無垢フローリング 専門店 ビーチ専門サイト 世界各地の原木から厳選した 無垢フローリング をご提供いたします

ホームに戻る 無垢フローリング 樹種一覧 無垢フローリング専門店[木魂]について お客様の声 ご利用ガイド よくいただくご質問 無垢フローリング の購入をお考えの方へ 無垢フローリングのショールーム「ゆらぎ」のご案内
無垢フローリングのショールーム「ゆらぎ」 ビーチ 無垢フローリング
無垢フローリング専門店 HOME >> ビーチ 無垢フローリング
無垢フローリング
前田英樹からの約束
無垢フローリング

無垢フローリング専門店 「木魂〜KODAMA〜」
ご来店いただきありがとうございます。
木魂〜KODAMA〜は、店主が直接、生産地や製材業社に出向いて生産者と面談し
納得した木材だけを取り扱っている無垢フローリングの専門店です。

このホームページにご来店されたお客様は
無垢フローリングのカットサンプル、御見積をご請求することができます。
また、質感など、ご自身の五感で無垢フローリングを体感されたい方は、
ショールーム「ゆらぎ」にて、くつろぎながらご見学いただけます。

無垢フローリングの購入の前に

ロータスビーチ(ぶな)
ロータスビーチ 無垢フローリング
とても小さな斑点があちらこちらで
可愛い表情を見せるロータスビーチフローリング。
ラインナップ
幅広タイプ
床暖房対応タイプ
比較表
この小さな斑点がロータスビーチの特長ともいえます。また、ほんのりとピンクがかった色あいは、優しいうえに高級感さえ溢れます。

時が経ち、使い込まれるロータスビーチフローリングのほんのり赤く滑らかな感触は、そこで生活される方だけが感じることができる至福の居場所となるでしょう。

ロータスビーチについて詳しく知りたい方はこちら

みちのくぶな(国産ビーチ)
みちのくぶな 無垢フローリング
みちのくぶなフローリングは、緻密な肌目と樫目が生む滑らかで優雅な表情を見せます。
ラインナップ
幅広タイプ
床暖房対応タイプ
比較表
この小さな斑点がみちのくぶなの特長ともいえます。 また、ほんのりとピンクがかった色あいは、 優しいうえに高級感さえ溢れます。

時が経ち、使い込まれるみちのくぶなフローリングの ほんのり赤く滑らかな感触は、そこで生活される方だけが 感じることができる至福の居場所となるでしょう。

みちのくぶなについて詳しく知りたい方はこちら


ロータスビーチフローリングについて

無垢フローリング ロータスビーチ について
イメージを拡大

ロータスビーチは、ヨーロッパでは古くから高級家具などに使用されてきました。その木肌は、使い込むほどに人に優しい非常に滑らかな足触りに変化していきます。

杓文字・銃床・洋傘手元などの感触を思い浮かべていただければ、どれだけ滑らかな木肌になるか容易に想像できるかと思います。

ビーチ材は、その美しい肌目だけではなく、弾力性に優れ加工がしやすい為にヨーロッパでは木製玩具・木器にも多く使用されてきました。

ビーチ材は、匂いを嗅いでなめると分かりますがほぼ無味無臭です。ヨーロッパでは小さなお子様が遊ぶ積木などの材は、決まってビーチ材が使われてきました。
ブナ(ビーチ)は、漢字で書くと木辺に無いと書いてブナと読みます。もしかするとブナが無味無臭なので漢字の元になったのかもしれません。

時が経ち、使い込まれるロータスビーチフローリングのほんのり赤く滑らかな感触は、そこで生活される方だけが感じることができる至福の居場所となるでしょう。


無垢フローリング ロータスビーチ(1枚物・カーム・自然OIL&WAX)拡大画像
無垢フローリング ロータスビーチ(1枚物・カーム・無塗装)拡大画像
無垢フローリング ロータスビーチ(UNI・カーム・自然OIL&WAX)拡大画像
無垢フローリング ロータスビーチ(UNI・カーム・無塗装)拡大画像

ロータスビーチについて詳しくはこちら

みちのくぶなフローリングについて

無垢フローリング みちのくぶなについて
イメージを拡大

あまり建築資材としての価値を見出すことができなかったみちのくぶなは、日本各地でぶなの森としても見ることが可能です。東京近隣の山々でもぶな(ビーチ)を見かける事は多いかと思います。

例えば、神奈川県丹沢地域では今でもぶな(ビーチ)の森が多く存在します。最近では、紙原料としてのチップの需要が高まり、みちのくぶなも伐採されるようになりました。もちろんチップは大切な資源ですので細い木はチップへ、太い木は木材へと生まれ変わります。

みちのくぶなの山林は保水力がとても大きいと言われています。水分をたくさん含んだみちのくぶなは、木材へと製材する際にはしっかりと乾燥させなければいけません。夏の間、比較的雨の少ない日本海側はみちのくぶなの山林が貯えた水が夏の乾燥から作物や山野の植物を護ってきたといわれています。

また、みちのくぶなは秋に黄変し落葉します。湿り気のある林内にはたくさんのキノコ類が発生する。東北の多雪地帯の村人にとって貴重な食料となっていました。

木材となったみちのくぶなは、緻密な肌目と樫目が生む滑らかで優雅な表情を見せます。材色は全体に淡い褐色を帯び、心材・辺材の境は不明瞭です。時が経つにつれ赤味を増し、艶やかな赤褐色に変化していきます。


無垢フローリング みちのくぶな(乱尺・自然OIL&WAX)拡大画像
無垢フローリング みちのくぶな(乱尺・無塗装)拡大画像

みちのくぶなについて詳しくはこちら

無垢フローリングのショールーム「ゆらぎ」
無垢フローリング 木魂TOPへ