チーク・テクトナク属クマツヅラ科

チーク

チーク材は、家具材における世界三大銘木の一つとして
ウォールナット、マホガニーと共に世界的に有名。

辺材は黄白色、心材は金褐色〜濃い褐色で、しばしば濃色の縞模様をもつ。木理は交錯し肌目も粗いが、光沢と香気を有する。重硬で強靱なため加工性にやや難があるが、収縮が小さく狂いも少ない。耐朽性は極めて大きく、シロアリにも強い。

原産地はインド、ミャンマーで、古くから有用樹種として注目され、アジア各国において造林されてきたため、タイ、インドシナ、ジャワなど多く分布している。この地域に分布する熱帯林の豊かな生物多様性と、その価値は世界が認めるものであり、WWFの「グローバル200」、ユネスコの「生物圏保護区」、CIの「生物多様性ホットスポット」に指定されている保護価値の高い地域である。WRIの「Intact Forest」にも未開拓の森林が残っている地域として示されている。しかしながら、現在市場を流通するチークには、天然林から生産されたものと、人工林から生産されたものがあり、生産地の環境負荷を考慮する際は、区別して考える必要がある。

高級樹種として知られるチークは、造林適木としてその分布域を広げているものの、一方で天然木伐採も依然続いている。IUCNの「レッドリスト」ではフィリピン固有種のTectona philippinensisが「絶滅危機(EN B1+2abc)」と評価され、天然木の希少性が危惧されている。

違法伐採のリスクについては、各生産国の森林管理行政の状況によって差はあるが、様々なアクターによる癒着、汚職により、森林管理行政が阻害されているインドネシア、ミャンマーなどでは、そのリスクは限りなく高い。

東京までの輸送距離は直線距離で6,000kmを超え、近年は中国を経由した加工貿易が盛んなこともあり、それ以上と考えられる。耐朽性は「極大」。家具材、デッキ材、建具、船体など様々な用途に利用される。

引用:Fair Wood

ミャンマーチーク
学名:Tectona grandis
別名:ビルマチークなど
分類:テクトナク属クマツヅラ科
原産・分布:ミャンマー
用途:高級家具、建築材、床材、船舶材
色調:辺、心材の区別は明瞭。心材は独特の金褐色で、暗褐色の縞があり、時間の経過と共に暗色化していく。辺材は黄白色で油性に富む。肌目は材により精から粗まである。材面は蝋状の感触をもち、皮革のような独特の芳香がある。

 

ミャンマーチーク丸太・ビルマチーク丸太

 

 

ミャンマーチーク丸太・ビルマチーク丸太

 

ミャンマーチーク丸太・ビルマチーク丸太

 

ミャンマーチーク木肌・ビルマチーク木肌

 

ミャンマーチーク木肌・ビルマチーク木肌

 

ミャンマーチーク木肌・ビルマチーク木肌

 

 

 

インドネシアチーク
学名:Tectona grandis
別名:ネシアチークなど
分類:テクトナク属クマツヅラ科
原産・分布:インドネシア、マレーシアなど
用途:高級家具、建築材、床材、船舶材
色調:辺、心材の区別は明瞭。心材は独特の金褐色で、暗褐色の縞があり、時間の経過と共に暗色化していく。辺材は黄白色で油性に富む。肌目は材により精から粗まである。材面は蝋状の感触をもち、皮革のような独特の芳香がある。
ミャンマーチークと比較すると色合いは若干明るい。

インドネシアチークの苗木

 

インドネシアチークの立木

 

インドネシアチークの丸太

 

インドネシアチークの丸太

 

インドネシアチークの木肌

 

インドネシアチークの木肌

 

インドネシアチークの木肌