミマセン^^;クリックで大きくなります)
こちらのお宅にお邪魔して色々とお話させて頂いているうちに
奥様がお茶を出して下さりました。
そのお茶碗は優しい色が特徴的な山口県萩市が産地の萩焼のお茶碗でした。
私の両親が山口県出身で昔から馴染みがあるのと
陶芸大好きな私にとってはとても楽しくお話が弾みました(^O^)
なんだかんだで長居してお家全体のフローリングを点検していると
物凄い堂々としたグランドピアノが現れました(@_@)
全く楽器に知識が無い私でもその圧倒的な存在感は感じることができる位のピアノです。

 

スタインウェイ①

 

 

 

スタインウェイ②

 

 

 

 

スタインウェイ鍵盤

 

 

 

スタインウェイ③

 

 

 

スタインウェイ④

 

 

 

スタインウェイ⑤

 

 

 

奥さんからニューヨーク・スタインウェイ&サンズの
100年以上前のピアノだよって聞かされてびっくり!
100年以上経ってもこのクオリティーを保っているんですね。
ちなみにもう一台国産の既製品のピアノも見せていただきましたが
全くの別物って感じでした。
音も見た目もニューヨーク・スタインウェイ&サンズのピアノは丸く柔らかい感じがしました。
(この表現が合っているのかどうかも解りませんが…^_^;)
奥さんはピアノを教えているそうです。
教え子さん達が今月の17日に奈良女子大学にてコンサートを開催されるそうです。
奈良女子大学の奈良女子大学記念館は
重要文化財に指定されている建造物だそうです。
17日にはコンサートに行ってみたいと思っています。
今、ニューヨーク・スタインウェイ&サンズの事を調べてまたビックリ(+_+)
物凄いピアノなんですね!溜息が出ました…