筑波大学剣道場床メンテナンス工事・オイル塗布作業

剣道場床専用オイルを塗布する前にオイル塗装の下地を作っていきます。
ここで最適な粗さで研磨しなければオイルの乗りが悪くなり仕上がりも悪くなりがちです。
一般的な体育館塗装の下地とはかなり違いがるので要注意です。
筑波大学剣道場床メンテ1
またまた清掃です。これもとっても大切な作業です。
塗装にホコリが入るとボコボコな床面になります。
筑波大学剣道場床メンテ2
清掃後、塗装開始です。
剣道場床の端っこは手塗りで剣道場床専用オイルを丁寧に塗っていきます。
筑波大学剣道場オイル塗装 (2)
広い面積は、機械で塗装していきます。
筑波大学剣道場オイル塗装 (3)
約600平米に剣道場床専用オイルを塗っては拭き取り、塗っては拭き取りしていきます。
筑波大学剣道場オイル塗装 (1)
少しずつしか前に進みませんがぼちぼち塗布していきます。
これでも作業性は抜群に良い方ですし、乾燥後は剣道場床表面に造膜しません。
造膜型は、塗った直後はウレタン塗装に少し近い様な状況になりますが、
剣道場に使用すると塗膜が剥がれ最適な剣道場床とはいきません。
オイル塗装も色々ある様で、含浸型だと思ったら表面に造膜して剥がれる物もある様です。
下の画像も集成材にオイル塗装を施されたものです。
はじめのうちは膜があって良かった様ですが次第に剥がれていったそうです。
オイルなのに剥がれる? (1)
オイルを高精製して含浸力を高め、なるべく長いあいだ床表面にオイルを留めるよりも
溶剤を多少使用して表面に造膜した方が技術的にも価格的にも簡単に安く作れます。
オイルなのに剥がれる? (2)
しかし、使っていくうちにおかしいことに気が付きます。
何故か剥がれるはずのないオイル塗装が
剥がれるので不思議に思われる方もいらっしゃいます。
中途半端な膜が有ると言う事は、再塗装の際にはまた研磨が必要になります。
剥がれる塗装の上にいくら塗装を塗り重ねても下地が剥がれるので剥がれます。
次回のメンテナンスの時のことも考えて剣道場床に塗布するオイルは検討するべきです。
剣道場床表面(集成材)からしっかりと含浸して留まり、
最適な剣道場床状況をなるべく長く保持するのが剣道場床専用オイルの役割です。
ぜひ、剣道場にオイルを塗布する場合は他社製品とも比較検討していただければと思います。
kodama_234x60_120625_ani_v1

剣道場床建築工房

剣道場新築床工事の様子はこちら

フローリング
無垢フローリング専門店 [木魂] 25年間で5,000件以上の実績を持つ木材コンシェルジュが世界各地の原木から厳選した無垢フローリングをご提供いたします。
東京都・新木場無垢フローリング専門店

全500種類の無垢フローリング
商品データ集をダウンロード(click!)

無垢フローリング施工例一覧

人気blogランキングへエントリーしております。
ブログランキングバナー
今日も清きワンクリックをポチッとお願いします!

無垢フローリング施工例

剣道場床 剣道場床材 剣道場オイル 剣道場ワックス 剣道場研磨 剣道場サンディング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)