故郷の無垢フローリングを使ってみたい

無垢フローリングショールームでお施主様と面談している中で
ぜひ、生まれ故郷の無垢フローリングを採用してみたい
と言う声も頂いております。

無垢フローリング専門店木魂では、日本全国各地から
無垢フローリングを取り寄せる事が可能です。

MAPに記載のない都道府県からも取り寄せられる
可能性は十分にございますので是非お問い合わせください。

 

 

 

TV局へ行ってきました

阿波桧
阿波桧フローリング

 

伊予杉
伊予杉フローリング

 

剣栂
剣栂フローリング

 

侍浜松
侍浜松フローリング

 

 

南部本栗
南部本栗フローリング

 

木曽桧
木曽桧フローリング

 

 

南部唐松
南部唐松フローリング

 

 

どれがどの樹種の無垢フローリングだか分かりますか(・・?
上の画像全て純国産の無垢フローリング材のほんの一部分なんですよ。
木魂では純国産無垢フローリングだけでも60種類からご検討いただけます。

純国産無垢フローリングで演出する和(なごみ)の住空間

古くから日本の住宅には木材は無くてはならない物で現代まで多用されてきました。
日本の住宅は木造住宅が主流で当に木材の住宅そのものでした。
以前は、柱が見える真壁工法が主流でしたので
生活の中で木材は多く目に付く事がありました。

今では大壁工法と言って柱が見えない工法が主流です。
真壁工法が主流の時代には、子供たちが家の柱に成長の標しを付けてもらっていました。
それぞれの思い出がたくさん詰まった柱は各家庭にあったような気がします。
まだ、日本人が直接木材と触れ合う事のできる住空間があった時代です。
その柱自体のほとんどが地域の国産材だったのです。
現在では木材と触れ合う事が少なくなったせいなのか、
木材が少なくなっていると思われる方もたくさん居られます。
特に国産材が減っていると思われる方も居られるようです。
しかし、そう思われてもおかしくはありません。
日本国内で消費される木材の7割が輸入材だと言われています。
これでは国産材が少なくなったと思われても不思議ではございません。
実際に流通量は少ないけれども中には古くからこだわりを持って
生産されている方が居られます。
木魂では日本全国の山林や製材所を店主が実際に訪ね歩きます。
そして、それぞれ木魂のクオリティーに沿って厳選した国産材をご提案させていただけます。
昔、実家の柱へ付けた成長の標しと同じ様に今度は子供たちと一緒に
無垢フローリングの傷や汚れを成長の標しにし、
和む(なごむ)住空間で思い出に造りと共に過ごしていただければ幸いです。
純国産無垢フローリングほぼ全ての樹種を無垢フローリングショールーム「ゆらぎ」
実際に床に使用しておりますので、足触りをご確認いただけます。
価格・サイズはこちらからご確認いただけます。

国産無垢フローリング

東京,無垢フローリング

全500種類の無垢フローリング
商品データ集をダウンロード(click!)


無垢フローリング施工例一覧(木魂-kodama-)

無垢フローリング施工例専門サイト

無垢フローリング施工例一覧(ブログ)

 

全ての樹種から選ぶ

 

 

 

bnr_sekourei_350x90