激安!パインフローリング!!は本当に激安なのか??

材木屋としてこの様な事を書くことも大変恐縮ではございますが、
一般のお施主様が勘違いされていることも多いので書いてみます。

昨今、無垢フローリング激安品の代名詞と言えば
申し訳ないけどパインフローリングの節有・無塗装品が多くみられます。

激安!パイン無垢フローリング!! 〇〇〇〇円! とかですね・・・

実際、当社でも3,500円/㎡から販売しています。
合板フロアから少し頑張って手が届きそうな価格帯も人気の一つです。

パインフローリング 節有・無塗装パインフローリング 節有・無塗装

また、パインフローリングは、白く明るく、軟らかく温かみが有り、
節が顔面みたいに揃い、北欧風な感じが漂う人気の無垢フローリングです。

価格は安い。

確かに安い。

でも、そのまま使えるのか?

パインフローリングのそのほとんどが現地では土足用として販売されています。
土足用という事は、靴を履いて生活する方たち専用なので
そもそも素足で生活する日本人の生活スタイルに合っているものかどうなのか?

日本では、無垢フローリングを使用しようとするとカンナ仕上げでない限り
ウレタン塗装やオイル塗装、ガラス塗装など何かの塗装を施すのが一般的です。

そもそも日本向けの無垢フローリングの無塗装品は、
表面に#180ほどのサンディングを掛け、
塗装下地を作って無塗装として在庫や販売をすることが多いです。

輸入品のパインフローリングは、サンディング処理されていない物が多くみられます。
モルダーという加工機から出て来たままの状態です。
もし、これを日本国内で何らかの塗装を施そうとしたときには
表面をサンディングし下地を作ってから塗装を施す事になります。
もちろんサンディング費用も塗装費用も掛かります。
サンディングとオイル塗装費を合わせると2000円/㎡は掛かると思います。

あともう一つ。
パインフローリングは、節などの表面補修処理が施されていないことが多いようです。
抜け節、節欠け、ヤニツボなどは補修せずにそのままの事があります。

節の欠け
節の欠け
枝の折れた跡
枝の折れた跡
ヤニツボ
ヤニツボ

抜け節や節欠けなどは、素足で歩くと引っかかる可能性も無きにしも非ずです。
ヤニツボなんかは、ベタベタしてあまり気持ちいいとは言えませんね。

これが国産の桧フローリングや杉フローリングになると、
抜けたり欠けたりしている節は埋め木で処理されたり。
各節もパテ埋めしてサンディング処理を施すなど、素足対応の加工が施されています。

桧の埋め木
桧の埋め木

 

節のパテ処理
節のパテ処理

 

スギの埋め木
スギの埋め木

また、塗装に関してもパインフローリングは、
塗装費や塗装屋までの横持ち運賃が掛かりますが、
国産の杉フローリングや桧フローリングの場合は、
製材所で塗装することがほとんどなので安価です。

例えば税別単価で比較してみると・・・
パインフローリング 節有 無塗装  3,580円/㎡
自然オイル塗装費            2,000円/㎡
合計:                   5,580円/㎡

杉フローリング IS-05  節有 オイル塗装  3,999円/㎡

桧フローリング AH-22 節有 オイル塗装  4,160円/㎡

あれれ?
パインフローリングより桧や杉の無垢フローリングの方が安価ですね。

結局は、日本で住宅内装材として使える状態にした時の
価格差で比較するのが良いのではと思います。

決してパインフローリングが良いとか悪いとか言ってるわけではございません。
パインフローリングの表情や温かさや香りが好きな方もたくさんいらっしゃいます。

ただ、パインフローリングが素直に安価だと思ってはいけないという事です。

杉フローリングや桧フローリングだって
B級アウトレット無垢フローリングとなるとかなり安くなりますし・・・

無垢フローリングの費用について考える

無垢フローリングで生活したい!と思ったものの
近隣の工務店さんに相談したら
「今の合板フロアーは安くていいですよ」
「無垢フローリングは価格が高いですからねぇ」
「水廻り洗面に無垢フローリングはねぇ…」
などと言われることも少なからずあります。

【床材・床板・フローリングの材料費の目安】
【床材の材料費の目安】

無垢フローリングの価格が安いとか高いとかは、生活して快適かどうかとは方向性が異なるので今一度、よく考えて頂くか違う工務店さんを当たる事にしましょう。

では、無垢フローリングを施工するとなると、どの様な工事でどれくらい費用が掛かるのかリフォームの場合で見ていこうと思います。

今回は、無垢フローリングの張替えに限らず床板をさまざまな場面で改修・リフォームする状況で検討してみようと思います。

価格は、全国平均の相場を想定しています。
洋間や和室でも改修箇所がことなりますしっかり計画してみてください。

 

ケース①・既存床にフローリングを重ね貼りする

工事概要:
既存床材の上に、リフォーム用の薄い床材(厚1.5㎜)を両面テープで直接貼り付ける。

留意点:
重ね貼り専用フローリング材は薄く、下地の影響を受けやすいため下地や床組の状態確認が必要。また、既存床の材質によっては重ね貼りが不可能な場合もある。
ケース①・既存床にフローリングを重ね貼りする

 

ケース②・複合フロアーを無垢フローリングにする

工事概要:
複合フロアーを無垢フローリングに変更する。床の傾斜や床なりがある場合は、根太、大引、束立まで撤去し、床下地から新規に施工する。

留意点:
無垢フローリングは、色や模様等が均一でないこともあり、
温度・湿度の影響も受けやすいため、リフォーム時に採用する場合は注意が必要。
ケース②・複合フロアーを無垢フローリングにする

 

ケース③・既存床にコルク床材を重ね貼りする

工事概要:
硬く滑りやすいフローリングの上に滑りにくく軟らかいコルク床材を重ね貼りし転倒等のリスクに備える。

留意点:
使用するコルクタイルの厚さによっては、部屋の敷居と段差ができる事があるのでその場合は段差見切りを設置する。
ケース③・既存床にコルク床材を重ね貼りする

 

ケース④・ペットに優しい床にする

工事概要:
滑りやすいフローリングを撤去し、ペットに対応したクッションフロアに張替える。

留意点:
クッションフロアの他にも各メーカーからペット対応の滑りにくい木質系フローリング材なども販売されている。
ケース④・ペットに優しい床にする

 

ケース⑤・畳をフローリングにする
工事概要:
和室の畳を撤去し、敷居との高さを揃える為根太と下地合板で高さを調整し、フローリングを張る。
ケース⑤・畳をフローリングにする

 

ケース⑥・カーペットを遮音フローリングにする
工事概要:
カーペットを遮音フローリングへと変更する。フローリングはLL-45の遮音等級基準を満たしたものを選択する。幅木の交換も必要。
留意点:
一般的にフローリングはカーペットより遮音性が低く、マンションの防音規定や床下地の構成によって求められる遮音等級が異なるため、リフォーム前に管理規約を確認し、遮音等級を満たすフローリングにする必要がある。
ケース⑥・カーペットを遮音フローリングにする

 

ケース⑦・カーペットを遮音フローリングにする
工事概要:
階下への遮音性能を上げるため、頃橋床を乾式二重床に変更、フローリング仕上げとする。
留意点:
マンションの場合は防音規定や床下地の構造により、求められる遮音等級が異なるため、リフォーム前に管理規約での確認が必須である。また、躯体が水平でない場合も多く、リフォームの際には水平が取れているか確認しながらの施工が必要。
ケース⑦・カーペットを遮音フローリングにする

 

いかがでしょうか?
具体的に当てはまる例はございましたか?

戸建て住宅やマンションでもリフォーム箇所は異なりますでしょうし
戸建てなら住宅躯体の工法から、マンションなら床も直貼りか二重床、
更にはL40,L45などの遮音等級も検討しなければいけません。

改修・リフォームには、壁や天井、洗面所、浴室、トイレ、キッチン、
外装、内装も加わったりと上記に示しただけではすんなりとはいきません。
せっかく無垢フローリングを使うなら壁紙では無く
木目と相性の良い漆喰や珪藻土を採用したり
建具などにもこだわってみたいものです。
床を改修したら玄関の上がり框も必要かな…

リフォーム建築工事は、新しい夢が盛りだくさんですが
費用としては廃材も出ますのでそちらも加味しなくてはいけません。
少しの傷みで補修で済む箇所、補修では済まない大掛かりな
改修を行わなければいけない箇所もあります。

様々な例を組み合わせて御自宅に近い条件で
改修費用を算出してみてはいかがでしょうか?

 

 

全ての樹種から選ぶ