剣道が大好きな教員の方々へぜひ知っておいていただきたいです

「剣道が大好きな教員の方々へぜひ知っておいていただきたいです」
と常日頃から先生方に大変お世話になっているにも拘らず何とも図々しい題名で失礼致します。
学校経営コンサルタント業の方や学校内でも事務の方はご存知の可能性は高いのですが、
ぜひ剣道が大好きな先生方にも知っておいていただきたいことがあります。
先生方が学生に剣道の指導するにあたっては、
より良い道場環境で指導したいという思いは当然のことです。
素晴らしい環境で指導されている学校さんもございますが、
体育館や古く傷んだ武道館で指導されている学校さんも少なくありません。
しかし、事故や怪我が起こることが予想される環境では
なかなか思い切った稽古もし難くなることでしょう。
より良い道場環境に改善するには何と言っても資金が必要となってきます。
なかなか現場の方から声を上げても「予算がなぁ。。。」となることが多いようです。
「はい分かりました!」とすんなり武道館を新築してくれるような学校さんは稀でしょう。
そこで、いま武道館の新築や改修をされている学校さんが
どの様に資金を調達しているのかの一例をご紹介させていただきます。
最近、武道館を新築する学校さんのほとんどが文部科学省の補助金を活用されているようです。
文部科学省では、中学校武道場の整備促進の26年度概算要求額として以下を要求しています。
公立中学校武道場整備 4,534,000千円
私立中学校等武道場整備 70,125千円
何と!!この事業は、武道場新築費用の1/2を補助してくれるという素晴らしい補助金です。
21年度から続いている補助金なのでもう少し続くのではないかと思います。
付属の中学校があれば高校でも大学でも補助を受けやすくなるのではないでしょうか。
学校側もこの中学校武道場の整備促進の補助金があるうちに
新しい武道場を建築することは長い目で見ても良いことになると思います。
中学工武道場の整備促進文部科学省予算
※画像クリックで文部科学省の案内ページが開きます
次に剣道場床の改修工事です。
直接、剣道場床の改修工事には補助金は無いと思います。
しかしながら、スポーツ施設建物自体が老朽化している場合には耐震化をはかりましょう!と
こちらも文部科学省がすすめる社会体育施設耐震化事業がございます。
こちらの補助率もかなり大きく1/3です。
建物に耐震補強を施すに当たってはかなり大がかりな改修工事になります。
吊天井の落下防止工事などもこれに含まれます。
武道館なども耐震化を図る様にとのことです。
建物のほとんどは、床・壁・天井があると思いますが、
耐震化に当たっての改修のほとんどが壁・天井になります。
耐震化自体にあまり床は考慮されていません。
しかし、工事するに当たっては大きな材料や高所作業台の出入りがあります。
元々弾力性のある様に作られている剣道場や柔道場用の床が
全く無傷で工事を終えるのは考えがたい事です。
この様な場合に用意されているのだと思いますが、耐震改修関連工事費も対象とされています。
つまり耐震改修関連工事費とは、耐震改修工事の施工上必要となる内外装等の改修工事や
耐震改修対象建物の吊り天井等非構造部材の耐震化も含みます。
そこで耐震補強工事の中に剣道場床の改修を含めてもらう方法です。
社会体育施設耐震化事業文部科学省予算
※画像クリックで文部科学省の案内ページが開きます
先生方の仲間内でも剣道場の新築や改修のお話は出るかと思います。
瞬時に予算のことが頭を過るでしょうが、
付属で中学校があれば武道場は新築し易い時期ですし
改修であれば耐震化と同時に床改修も予算の中に入れ込んでもらえる可能性があります。
ぜひ、こんなお話と予算についてのお悩みをお耳にした場合は
「文科省からこんな予算が有るみたいだよー」とお伝え頂ければ幸いです。
kodama_234x60_120625_ani_v1

剣道場床建築工房

剣道場新築床工事の様子はこちら

フローリング
無垢フローリング専門店 [木魂] 25年間で5,000件以上の実績を持つ木材コンシェルジュが世界各地の原木から厳選した無垢フローリングをご提供いたします。
東京都・新木場無垢フローリング専門店

全500種類の無垢フローリング
商品データ集をダウンロード(click!)

無垢フローリング施工例一覧

人気blogランキングへエントリーしております。
ブログランキングバナー
今日も清きワンクリックをポチッとお願いします!

無垢フローリング施工例

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)