木材は何からできているの?(木材の成分)

木材は何からできているのでしょうか?
木材は、主にセルロース、ヘミセルロース、リグニンという3つの成分からできています。
木材を鉄筋のコンクリートにたとえると、セルロールが鉄筋、リグニンがコンクリート
ヘミセルロースはそれぞれをつなぐハリガネの役をしています。
リグニンは体を支える以外に、木材を腐りにくくする役割もあります。
また、リグニンのおかげで木は長生きする事が出来ます。
リグニンを無くすと木はバラバラに分解しやすくなり
紙の原料のパルプというものになります。
木材の主な成分はどれも炭素(たんそ)水素(すいそ)酸素(さんそ)を
くみあわせてできたものになります。
木材は石油などと違い燃やしても人体に有害な物は出ません。
木材はクリーンな材料として昔から燃料としても利用されています。
木に含まれるセルロース、ヘミセルロース、リグニン以外に
香りを出す成分もふくまれております。
その中で、森の香りの元であるフィトンチッドは、人間の血圧を下げたり
脈を落ち着かせたりする効果があると言われています。
森林浴などのいやし効果は、このかおり成分が大きく関係しています。
この効果は、森から運び出され、木材になっても感じられます。
東京,無垢フローリング

全500種類の無垢フローリング
商品データ集をダウンロード(click!)


無垢フローリング施工例一覧(木魂-kodama-)

無垢フローリング施工例専門サイト

無垢フローリング施工例一覧(ブログ)

人気blogランキングへエントリーしております。
ブログランキングバナー
今日も清きワンクリックをポチッとお願いします!

bnr_sekourei_350x90

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)