ブログランキング^^;

今年も終わりが近づいてきました。
ブログをはじめて約4ヶ月が過ぎました。
当初はブログランキング6位までUPしましたが今や30位前後をうろうろしています。
それほど私のブログに訪問いただいている人数に変わりはありませんが、ブログランキングに参加し始めた方が物凄く増えてきていますね。
さすが、2005年の上半期注目キーワードになった“ブログ”のパワーを感じます
私のブログはほぼ毎日更新していますが、私が結構真剣に考えたネタはあまり人気が無く、どうでも良い日々のちょっとした出来事の方が人気があったりするんですよ(T_T)
でもこのちょっとした出来事を公表するのが自分の事を知っていただくよいきっかけとなるみたいです。
初めてなのに親近感がありとても話がしやすいんですよ。
ブログって本当にすごいなぁって思っています。
ブログの効果がとても解った半期となりました。
来年もできるだけ日々UPして行こうと思います。
これからもよろしくお願い致します。

本屋さんへ

今日は本屋さんへ行ってお休み中に読む本を購入しました。
近所のTUTAYAさんは大繁盛です。
駐車場に入るのにも結構待つんです。
こんな繁盛店になってみたいものです。
なんでこんなに流行っているのでしょうね?
ぼーっと考えるべし。

今日は大掃除です!

今日は大掃除でした。
今年1年たくさんの方に支えて頂きました事を本当に感謝いたします。
京都の材木屋さんには可能性とフロンティアスピリッツを教えていただき。
愛知の商社の方には中国貿易のイロハを教えていただき。
世界一の自動車会社の開発の方には勝者のあり方を教えていただき。
茨木の不動産屋さんには心の大きさを教えていただき。
剣道の師匠には引き際の大切さを教えていただき。
地場建材問屋の方には誠実さを教えていただき。
花園の小料理屋の方には思いやりの大切さを教えていただき。
交野の工務店の監督さんには諦めない心を教えていただき。
川西の工務店の社長に勉強の大切さを教えていただき。
ボクシングの世界チャンピオンには謙虚さを見せ付けられ。
この他にもたくさんたくさん教えていただきました。
このような愛情をたくさん受けて1年間様々なイベントや仕組み造りを進める事ができました。
やはり大切なのは「心」でしょうか。
何も解らず教えて頂かなければホントなーんにもできない私です。
日々、アンテナを張り巡らして謙虚な姿勢で教えていただく。
後は行動に移すかは本人次第ですものね。
今年1年間は405名の方と名刺を交換させていただきました。
昨年と比較して約半分の数字です。
営業をサボっているのが丸見えです(@_@)
来年度の意気込みは年が明けてから発表したいと思います。
本当に皆さま今年1年間たくさんの愛情をありがとうございました。
よいお年をお迎え下さい。

国内木材生産量15年ぶり増加(^O^)/

国内木材生産量15年ぶり増加(^O^)/
神戸新聞より
長年下落してきた国産木材の消費に、回復の兆しが見えてきた。国内生産量は二〇〇三年から十五年ぶりに増加へ転じ、兵庫でも一年前から製材生産量が前年同月を上回る状況が続いている。背景には、世界的な森林資源の減少に加え、住環境の自然志向の高まりや、手入れが行き届かない森林が台風などの災害に弱くなっていることへの危機意識などがある。地域の木を使う家を増やすことで林業を再興し、森林環境を改善させる取り組みも広がっている。(経済部 辻本一好)
小さなことからコツコツと…
しっかり内需拡大に貢献しなきゃ(^^♪

T社のク○ウンの開発者

先日、世界を代表するT自動車を定年退職された方と面談させていただきました。
この方は“いつかはク○ウン”と言う名文句で売り出している
高級車の開発に携わっておられた方です。
無垢フローリングの話は早々に決まってその後に非常に興味のある話をして下さいました。
T社がどうして業績がいいのかお話をしてくれました。
一般的には製造工程の管理が密に行われているのが1番重要だと思われがちだそうだ。
もう一つ奥の事を言うとT社の新製品開発は非常に厳しく単純明快だそうだ。
現行販売されているパーツよりも性能が良くなおかつ価格が安くてはならない。
この2つが揃って初めて新商品となるそうです。
うーむ… 確かにそうですよね。
当たり前と言えば当たり前ですね。
私達の業界ではメーカーが少~しだけ仕様を変更して
新商品を販売する場合平気で定価を値上げしてきます。
以前もホルムアルデビドの放散量の性能区分を示す為に
新たに表示する義務が発表された時にも便乗値上げ!ってなかんじです。
建築業界はメーカーから末端まで意識が低いのが目に見えますね(@_@)
どうにかならないものだろうか?
もう一つ掘り下げた話をお聞きしました。
T社の本当の強みを聞いたような気がしました。
お聞きしたことを実行すれば必ずその会社は発展する事でしょう。
私達も実は先日から少しずつ実行しています。
よく考えてみると勝ち組とされている企業はどことも実行されているかもしれません。
これも単純明快なことです。
たくさん教えていただいたお客様に感謝です。
良いお話をしてくれる方の共通点は「謙虚な姿勢」です。
私もこんな風に思われるように水鳥の如く日々精進です^_^;
ありがとうございました。

桧(ひのき)床暖房対応無垢フローリングが発売開始です!

床暖房対応桧(ひのき)フローリング蜜蝋(蜜蝋)WAX仕上げ
桧(ひのき)節有 床暖房対応フローリング
桧(ひのき)小節 床暖房対応フローリング
桧(ひのき)無節 床暖房対応フローリング
ついに販売開始となります。
床暖房対応桧(ひのき)フローリング蜜蝋(蜜蝋)WAX仕上げ(^^)/
1818㍉の1枚物で自然塗装の蜜蝋WAXを両面に塗り込んであります。
等級も節有・小節・節無と3グレードをご用意しています。
ウレタン塗装が嫌いなお客様にはこちらの商品がお勧めです。
日頃のメンテナンスも蜜蝋WAXでお手入れが可能です。
こちらの商品は東京ガスの数々の厳しい検査をクリアーしたお墨付きの商品です。
床暖房非対応の同材のフロアーもご用意させていただいておりますので床暖房システムを貼らない箇所にも同じ表情のフローリングを貼ることが出来ます。
これによりコストを低減する事も可能となりました。
ぜひ、桧(ひのき)の素材感あふれる感覚を味わってみて下さい。
桧(ひのき)床暖房対応フローリング 蜜蝋WAX仕上
■1818x80x15㍉
■エンドマッチ加工・四方実付き
■蜜蝋WAX仕上げ
■木曽産
■価格についてはお問い合わせください。

竹も床暖房に対応しています(^_^)v

竹各職

 

 

 

今日は久々に商品紹介をさせて頂きます(^^)/
竹フローリングです。もちろん床暖房対応商品有りです(^_^)v
竹のフローリングは通常よく見る無垢フローリングのように木目が出ていません。
竹を細く竹ひごの様に割いて集成加工しているので均一な線状が表面に出てきます。
ちょっと変わったフローリングをお求めの方には超お勧めです。

竹ミディアム竹クリアー竹ダーク

 

 

 

色目はミディアム・クリアー・ダークの3色から選んでいただけます。

竹横断面竹縦断面

 

竹のフローリングには縦貼と横貼をご用意させていただいております。
竹ひごを縦に貼り付けていくか横に貼り付けていくかで表面の表情が全く異なります。
縦貼は細い線状に見え、横張りは竹本来の表情がよく現れています。
縦貼は竹だと言われなければ気付かれる方は少ないのではないでしょうか。

 

竹ミディアム竹クリアー竹ダーク

 

 

こちらの竹フローリングは着色は一切行っておりません。
乾留加工による天然彩色の風合を出しています。
もちろんF☆☆☆☆規格同等品ですので安心してお使いいただけます。

服が合わねぇ(>_<)

ダイエット宣言をして早や5ヶ月…
-11kgまでは好調でしたがここからなかなか減らない(>_<) あと4kg落とそうと思っていますがいつの事になるのやら。 ここに来て今まで来ていた服がブカブカになって来ました。 忘年会や新年会でスーツなんかもよく着る季節です。 とりあえずスーツを買おうと思って近所の洋服屋さんへ行きました。 もともと吊るしのお買い得品をたくさん扱っているところですがなんだかだまされて様な売り方をしているんですね。 スーツ1着お買い上げしていただくと2着目は1,000円です!だそうです。 んっ?なんだこりゃ?と思うのは私だけなのでしょうか? とか何とか考えながら私もちゃんと2着お買い上げ(-_-;) うーむ… 少しだまされた気分になりましたが、洋服屋さんにも色々な販売システムが構築されているんでしょうね。 あと4kg頑張りまーす(^^)/

木は狂うの?

木が割れる、反る、縮む。
これらは木が乾燥している度合いによって生じる現象なのです。
木は一つの塊のように見えますが、実は細かな細胞によって形成されています。
木は年輪に沿って繊維方向、接線方向、年輪の方向の3方向に分けたとき、
それぞれにおいて木の収縮する度合いが異なります。

続きを読む 木は狂うの?