国産材使用、公共建築物で義務付け=森林整備へ新法制定-林野庁

林野庁は28日、国の建築物への国産木材使用を
関係省庁などに義務付ける新法を制定する方針を固めた。
庁舎など約2万施設を対象に、建て替えなどの際、建築材や内装材に
一定量の国産材使用を求める。
林業振興とともに、木材利用の拡大により間伐を促進し、
二酸化炭素(CO2)吸収源となる森林の整備を図る。
自治体にも地域産木材の利用を増やすよう努力義務を課す方向で検討している。
 新法は来年の通常国会に提出する。
同庁では、国が率先して国産木材を使うことで民間への波及を狙い、
国内林業の再生と雇用拡大にもつなげたい考えだ。 
林野庁の決定はとてもうれしいです(^^)
木材の使い方は今と昔では相当に変化しています。
日本人の生活や価値観を少し改善しなくてはいけないかもしれませんね。
フローリング
無垢フローリング専門店 [木魂] 25年間で5,000件以上の実績を持つ木材コンシェルジュが世界各地の原木から厳選した無垢フローリングをご提供いたします。
東京都・新木場無垢フローリング専門店
全400種類の無垢フローリング
商品データ集をダウンロード(click!)

人気blogランキングへエントリーしております。
ブログランキングバナー
今日も清きワンクリックをポチッとお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)