モクコレ2019 に行ってきました。

WOODコレクション(モクコレ)2019 に行ってきました。

モクコレとは・・・
家電、車、Made in Japanに代表される日本のものづくりにはじまり、食材・産品、海外文化のウイスキー・ワインといった酒類、繊維・シルクなどの素材に至るまで、国産の価値が見直され新しい付加価値が生れる現在。

モクコレでは、木材における国産価値を見出すと共に、今後の木材産業発展に向け、日本全国の木材製品・技術の展示・商談機会を提供します。

日本の森林保全に向け国産材の利活用は、日本がこれから社会が一体となって取り組むべき大きな課題です。
モクコレ2019で国産材の魅力、日本の木材産業の明日をご覧ください。

会場入り口で頂戴したエコバッグです。
おぉコットン製かぁ。
最近は不織布のエコバッッグが多い中、とっても頑張った感がある。

 

 

ラベルにはエコマークもあるぞ

 

このイベントの主催者が無料配布するものなのかは疑問がある・・・

あらぁ・・・
コットンは木綿だろうから素材的に感じがいいが、
Made in Japan 、国産、日本の森林などを前に出しているこのイベント。

代わりに国産の紙袋じゃダメですか?
紙も木材パルプから生産されているかと思うのですが…

もう一つ言うと、会場に入るなり焼肉の臭いが充満していたのは気になったなぁ。
木の香りなど全く無く、移動販売車がその場で作って提供するお弁当の臭い。

モクコレ2019の各ブースの展示内容自体は、とても面白かったです。
住宅建材メーカーが揃う展示会より個性の強い材木屋さんがたくさんいらっしゃいました。
また来年も楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です